快晴に恵まれた八ヶ岳登山
稲子湯-中山峠-東天狗岳
2018年 1月21日



 年末の甲斐駒ではアタックの日に、調子が絶不調で、仙水峠先の駒津峰へのアタック急登斜面では、足が前に出なく、痛恨の撤退を決心した管理人だった。その反省から、最近の、はたまたここ1年のトレーニング不足を痛感し、その後富士山、丹沢大山、仏果山、と毎週トレーニングに山に通った。今回はその成果を見るための山行として、冬山初級者コースではあるが、日帰り天狗岳を計画した。冬の天狗岳は山頂の西側に位置する登山口、渋の湯温泉から登るのが一般的である。コースもさしたる急登も無く、着いた先には黒百合ヒュッテなど山小屋もあり、交通機関の便も良いことから、たいていの登山者はこの渋の湯登山口を利用する。

 
 しかし今回管理人が辿ったコースは、まったく逆の山頂東側から登る、稲子湯発のルートとした。このコースは静寂の中、神秘的なみどり池の畔に建つ「しらびそ小屋」なる山小屋を有する。厳冬期のみどり池は真っ白な広場の様になって見えるが、この池越しの天狗岳は本当に美しい(この表紙写真)。日の出の時刻にはモルゲンロートの天狗岳を見ることも出来る。

 
 なぜこのルートかと言うと、道中の景観が良いこと、しらびそ小屋までのコースは森が広く歩いていても圧迫感が無いこと、そして今回の第一目的、へたれてしまった駒津峰への急登と変わらない斜度を持つ、中山峠直下の急登にて、どれくらいの体力・持久力で登れるかのテストを兼ねての、コース選びであった。

 過去数回このコースは登っている。結構きつかった思い出はあるが、甲斐駒の様にバテバテには確かならなかった。今回は日頃のトレが効いているのか、調子は思った通り良かった。やはり年末の甲斐駒は飲みすぎが祟ったようだ。

 
 東側の稲子湯-中山峠間は風裏になるので、無風だった。さらに嬉しい事に雲ひとつ無い快晴の様だ。最近の週末登山は比較的好天に恵まれている。毎週、景色が見通せる写真が撮れていることでも納得できる。中山峠にはほぼ予定通りの
11時前には到着した。やはり稜線に出ると多少の風があった。時折強めの風も吹くが、風速計で計ってみるも、MAX10mであった。山頂への急登が始まる取り付き点から先は急峻かつ雪も深い。時折の強風で足元の雪が雪煙を上げ、東の方に飛んでいく。山頂までも一歩一歩確実にステップを切って登った。以前はもっと休み休みの牛歩の時があったが、今回はその時よりも一定のペースで登ることが出来た。快晴の天気にも恵まれ、山頂からはぐるりの著名な山々が出迎えてくれた。本当にここ八ヶ岳の冬は、何度来ても美しいの一言だ!!

 帰路、久しぶりの黒百合ヒュッテ前に寄り道をし、朝からおにぎり1個しか食べていなかったので、軽く腹ごしらえをした。
 ベンチのすぐ脇で
10名位の若手男女の登山者が、ビーコンの使い方、プローブの使い方の練習をしていた。そんな中、笑えた事件があった。1台の雪崩ビーコンを遭難者に見立て雪に埋め、それを探し出す訓練の時、捜索役の若い女性が管理人の前に立ち止まった。彼女のビーコンはすぐ近くに遭難者のビーコンがありますよ!!と言わんばかりのけたたましいビープ音を発している。彼女は僕の前であれ??という顔をして立っている。すると離れたところから、リーダーらしき男性から、それはその近くに別のビーコンがあり、それに反応している・・・とのアドバイス。そこでハッと気が付く管理人。中山峠下で入れたスイッチはそのまま
ONになっていたのだ。すかさずポケットから取り出し、彼女にそれを見せ、皆さん微笑ましく納得!!恋のキューピッドならぬ、雪崩のキューピッド?であった(苦笑)。後日追記・・・そう今回ビーコン・プローブを買ってしまった!!ソロで持っていても、捜索に参加できるだけで、我が身は守れないが、時にはパーティーでの山行に参加もあり得るので、那須岳の高校生事故も思い出し、購入した次第だ。

 話はさらに続く。なんと、アドバイスをしたリーダーさん、登山家・山岳ガイドの山田哲哉氏だった。「おーーー久しぶり!!」と顔を合わせた瞬間にお互いにビックリ。この前の爪さんといい、最近ビックリの山での再会が多く嬉しい管理人だった。

風の谷・・・山田哲哉さんHPより
A、1月20日 体力も根性もないけど雪山初体験!北八ヶ岳・北横岳と三つ岳で「はじめての」アイゼンとピッケルと寒さを体験して日帰り登頂しよう!
B、1月21日 雪山初体験!八ヶ岳・天狗岳で「はじめての」アイゼンとピッケルと寒さを体験して日帰り登頂しよう!

C、1月27日~28日 甲斐駒ヶ岳黒戸尾根をテント泊で登頂しよう!
 
これによると山田さん、今週は爪さんもいる七丈小屋上テント泊である。皆勢ぞろいでワイワイできるかも・・・となると今週は管理人も黒戸尾根、甲斐駒か・・
★1月23日(火)ラインで今週末の27日に小屋にいらっしゃるかを小屋番・北爪さんに確認するとこの日は下山日でご不在との事でした。残念!!
 
 そんなこんなで、無事稲子湯に到着し、ゆっくり稲子湯のお風呂に浸かって、帰路に付く管理人だった。今回はバラクラバも顔の寒さを防いでくれ、手袋も完璧。快晴の天候に、さほどでもなかった風。そしてまたのビックリな再会劇。そして一番気になっていた体力、膝痛などこちらも問題なしで、久しぶりの本格雪山登山は無事終了した。




東・西天狗岳



東天狗岳山頂にて!!管理人です。



硫黄岳と赤岳 ズーム撮影


雪崩捜索訓練中の皆さん


コースタイム
高井戸自宅発 4:10-中央道須玉インター 5:30-稲子湯 6:40/7:15出発-こまどり沢案内板 8:20-しらびそ小屋 9:00-中山峠 10:50-山頂 12:00/12:15出発-黒百合ヒュッテ 13:10/13:40出発-車到着 15:45


すべての写真を見る



TOPへ