2019年山の日
夢の領域、荒川源流・滝川・古礼沢遡行
2019年8月11・12日
古礼沢 F1 10m滝を登る


すべての写真はこちらで公開中です。
どうぞ古礼沢をお楽しみください。

上の文字をクリックしてください。
写真集に移動いたします。

出会いの丘観光案内板。クリックで拡大表示します。



豆焼き大橋をいくミタサン、カオル女史。お世話になります。



前日10日に納車されたジムニーシエラ。10ヶ月待ちでした。
雁坂料金所駐車場にて。


 2019年8月11日山の日。奥秩父・荒川源流の滝川支流・古礼沢~古礼山、を目指す機会に恵まれた。この山の日の制定初年度は、野呂川を詰め、間ノ岳、北岳に登った思い出が甦る。でも今回の荒川源流・滝川は3000メートル峰に突き上げる、野呂川以上に難しい沢であった。
 今回、老体に鞭を打っての、沢旅、総集編的な思いで挑戦。結果、無事古礼山に登頂出来たが、全般かなり厳しい沢だった。超スローペースの管理人をフォローしてくださった、ミタサン、カオル女史に、改めて御礼申し上げたい。

 2019年4月、山友ミタサンから、2018年夏、滝川中流部・釣り橋小屋跡から、すべてを踏破し、水晶谷経由雁坂小屋へ遡行した報告メールがあった。彼とは同じ荒川源流部真の沢のテンバ近くで知り合い(彼は真の沢林道・廃道・調査で真の沢にテントを張っていた)それ以降、釜の沢などを一緒に遡行する機会に恵まれた。彼は以前雁坂小屋・小屋番も精力的に行っており、雁坂周辺の沢・地形にはとっても詳しかった。狩猟免許も持っており、奥秩父の道なき道を獲物を求め歩く。そんな彼を管理人は「埼玉マタギ」と勝手に命名した。彼からの久しぶりのメールの中に、2019年夏、古礼沢を遡行する計画がある旨のお誘いがあり、ミタサンがリードしてくださるなら・・・と、古礼沢行を即決で快諾する管理人だった。

 古礼沢と言えば、荒川支流・滝川水系の最奥の支流である。滝川と言えばまだ記憶に新しい2010年にブドウ沢出合い付近で起きた4重遭難事故があった渓である。(ブドウ沢手前の滝壺に山岳会パーティー女性が転落・死亡、埼玉県警救助ヘリ墜落、事故を取材に向かったブロガー墜死、日テレ取材クルー2名死亡、計9名がこの渓で亡くなった痛ましい事故)あの悲惨な事故以来、管理人はこの渓を脳裏から封印し、まずは行くことが無いエリアとして、地図を眺めることも無くなった。それまでは20年来の行きたいエリアの一つであったが、ソロの多い管理人には、まず入渓は無理な渓であり、有能な若手と行く機会さえあれば・・・と思っていた。そんな怖い渓であるが、ミタサンならきっと稜線まで引っ張りあげてくれるだろうと信じ、即古礼行きに参加メールを送った。

 今年は源流の釣り、沢登りをスタートし37年近くになる。もう年齢もあと少しで64歳。この機会を最後の沢旅とし、多少リスキーな渓でも、過去の経験値の総決算という意味で、絶対にケガも無く稜線に立とうと、日々モチベーションを上げる為、ネットより古礼沢の遡行記録を読みあさるなど、色々なイメージトレーニングを行った。

 来る8月11日山の日。台風10号が接近しつつはあるものの、12日までの予報はすこぶる良かった。実際にも夕立、雷も無く、二日間太陽がサンサンと輝き、沢登りにはうってつけの日和となった。今回の成功は天気による部分も大きい。こういった奥地で、豪雨に見舞われると意気消沈してしまい、判断力も鈍くなり、さらには危険度も増し、遭難・事故の可能性が上昇する。

 さすがに現地に詳しいミタサン。黒岩尾根からあの事故のあったブドウ沢少し上手に下降できるルートをしっかりとゲットしていた。1650m付近から1100mまで一気に下降するらしい。下降の取り付き地点から沢までは一気に切れ落ちていて、まるで井戸の底に向け降りていくような、今までに見たことも無い急峻な地形になっていた。尾根筋を外さないように歩くも、途中岩が出てきて、そのまま崖になっていたり、微妙な尾根分岐があったりで、ミタサンもGPSの力を借りながら尾根を慎重に選んでいった。彼は過去2回ここを歩いているようだ。すべては彼に任せ、滑落しないよう安全面だけしっかり肝に命じ慎重に下降する管理人だった。それでもノーザイルでは危険な個所があり、懸垂下降を3回行い沢床に無事降り立った。沢床に降りる為の最後のルートは、ミタさん達とは異なり、尾根筋の末端にあったルンゼの様な窪地斜面を降りた。管理人はノーザイルで水面に出た。彼らが選んだ尾根の末端は崖になっていて、4回目の懸垂で沢床近くに降りに立った。写真にもあるように、管理人がいる本当の沢床まではまだ5mくらいある地点だ。やはり最後の最後まで急峻だった。上を見上げれば山は鋭利な角度で天に向けにそびえ立っていた。もうここは登り返せないな・・・とどんな困難があっても稜線まで歩かないとこの井戸の底からは脱出できない・・・、なんとも言えない緊張感の中ふつふつとファイトが沸いてくる管理人だった。


