おいしい春を見つけた藤野の山旅。
高原下-陣馬山-藤野-山麓酒場「風里」
2019年4月14日(日)
陣馬高原下にてミツマタが満開でした!


 3月初旬、世間では10連休と何かと話題の多い今年のゴールデンウィークにて、遅ればせながら、上高地行きバス「さわやか信州号」の予約状況を見た。26日夜の便から思った通り、しばらくはすべて満席。30日夜行便は残り1席でかろうじてチケットをゲットした。その一週間後、再度予約状況を確認すると、27日(土)夜発のバスに1席の空きが出たのを確認。すかさずこちらに変更し、4月28日(日)早朝5時に上高地に入れることが決定した。なんとも素晴らしいプラチナチケットをゲットすることが出来た。乗車一週前発表の天気予報が悪いと、間際にして一気に空席が出るケースもあるのだが、今年は管理人も9連休。とりあえず上高地には入山しようと、天気にかかわらず、28日の上高地入りを決意した。調べてみると今年は涸沢ヒュッテも27日オープン。オープンしたての涸沢に入山できるなんて、わくわく、ドキドキ・・・である。
 目標はまだ未登頂の北穂高岳を目指す。過去2年、まったく天候に恵まれず、涸沢待機となり、登ることは出来ていない。今回もガスっていて景色が無ければ、涸沢宴会で下山しようと思っている。テント泊なので荷は重たいが、充実した山行となること間違い無しである!!時間があれば帰路、横尾に泊り、蝶ヶ岳へもアタックしてみたい。

 そんな穂高行きをま近に控えた本日、トレーニングとして近場の陣馬山を選び、歩いてきた。選んだ理由には藤野駅前にある山麓酒場「風里」に立ち寄ってみたいこともあり、この山を選んだ。陣馬山は50年前に初登頂し、以降かなりな回数登っているが、なかなか展望の良い山で、山頂からの景色に心が癒される。今回、藤野の側への下山は初めてであった。
 途中藤野の里山の無人野菜販売所で、のらぼう菜という聞いたこともない、菜の花に似た野菜が安価で売っており購入したが、これが絶品でとりこになってしまった。
 翌週涸沢準備で吉祥寺石井スポーツに向かうと、偶然にも藤野の物産展をやっていて、のらぼう菜も販売されており、偶然の再会に驚きつつ、またまた購入して帰った次第であった。

 美味しいのらぼう菜と、美味しかった駅前「風里」との出会いに、春を満喫した管理人だった。上高地行きの荷造りは4月22日現在ほぼ完了しているが、毎度の通り20キロ近くの荷物になり、何をそぎ落とすかこれから調整だ!!整地用スコップはカットか・・・と悩んでいる。そんな準備編も結構楽しいのが、本格登山の楽しみであろう。


 ゴールデンウィーク過去録
2018 涸沢テント泊編 
2017 涸沢テント泊編
2016 槍ヶ岳 テント泊編
2015 涸沢テント泊 奥穂登頂編



ゲット出来たプラチナチケット



陣馬高原下の昔からある売店



山頂を目指します。





50年前中1の時初登頂。写真はモノクロ時代!



現在は新しい物であるが、形は同じだった!



山頂からの富士山。



丹沢方面を山頂より望む。



帰路出会ったシダレザクラ。



藤野にあった無人販売所。のらぼう菜絶品。
わらびも東京の半値でした。



藤野の里山には猿の群れもいた!



藤野駅前山麓酒場。



まずは定番の餃子から・・・!


  
本で紹介の通り一通りの物が揃っていた。



偶然にも吉祥寺で出会った藤野物産展



のらぼう菜も販売されていました!!




TOPへ