雪山2つ シダンゴ山・758m(丹沢) 
蓼科山・2530m(八ヶ岳)登山報告
2018年 2月3・4日

蓼科山山頂標識


 2018年、今年は冬山登山復活年と誓い、気持ちも新たに体力作り、トレーニングを新年よりスタートした。昨年2017年は久しぶりのスキーに目覚めてしまった管理人。でも今年はあと幾日もない厳冬期は少なくともそれらしき雪のある山に行こう!!と決意も新たにしたのだった。スキーは3月でも出来る。そんな思いの中、今回挑戦した蓼科山は標高が2530m、スタート地点の駐車場が1700mなので、いっきに830mを登る。別名「諏訪富士」と呼ばれていることからも、富士山に似た山の形状からして、直登連続のきつい山であることは、容易に想像できた。暮れに挫折した南ア・仙水峠-駒津峰は標高差488mの急登であったのを比較すると、こちらの方がはるかに厳しい登りである。そんな蓼科山、ここ1ヶ月の冬トレ総仕上げと、八ヶ岳連峰厳冬期未登頂の最後の1座でもあったので、今回はこの山を選定した(百名山であることへのこだわりはゼロである)。事前のテンクラ予報では3日より4日の方が良さそうだったので、日帰りでの日曜日登山である。

 そんな登山計画を控えた2月2日(金)、関東甲信地方に、またまた積雪があった。前回1月22日にあった大雪程ではなかったが、山の方面はそこそこ積もった様だった。であれば特に予定も無かった3日土曜日、八ヶ岳-河口湖-高井戸、の沿線上にあるどこか低山で、プチ雪山訓練をやろうと思い立ち、最近通っている丹沢山系のシダンゴ山・758m(はじめての山です)を軽く登り、鳴沢村山荘に立ち寄り、蓼科を目指すこととした。丹沢山系は暖かくなると山ヒルが沢山発生する様なので、ここ数年で興味が湧いた丹沢山系は、冬時期をメインに登る事にしている。途中山荘に寄る予定もあるので、丹沢でも奥深い山は止め、今回の簡単な低山を選択した。



 
バックに見えるのがシダンゴ山。


  
山頂の展望は360度開け楽しめた山でした。


●シダンゴ山(ウィキペディアより)・・・

 シダンゴ山(震旦郷山、しだんごやま)は、丹沢山地の南部に位置する標高758mの山である。神奈川県松田町内にあり、丹沢大山国定公園に属する。展望の良い山で、相模湾や富士山や丹沢山地の山々など360度の景色を楽しめる。

 山名の由来・・・

 飛鳥時代に、仏教を寄(やどりき)の地に伝えるがいて、この山の上に居住し仏教を宣揚したといわれている。この仙人を「シダゴン」と呼んだことからこの地名が起こり、「シダゴン」が転じて「シダンゴ」(震旦郷)と呼ばれるようになった。




雪綿の様な造形が美しい!



帰路立ち寄った蕎麦処「あしがら翁


 2月3日早朝、東名高速で大井松田インターを目指す。前日に降雪があった割りには高速道路はどこも通行止めは無かった。今回は翌日アタックの蓼科山が一応の本命なので、ウェアも蓼科山用に本格冬山着、丹沢はスペアの登山着で2セット籠に詰めてのスタートだった。登山口までの地図を見ると地名で「寄」というところを目指すのだが、何とも読めなくて、インターを降り近くに来たら「やどりき」と読みが書いてあった。寄・・・で、やどりき、と読むそうだ。
 
 神奈川県の低山とはいえ、前日が降雪日だったので、樹木にもまだ沢山の雪が付着し、とっても綺麗だった。山頂だけにかなりな数の馬酔木(アセビ)の群生があり、珍しい光景に驚いた。以前訪問した兵庫県六甲山にはアセビが沢山自生していたのを記憶している。山頂は広く、ベンチ兼用テーブルは1つであるが、景色もよく、低木のアセビの木に囲まれ風情のある場所であった。さらに山頂からは南に相模湾をはじめ、北側にはぐるり丹沢山系の山々が一望できた。どの山も雪をまとい、とても美しかった。
 
 帰路、恒例のネット発見蕎麦処、「あしがら翁」を開拓!!隠れ家的なおいしい手打ち蕎麦に舌鼓を打った。その後はした道の国道246で御殿場まで行き、山越えにて河口湖町へと入り、山荘に到着。若干の用事を済ませ、中央道甲府南インターより入り、諏訪南にて下車。蓼科山登山口には21時少し前に到着した。この時点では車は2台。でも朝6時になると続々と車が到着。ネットのガイドにも書いてあった通り、冬場でもすぐにパーキングは満車になる・・・は頷ける光景だった。寝るまでの間、小雪が舞う中エンジンを掛けたままで暖を取りながら、ワインで枝豆、焼き豚は最高だった。

