近くて遠かった百名山
秋の筑波山散策
2018年 11月3日

つつじが丘からの登山道より霞ケ浦を望む。


 管理人は特に百名山を追いかけている山屋ではないのだが、百名山に名を連ねた山々はおおむね魅力的な山が多い。そんな中にも、歴史を重視したという観光地的百名山が関東にある。その名は筑波山。おそらく百名山中で登山も一番簡単な山であろう。標高も877mしかなく、ケーブルカーも山頂直下まで整備されている。実際にケーブル駅から山頂までの15分くらいのコースを、観光客も沢山登っていた。けっこうな急斜面である。そんな観光地的百名山であるが、著者・深田久弥氏は冒頭、以下の文章で筑波山に関し、書き出している。
 
 ●深田久弥著・日本百名山より・・・
 筑波山を日本百名山の一つに選んだことに不満な人があるかもしれない。高さ千米にも足りない、こんな通俗的な山を挙げるくらいなら、他にもっと適当な名山がいくらでもあるのではないかと。しかし私があえてこの山を推す理由の第一は、その歴史の古いことである。

 近郊の山では、奥多摩はほぼ踏破を終了し、ここ数年は丹沢を歩いてきた。そんな中、なかなか東の方面の山には目が向かなかったが、秋葉原からつくばエクスプレスが開通してからは、筑波山にはいつか機会があったら登りたい・・・と思っていた。でも観光地的なイメージがあり、なかなか足が向かない。そんな今回・文化の日。天気は最高の様で、久しぶりの連休でもあり、思い切って筑波山に挑戦する事にした。
 今年9月、鳳凰山、金峰山とけっこうきつい山を立て続けに登った関係で、右足膝裏の筋を痛めたらしく、なかなか治る様子もない。そんな足をチェックする意味でも、今回は1000m以下の山がちょうど良かった。

 紅葉のシーズンと重なり人出はかなり多かったが、バスの終点でもある、つつじが丘から女体山を目指し、男体山へと尾根沿いに向かった。登山自体は全く問題なかったが、山が初めての観光客には岩場の急峻な場所もあり、注意が必要と思った。さらにはテレビなどで見聞きしていたが、比較的海に近い独立峰でありながら、木々などの植生が豊かな事には驚いた。そしてつくばエクスプレスの乗車料金が小田急、京王に比べめちゃ高いのにも驚く管理人だった。

 秋葉原6時30分発快速に乗ると、7時15分につくば駅着。駅降りて1番バスターミナルにすぐに並べば、だいたいバスは座れるようだ。バスは臨時便含め知る限り2台出たが(もっと出たかは判らない)、初便は7時45分には出発した。予定出発時刻より少し早かった。おそらく臨時便が定刻発なのだろう。
 大半の乗客は神社前で降りた。最終のつつじが丘まで行くのは、6名くらいだった。つつじが丘からおたつ石コースを登り、女体山、男体山を経由し、御幸ヶ原コースを下山。帰路、神社前に下山したので、このルートで歩くと、帰りのバスは必ず立ち席となってしまう。でも座れなかったが、乗れただけよかった。そんなに押し競まんじゅうではなかったのは幸いであった。つくば駅からつつじが丘までは約50分の行程。

 なお途中でカメラが故障し、写真があまりない今回の山行となった。右足の痛かった部分も何とか克服でき、ガシガシと登ることが出来、気をよくした管理人だった。なおつくば駅前には、蕎麦屋、海鮮飲み屋、ワタミ、などなど反省会にはうってつけの場所があったのを報告し、今回は終了したい。



つつじが丘からのロープウェイ



 観光客で賑わうケーブル駅
バックは男体山山頂



筑波山山頂



男体山山頂より。



登山道には岩がごろごろ!



由緒ある筑波山神社






TOPへ