「素敵な山仲間の皆さんと・・・」
奥多摩・峰谷-鷹ノ巣山-稲村岩尾根下降-東日原
-奥多摩駅前「天益」打ち上げ会
2018年 12月9日

今回ご一緒させていただいた山仲間の皆さん。


 以前NHKのテレビドラマで放映された「山女日記」。湊かなえさん原作の、山登りを舞台にした色々な人間模様を描いたドラマである。このドラマは忠実に山での出来事、感情、人間模様、山の魅力を描いているな・・・と、今でもビデオに残し、何度も一杯呑みながら鑑賞している。大変に脚本・ディレクションが上手にされている管理人お気に入りのドラマなのだ。
 全4話あるうちの第1話は、ツアー登山に参加したメンバーがそれぞれの思いの中で、苦難を乗り越え全員が無事山頂に立つのであるが、あるシーンで「だって私たち山の仲間じゃない!!」という一言がすごく印象に残っているのだ。つい1日前までは、全く見ず知らずだった人たちが、登山という趣味を共有する時間の流れの中で、苦楽を共にし、知らぬ間にもうずっと長いお付き合いをしてきた様な、そんな仲間になることが出来てしまう・・・・・街ではありえない、山って本当にそんな不思議な魔力がある。他の趣味では、こういった短時間に深く理解し合える出会いってなかなか無いと思っている。
 以前書いた山女日記みたいな出来事編はこちら。

 今回はそんな素敵な出会いから始まり、もう長いことご一緒している様な素敵な山仲間の皆さんと登った鷹ノ巣山登山、1週間前の高川山での出会い含め書いてみたい。
 
 1週間前の12月2日、場所は大月市高川山山頂。管理人は山頂脇で、オプティマス123rに火を入れ、うるめイワシでホット焼酎を飲んでいる時だった。少し後に到着し、距離にして1mも離れていない位置に、女子2名、温厚そうなリーダー的おじ様1名の計3名のパーティーが、翌週どこの山に行こうか話し合っていた。奥多摩テント泊を希望する女子、ではどこに張ったら良いのか・・・などなど、話し合っていた。この時期にテント泊を強く希望しているところを見ると、かなりなベテランさんに思えた。計画的には三頭山でテント泊・・・みたいな話であったが、耳だんぼのすでに呑んで、暇そのものの管理人。すかさず、「奥多摩小屋の前なんかどうですか?」と横やりを入れてしまった。一名の女子が「ンん??」とばかりに、管理人をにらんだ?!。いかにも「おやじ、関係ないだろ・・・」みたいな雰囲気で。大変に失礼をした感が、管理人の脳裏に走った。
 しかし温厚なリーダーがすかさず場を取り持つ意味で話に加わってくださり、雰囲気はなごんでいった。その後先週寄った、餃子のおいしかった食堂「うづき」をお伝えし、「僕も帰路寄りますから、よろしければそちらでまた・・・」という事で、3名は山頂を先に後にした。

  こちらも遅れること20分でうづきに到着。この日は生憎、店は満席状態。たまたま先ほどの3名さんも到着し飲んでおり、合席をさせていただくことに。つい先ほどにらまれたばかりなのに、ご紹介した食堂がお気に召したのか、初対面なのに、大いに盛り上がってしまった。話を聞くと冬山もこなす、大ベテランさん達だった。毎週のように山に行ってるそうだ。しかもさらなる偶然が重なった。聞くところでは奥多摩駅前餃子居酒屋「天益」の常連客だったのである。そんな事を聞いてしまい、話はさらに盛り上がってしまった。リーダーのおじ様も、天益通って10年になるそうだ。管理人とちょうど同じくらいの年月であった。もしかしたらお会いしていたかも知れない。美味しい熱燗が喉を潤す中、話は尽きなかったが、時間もあるので店を出て「来週天益で呑みましょう!!」という事になった。途中まで電車はご一緒し、2週連続の大月での1日は無事終了した。