 ところでここすずらん峠駐車場はビーナスラインの標高1700m地点にあり、天候を深読みせず冬場に安易に来ると、閉じ込められる危険性もありそうだな・・・と思った次第だ。通年営業の北八ヶ岳ロープウェイ分岐の少し先であるから、除雪もマメに入るのであろうが、このあたりも降れば相当降る日もありそうなので、予報が悪い時は、要注意だ。今回は行きも帰りも雪は無く、安全に車移動できた。



ご覧の通りで車は満車に。







2週前に天狗岳から撮影の蓼科山。富士山形状の山です。
見ての通り、山頂はだだっ広い。



2月4日(日)5時半の外気温。


 2月4日(日)朝は5時過ぎ起床。車に付いている外気温計はマイナス11度を表示していた。標高1700mでの気温としてはたいしたことは無い。先週は標高1000mの鳴沢村で同じ気温だった。
 そんな氷点下の外にて山ウェアを着込み、ガソリンコンロに火を入れ、お湯を沸かした。ポットに入れる登山中に飲むお茶用のお湯と、朝ごはんに入れるお湯である。朝ごはんは尾西のアルファ米チキンライスだった。あまり食は進まなかったが、登山を控えているので食べない訳にもいかない。本来、朝は汁気の物が好みで、簡単で好きなのはマルちゃんワンタン(煮るタイプ)、あとはこの尾西アルファ米にお茶漬け海苔を二袋入れ、出来たご飯にお湯またはお茶をかけ、お茶漬けで流し込む事が多い。この日空には満天の星。今日は天気は良さそうだ、と思いきや、山頂ではあまり景色は見ることが出来なかった。
 
 蓼科山は想像通り、急斜面が最後まで続く、きつい山であった(きつい・・という表現より、「忍耐の山」の方が近いかも知れない)。富士山みたいにジグザグには道が付けられてはいない。こういう小型富士山形の山はだいたいが直登で道が付けられていることが多く、急勾配での登りがとてもしんどい。でも日頃の訓練のたま物か・・夏時間のマップ掲載の3時間に対し2時間半で登頂することが出来た。(チョッピリ自信が付いた・・・かな?)(笑)
 
 森林限界を超えた岩場~山頂区間では、肌がむき出しになっている部分が、寒く、冷たく、鼻が凍傷になるかと思うくらいに、辛かった。風は強かったがピーク10メートルちょっとで特に問題はなかった。でもでも気温が想像以上に低いようだ。記念撮影すべく、それまではスイッチも入れなかった一眼レフは、電池が低温でダウンし使い物にならず!!(涙)。変わりに携帯撮影を試みるも、これを操作するには手袋をはずさないと駆動できない。泣く泣く手を裸にすると、20秒と持たない寒さだった。死に物狂いで、慌てて撮影し、手を手袋に急いで収めた。しかし親指が凍え千切れそうに痛かったので、口の中で暖かい空気を与えてやった!!おそらく強風下での肌露出部分の体感温度はマイナス20度はあったのではないか?

 今回の急登テストは、自分自身では合格をあげたい。そんなにバテルことも無く、一定のリズムで最後まで登りきることが出来た。また下りの姿勢の取り方も、久しぶりの急斜面で実践でき、2日間を通し、楽しい雪山訓練となった。渋滞も無く15時には自宅着。ビールを軽く飲んで、地元高井戸温泉「美しの湯」にチャリで向かい、山の一人反省会
をする管理人であった。
 今週の連休はテント泊で行きたいが、天候が悪そうで思案中である。

追記 2月12日
 この3連休は七丈小屋に行く予定で、すべて荷造り完了で金曜日を迎えました。すると昨日木曜日夕方からなんだか不調だな・・・と思っていた風邪が一気に発症!!発熱、頭痛で、インフルでは無かったものの、家内がそれまで寝込んでいた風邪をうつされてしまい・・・2日間は寝たきり状態。今朝12日やっと起きることが出来、PCに向かいました。ヤレヤレですが、歳ですから無理は禁物で、久しぶりに静養しました。



森林限界。この上は強風の世界。でも山頂は近い。



今回の教訓から早速携帯用手袋を購入。物によってタッチパネル時
の反応の良し悪しがあるようですが、これは見事に普通に反応。
1080円。アンダー手袋としてちょうどの厚さで山屋にはGOODな逸品。
https://ec.midori-anzen.com/shop/e/ea131_001/




すべての写真を見る
 今回行きは撮影行為は一切無く、タイムトライアルで一気に山頂を目指したために、撮影は下山時の写真になっています。山頂では極低温の為か電池切れでしたが(写真はスマホ撮影です)、途中でカメラ・電池をホカロンで温めたりでカメラも復活、後半は一眼レフでの撮影となっております。




TOPへ