2019年の9連休報告。
奥多摩・大岳山山菜採り/
高松山と山北ソフトクリーム/天城山縦走
2019年5月2~4日
高松山山頂からの富士山


 今年のゴールデンウィークは社会人になって初めての長い休日をゲットすることが出来た。なんと9連休。そのために気合を入れて前半戦に涸沢から北穂を目指す計画を立案したが、21キロ少々という年齢を顧みない重いリュックの影響からか、股関節に痛みが出てしまい、山頂へのアタックは出来なかった。まったく自信喪失の山旅であった。27日は吹雪だった様で、遭難も多々あったようだ。上高地バスターミナルもこの時期にして、氷ついた状況。横尾までの平たん路も殆どがアイスバーン状態であった。雪も非常に多かった上高地エリアだった。
 涸沢ヒュッテ発信のネットでのルート情報には、本谷橋から上部は夏道ルートと書いてあったが、夏道ルートにはまったくトレスが無く(27日の吹雪で消えたのかも知れないが・・・)、ルートは沢沿いのルートで、痛み出した脚を引きずりながら登った。さらにビデオにラストちょいの間撮影出来たが、屏風岩上部からの雪崩を見ることが出来た。(汗;;)

 29日朝もけっこう股関節が痛く、翌30日、1日は雨と予報も悪かったので、残念ではあったが、そそくさと涸沢を、さらには上高地を後にし、後半戦の山旅に期待をつないだ。股関節の激痛も治るか心配であったが、5月2日に奥多摩・大岳山方面にリハビリに行ってみる事にした。すると意外や調子は元に戻っていた。そこで後半戦に企画したのが、こういう連休でないとなかなか行くことが出来ない天城山を候補とした。そこで通り道にある御殿場線・山北駅近くにある、未踏峰「高松山」も登っておこうと、この二座を目指す計画だ。実は何故わざわざ、高松山に??であるが、お隣の山「大野山」(登頂済)の牧場で育てた、放し飼いの乳牛から絞った、濃厚な牛乳をベースに造った、ソフトクリームが販売されている事を最近のテレビニュースで知り、メインはそれを食する事とし、ついでにこの山頂を目指したのだった。


地面が凍り付いている上高地BT。



28日は快晴であったが29日昼には雲が広がった。



本谷橋・屏風岩からの雪崩ラストちょいの間撮影


 5月2日、股関節、膝の様子チェックに奥多摩・大岳山周辺に山菜採りを含め出かけてみた。あれほど痛かった脚の付け根も普段通りに戻っており、急登含め問題が無いことが判明。この現象は重たい荷を背負うと、ごく稀に発生する症状であった。今回が初めてでは無いのであるが、比較的治りも早い事は、過去の経験から判っていた。
 山菜は写真の通り、ちょうど食べごろのシドケ(モミジガサ)が採れた。あとはコシアブラに少量のわらび、ゼンマイであった。帰路奥多摩駅前に下山し、天益を目指すも、店は閉まっており、駅舎の2階で生ビール一杯をいただき帰路に付いた。
 この足の状態ならば、後半戦の天城山縦走計画は決行出来そうな予感。ご協力をいただく山仲間にも、天城に行くことを連絡した。



食べごろのシドケが採れました。天ぷらでもなかなか良かったです!!



コシアブラも採れました。



少量のゼンマイにわらび。


 5月3日、いよいよ連休後半戦の山旅スタートだ。休暇は6日まである。天候は概ね安定している様子だ。(4日はすごい雷に遭遇したが・・・)
 後半戦の予定であるが、3日早朝に小田急線にて新松田に向かい、新松田駅前より徒歩にて高松山を目指す。下山路は御殿場線・山北駅に向かい、駅脇にあるさくらカフェにてソフトクリームを食す。その後は山北駅より沼津方面へ。山友宅に一泊し、翌日は、車で天城山登山口へ向かい縦走する計画だ。

 高松山は想像以上にすばらしい山だった。801mという低山であるが、松田から向かうコースは距離は長くなるが、素敵な山里の風景の中、尾根道も広く、のんびりとした散策が出来た。途中途中で見える富士山もすばらしいアングルで、遮る物も無く、眼前にドカンと飛び込んで来るのが印象的であった。
 後に思ったのだが、この山は複数人で来て、松田駅より最明寺史跡公園までをタクシーで移動し、そこから登山を始めると長い舗装路歩きがカットでき、すぐに素敵な尾根道を歩くことが出来るので、時間短縮も含め楽しめるコースと思っている。

 山頂は広く、富士山はもちろん、展望も素晴らしかった。思ったより松田駅前から時間をくってしまい、山頂は写真撮影のみですぐにあとにした。何よりもさくらカフェでのビールとソフトクリームが待ち遠しかったので、足は自然と下山路に向いてしまった。2日の奥多摩駅前は申し合わせたかのごとく、すべての食堂が休業であったこともあり、山頂よりカフェに電話をすると、営業はしているが、予約で満席とのこと。でも屋外の席なら空いているとの事で、13時で予約を入れ席が確保できた。電話をして良かった!!と、安堵した管理人だった。

 読みはピッタリで、12時55分にカフェに着いた。店内はやはり満席で混雑していた。まずはビールを頼み、名物のカレーも頼んだ。最後の締めにソフトクリームである。カレーもピリ辛で、かなり美味しかった。しかしソフトクリームは想像していたよりあっさりしていて、濃厚・・・という感じではなかった。品の良いコクが口の中に広がった。やはり何かが違う様に思えた。
 翌日は百名山でもある初めての天城山。天城高原ゴルフ場登山口より、万二郎岳、万三郎岳を経て、水生地下まで完全縦走を計画している。



最明寺史跡公園



途中のアスファルト路からの富士山



高松山山頂。広くて素敵な山頂でした。



山北駅前 さくらカフェのカレー。



今回の一番の目的、山北ソフト。


天城山編へGO!!




TOPへ