 さて、約束の12月9日がやってきた。3名は土曜日から三頭山にテント泊して、朝下山とすれば11時頃には天益に入るだろう・・・と読んで、管理人も近くの本仁田山を歩いて天益を目指すことにした。当日は朝はちょっぴりのんびりしてしまったが、立川発6時21分の奥多摩直行電車に乗ることが出来た。昔、よく利用した6時36分発のダイヤ改正版の電車と理解した。ホームの売店が6時半ピッタリに開くので、以前はパン、酒、もろもろの買い出しが出来たが、現在はまだ店は開いておらず、不便さを感じた。
 しかしながら、管理人のリュックには、道中で一杯やるためのグッズは、完璧なほどにしまい込んであった。紙パックの日本酒、焼酎もペットボトルで持って来た。つまみは最近管理人のお気に入り、うるめイワシ。電車内でもやろうと思えば装備は完璧である。・・・・・とその時、乗り込んできたすてきな女子が管理人前で足を止め「私の事覚えていますか??」のお言葉!!えーーーッ!!覚えているもいないも、今日は大月で飲んだ皆さんにお会いし、天益で山談義をと、登山より飲み会に来た管理人である。驚いた事に、正にそこに立っていたのは、先週大月「うづき」でご一緒させていただいた、女子1名だった。本日の合流天益宴会のメンバーさんだ。ビックリだった!!三頭山でテント泊と思いきや、こんなところでまたまたお会いしてしまった!!聞くところでは、泊り登山は中止となり、この日はやはり下山後の天益メインで、峰谷からの鷹巣山・・・ということになったらしい。(今思えばすごいトレーニング山行だった。)
 
 よろしければご一緒に・・・とお誘いを受け、管理人がもっとも奥多摩では歩いているコースなので、お邪魔でなければ・・・ということで、急遽ご一緒することに。奥多摩駅で先日の他のメンバーさんにもお会いし、合流させていただいた。もうこの時点で、何年もお付き合いしている山仲間の皆さん達・感覚でお話することが出来た。
 ところでこれを書いている本日、12月13日・・・ここのところ毎週連続で山に登っていたのに、今回ばかりは足がかなりの筋肉痛で、苦難の日々を送っている。そう・・・素敵な山仲間さん達のペースの速さがたたっていたのだ。登りも下りも早い早い!!結局ついてはいけず、一人で孤軍奮闘。でも13時25分東日原発のバスに乗ることもあり、大きく遅れることは出来ない。だから必死こいて頑張った!!その結果がこの筋肉痛であった。稲村岩尾根のあの奥多摩三大急登と言われる尾根の下りは、走らないとついていけない。皆さんトレランのごとく走って降りているのか??最後の稲村岩基部で休憩している皆さんを発見するも、スタートしたらすぐに見えなくなった。上部から下が良くみえる下降路なのに、すでに視界にはいなかった。まるで天狗さんかなと思うほどにすごかった。

 予定のバスには間に合ったが、もっともっと鍛えないとダメなことを痛感する管理人だった。奥多摩駅前の天益での打ち上げ会は、これまた偶然に雁坂小屋でよくご一緒する若者メンバーにも出会い、久しぶりに日本酒を沢山いただいた管理人だった。大いに騒がせていただいた天益・お母さん、有難うございました。「だって私たち山の仲間じゃない!!」・・・このセリフが浮かんでは消えた、今回の奥多摩路でした。
  本当に皆さん、たかだか二回のご縁で、あんなに素敵な時間を共有させていただき有難うございました。今月の連休は日・月曜日で御坂・山中湖方面に行きますので、是非鬼ヶ岳・雪頭ヶ岳をやってみてください。雪頭ヶ岳からの西湖越しの富士山の眺望は最高ですヨ!!(ちなみに節刀ヶ岳ではありません。同じ読みの山がすぐ隣接していますので注意!)
  2018年12月13日 記 

※この日はメンバーが早すぎて、写真を撮る間も無かった(苦笑)



メチャ寒かった鷹ノ巣小屋前。



山頂に素晴らしい石碑が立ってました。
撮った写真はここにある3点でした(笑)





TOPへ