大海原を愛でながらの火入れ式!
初めての熱海の山/岩戸山
2019年1月27日(日)
眼下に太平洋を望む岩戸山。すばらしい景色に感無量でした。
左手前が初島。奥が大島。


 1月13日に書き込んだ「大山初詣登山とストーブに想う」で報告の通り、灯油を燃料とするマナスルストーブを衝動買いしてしまった。でもってこの日、1月27日はマナスル121ストーブの火入れ式を行おうと以前より目論んでいた。ストーブをフレキシブルに使え、状況を見るのにうってつけな料理は・・・と考えた末、この季節での山頂居酒屋にピッタリなのは、「The おでん」という素晴らしいレシピを思いつき、実践する事にした。おでんはどうしても多めに出来てしまう傾向があるので、山仲間に声をかけ、複数人でおでんを突き合い、至福の時を共有しようという事になった。

 そこで火入れ場所はどこに・・・??。集まってくれた仲間の住まいの都合もあったのだが、たまには山の景色ばかりではなく、海を眺めながらの宴会も良いのでは・・・という事で、熱海にある「岩戸山」に行ってみることにした。以前すぐ近くの湯河原から登る「幕山」も海が眼下に見え、美しかった思い出があるので、すぐお隣の熱海の山にチャレンジした。

 下北沢から小田急線に乗り小田原へ。小田原7時31分着。ここから35分発の東海道線で熱海に向かった。熱海にて仲間と合流。今回の岩戸山の情報はネットで調べたもののみで、詳しくは何も知ら無い中でのスタートだった。地図はといえば携帯にあるGpsのマップを頼りに、登山道らしき方向、そう伊豆山神社を目指し歩き始めた。偶然にも見つけたバス停の時間を見ると、あと10分くらいでバスが来るようだった。
 どこまで乗ったらよいかは判らなかったが、方向的に登山口方面に行きそうな気配を感じ、来たバスに乗車。運転手さんに聞くも「岩戸山??さあどこのバス停からが良いかは全く知らない」とそっけない返事。たまたまやり取りを聞いていた登山客が、降車駅を教えてくれた。その方も岩戸山に行くそうで、バスには我々と、その方のみが登山客だった。あまりネットには載っていなかったバス情報。今回のバスは大正解で、歩いて2時間分をバスで移動することが出来た。バスは熱海駅前から出ている、東海バス・伊豆山神社・七尾団地循環で「ゆとりろ熱海前」で下車するとすぐに登山口に行き着く。
 我々もバス利用は当初は考えておらず、熱海から4バス停目の「向山」というバス停より乗車した。その時にバス停前を通過していった女子2名は、その後山頂おでんをしていた我々の前に姿を現したのは、到着後2時間経ってからであった。聞くと熱海駅からすべて徒歩で来たそうである。山頂まで3時間10分かかったとのこと。そのはずで駅からだと標高差700mを登らねばならず、バスへ変更した読みは大正解だった。



旅行気分で熱海駅に到着。



無風・快晴、すばらしい天気に恵まれました。



ゆとりろ熱海前を下車すると案内板があります。



ここより登山道になりました。


 山頂には我々と、バスの中で下車駅を教えてくださったソロの方だけ。狭い山頂ではあるが海側の展望はすごい!!果てしなく続く大海原を愛でながら、ストーブの火入れ式となった。鍋におでんを入れ、マナスル121をアルコールでプレヒート。少しして圧力を内部にかけ、着火成功だった。隣で見ていた70過ぎのベテラン登山者も、今回持ち込んだオプティマススベア123rとマナスルをみて、「ガスコンロが殆どの時代に、渋いの使っていますね・・・」とお褒め?の言葉をいただいた。
 その後おでんが出来上がり、その方も含め皆でおでんパーティーとなった。暖かで景色最高、お酒が美味しかった。
 ではでは肝心のマナスル121の使用感は・・・
 なかなか大き目の鍋ではお湯が沸騰しない。圧力のかけ方のせいか、微風に反応し火が時々消えてしまう。ということであまり良い印象は今回は無かった。むしろ123rの火力は想像以上にすごく、鍋の出汁じるをあっという間に沸騰させたりで、大活躍だった。マナスルは使い方をもう少し研究してみたいと思っている。

 岩戸山・・・山は高尾山に初めて登った、という方向きの山です。しかししかし、こんな素晴らしい景色って、なかなか見ることは出来ません。景色は高尾山の100倍?バス利用で山頂まで約1時間。さらに十国峠まで足を延ばせば、楽しい熱海での1日を満喫出来そうです。下山後熱海の湯、海の幸が待っていますよ!!最高の山旅間違い無し!!初心者、さらには宴会好きの山屋さんに絶対にお勧めのコースです。



岩戸山山頂標識。



山頂より初島、大島、新島、式根島、三宅島を望む。快晴・無風。
加山雄三「光進丸」を携帯でかけた。うーん、最高の時間だ!!



かっこいいマナスル121、火入れの儀を始めます!!



火入れし鍋をかけたマナスル121。



沢山出来てしまったおでん。皆で突き合いました。



小型にして意外や強力!!オプティマススベア123r



山頂少し先で見る富士山。



海に向かって続く下山路。


●後日談・・・・
 今回せっかく大海原を見せてあげながら、また真鶴という親戚の様な場所も見える山頂で火入れの儀をしてあげた割には、元気が良くないマナスル121であった。
 帰宅後早速実験をした。まずは燃料が噴射するニップルの穴を付属の針できれいに掃除して、自宅のガス調理具の場所で点火してみた。すると同じマナスル96に比べ、明らかに燃焼の炎の強さ、高さが小さかった。おでんをしたアルミ鍋で、96、121、両方のストーブで沸騰するまでの比較をしたら、やはり96ではそんなに時間が経たない中沸騰した。しかし炎が幾分弱い121では沸騰はしない。ヤレヤレ・・・

 そこで96のバーナー部を121のタンクに取りつけて燃焼実験をすると、今度はしっかり大きな炎で燃焼した。・・・という事は、121のタンク部分の圧の漏れとかではなく、バーナーのニップルもしくは、個体差という事と判断し、新品のニップルを今後の予備含め2個購入手配をした。まだニップルは来ていないが、手造り品のマナスルはそれなりに個体差があるように思った。溶接部分の見栄えの違いもそれぞれで、いかにも手造り・・・っていう感じが醸し出されている。

 またニップルが来たら報告したい。そうそう、ニップル外すの結構大変なので、ニップルに傷、変形をさせないためにも、自分で工具を創るのが良いかも知れない。
(ここに参考の記事があります。)





 本日1月31日、新品のニップルが到着しました。まずは工具を上にご紹介したHPを参考に作りました。ボールペンバネ式はとってもGOOD!!すぐにニップルはネジ穴に入りました。そして最後の締め込み工具は・・・無線で使う同軸ケーブル、8DFBというケーブルの銅で出来ている心線を取り出し、先を金づちで叩いてつぶし、ニップルがうまくロック出来るサイズに折り曲げ完成!!銅だから比較的柔らかく加工しやすかったです。でもって結果は・・・炎は見違えるほど強くなり、鍋のお湯も沸騰出来ました。やはりニップル自体の当たりはずれもあるように感じた次第です。やれやれ・・・



元気になったマナスル121


★各ストーブの燃焼比較実験室はこちら!!★



TOPへ