2019年の9連休報告。
奥多摩・大岳山山菜採り/
高松山と山北ソフトクリーム/天城山縦走
2019年5月2~4日
見事なブナ林が続く天城山最奥部


 今回の縦走コースです。地図をクリックすると拡大表示します。
八丁池からラストまでは一部コースが違います。


 連休後半の5月3日、御殿場線・山北駅周辺でのグルメの後は、鉄道列車旅が待っていた。晴天の中、6日までの休日にまったくもって、いい旅夢気分。14時34分発御殿場行き臨時電車に乗り込んだ。時刻表を見ると、本来14時台は下り列車は無いのであるが、GWとかお盆などの時のみ、この臨時が走るようになっている張り紙があった。御殿場駅手前では、あっと驚くほどに大きい富士山が眼前に見え、驚く管理人だった。いつも河口湖山荘より、いやと言うほど大きな富士山は見ているのだが、ところ変われば風情も変わり、感慨ひとしおであった。

 この日は裾野駅で下車し、山仲間の家に泊めていただくことに。当然ながら到着後は、近くの居酒屋で前夜祭開催は言うまでもない。写真のアジのたたきは380円と、東京に比べるとかなりお安い感じがした。さすがに静岡県だ!!


アジのたたき、380円。


 翌5月4日、天城高原ゴルフ場登山口まで、車で行った。起床は5時。今回のコースは約16キロと長めなので、早めのスタートとした。途中、学生時代によく通った冷川峠を通過した。ここ冷川峠料金所がある中伊豆町は、40数年前の話ではあるが、管理人の父が、別荘もどきの会員制リゾートクラブに加入しており、学生時代は平日休みによく利用させてもらった。冷川峠が近く、温泉付きの一戸建て山荘だった。冷川峠脇に流れる渓流で型の良いあまごがそこそこ釣れたのを覚えている。渓流釣りにはまった原点の地かも知れない。

 前夜、いい旅夢気分で意識が高揚し、深夜までなかなか寝付けなかった。そんな中、初めての天城連山の地図をスマホで表示し、1時間くらい読図し、天城全体のイメージトレーニングを行った。地図から読み取れたのは、ゴルフ場からしばらくなだらかな登りで、万二郎岳手前と、万三郎岳手前で、急な登りとなり、ここを越えると小岳というピークから一気に急降下したのち、八丁池なる湖畔まではほとんどトラバースで、アップダウンは無い・・・と読み解いた。縦走とは言え、それほどきついコースではないな・・・と、一人納得する管理人だった。



7時ちょいでもさすが百名山。車がいっぱい!!



水洗式のきれいなトイレがありました。












尾根伝いに沢山の風車が見えました。万三郎山頂にて。


 7時過ぎ、天城高原ゴルフ場登山口に到着。周りはガスって肌寒い。さすがに百名山とあってか、駐車場はすでに車で混雑していた。トイレなど済ませ7時半にスタートした。まずは万二郎岳1299mを目指す。これを処理すればすぐに1406mの伊豆半島最高峰の万三郎岳だ。ここまでは思った通りまったく問題なく到着することが出来た。ガスっていて景色が無いのが残念だが、万三郎岳山頂では一瞬ガスが消え、西方面の景色を見ることが出来た。あせびの花は咲いていたが、天城シャクナゲはまだまだ咲きそうな気配は無かった。

 万三郎岳山頂を過ぎると、一度下り小岳に少しだけ登り返した。ここいら辺りから巨木含めたブナの森が広がった。以前、NHKで放映した新日本風土記で、天城山を特集した番組を今でもビデオに保存している。この番組で紹介されたブナは林を見ると、東北にもない奇怪な形をしたブナが多いことに、興味が湧いた管理人だった。二十歳代には今では入山できなくなっている、秋田県側の白神山地に沢伝いに分け入った経験を持つ。そのブナ林は優等生的ブナ林だった。上越の巻機山入り口にあったブナ林も規則正しい優等生だった。しかし、ここはやはり違っていた。どのブナも、こちらへおいで・・・と手招きしているような、表情豊かなものが多かった。へびブナという名が付いたブナは、奇怪の究極であった。

 小岳から八丁池までの、天城最深部のブナ林は、本当に美しかった。また、登山道もまったく平坦で、尾根下を巻くように付けられ、沢の源頭部を見ながらの歩行が続いた。危険個所もまったく無く、山がけっこう複雑に形成されていることが、渓をいくつも越えることによって、実感できた。

 こうして14過ぎ、ゴールの水生地下に到着した。計7時間の行程だった。万三郎山頂では京都から来られたという女性が、他の登山客と百名山があと何座残し・・・みたいな会話をしており、改めてここ天城は百名山なんだと実感するシーンがあった。
 この日帰途に就く16時頃、空が一気に暗くなり、激しい雷雨に見舞われたが、すでに下山していたので、大丈夫であった。後日、この日の雷雨で、鍋割山で若き登山者が落雷で命を落とす事故があったことを知った。



雰囲気のあるブナが多い。






へびブナ全景。



八丁池 30分ほど食事タイム。



川端康成先生の碑



ゴールの駐車場




TOPへ