荒川上流部 概念図(クリックで拡大表示します)


滝川水系源流部地図



2回目の懸垂下降の途中にて撮影。ほぼ崖になってる。


最後まで急峻だった下降地点。クリックで拡大表示します。




やはり第一投で釣りあげるミタサン。



管理人が釣った秩父イワナ。
今回こんな生かしびくを買ってきてしまった。



淵の上部からは暫くゴルジュだった!!やれやれ・・


 やっとの思いで到着した滝川最深部は、釣りにはうってつけの大きな淵が出迎えてくれた。ここで大休止をとり、各自食事などを摂った。管理人はまずは釣り試し。一投目で27センチくらいの秩父イワナが竿を絞った。ご覧の通りミタサンも釣った。魚は相当に濃いようだ。それもそのはず、ここまで来られる人は、年間通してもそれほど多くないだろう。逆に魚が濃すぎて、大きく成長できない可能性すらある。多少は間引くことも必要かも知れない。久しぶりに源流域の魚の生息実態を見ることが出来た。しかしながらそんな楽園気分はすぐに緊張の世界へと突入した。なんとこの淵の上部からゴルジュが始まっていたのだ。滝川水系は入川と違い、水線沿いの岩が丸くなっていて、ヌメッテおり、滑りそうで超怖いのである。管理人は長年沢靴は裏がゴムのものを使用してきた。経験から総合的にはフェルト地よりフリクションも良いと信じていたが、この渓ではむしろフェルト底の方が勝っていたように思う。他のお二人はモンベルのサンダル式のフェルト底の足袋を履いていたが臆することなくスイスイとヌメッタ岩場を進んでいった。。まあ、どちらかと言うと技量の差が大きいのだろう・・・

 何とか突破するも、その奥にも悪場は続いた(すべての写真参照)。何とか落ちずにクリアすると、下降地点から20分位で古礼沢出合いの、申し分のないテンバに到着した。ミタサンが強靭な体力で、ビールを6缶も背負ってきてくれた。まずはそれで乾杯。ミタサンありがとう!!二人は古礼沢に、管理人はテンバ前で釣りを楽しんだ。殺生は3匹とし、後はリリースした。ミタサンもアマチュア無線の免許を持っており、お互いにハンディトランシーバを持って来たため、こういった別行動の時の連絡には非常に便利だった。テンバへの帰着が遅くてもまったく心配はいらない。

 全員が戻ったところで、タープ張り、焚火着火係を管理人が行った。焚火は点かないと責任重大である。細かな木々を大量に引いて、着火した。木々は前夜の夕立?で全てがかなり濡れていたが、長年の経験で一発で着火に成功した。
 滝川本流筋に流れてゆく、焚火の煙と焚火の炎を見ていると、何とも言えない喜びが込み上げてきた。ここは夢の領域・滝川最深部なのだ。管理人が30歳台の頃に行った、白戸川・メルガマタ沢での夜、「いいですね、隊長!!ここがメルガマタですよ!」と焚火の炎に照らされて言ったメンバーの一言を思い出していた。あの頃は若かったなぁ・・・と何だかセンチな気分に浸る管理人だった。
 夢に見た古礼沢・水晶谷出合のテンバでの至福の時間に、もう後は野となれ、山となれの心境であった。



テンバの全景。タープの屋根用のザイルを張る立木はあった。
片方は大木の根っこが良い位置にある。片方は朽ちた木に。
ザイルは20mは必要。薪は近くには少ない。のこぎり必携。



人生最後?かも知れない沢旅を心ゆくまで満喫した。



山・沢旅で、この時の流れが至福の瞬間だ!



ここは夢に見た滝川最深部だ!!






夜の帳が降り、夢気分の中、ウヰスキーがすすむ。


 深夜目が覚めると、透明ビニール製のポリタープ越しに、満天の星空が見えた。いつもこの瞬間が何とも言えない安堵感と、明日の好天の予感に、テンションが高くなる管理人だった。明日は何としても怪我無く稜線に立つぞ!!と、自分自身に言い聞かせ、再びの眠りについた。昨日の到着時、二人が釣りから戻るまで、濡れた衣類で少し肌寒く、ゴアのハードシェルを着込んでいたが、焚火も点いたおかげか、この衣服のままで、シュラフカバーのみで寒くもなく、十分な眠りに付くことが出来た。今回はファイントラックのアンダーと20数年前に買った、自分的には暖かく、一番水切れの良い・・・と思っている、クロロファイバー製?のシャツのみであった。

 日の出と同時に全員が起床し、6時過ぎにテンバを後にした。その後は写真にもある、F1 10m滝をミタサンのフリークライムでその後確保してもらい、直登でクリア。これを越えるとすばらしいナメ滝の連続だった。ゴルジュというほどの物は無かったが、ちょっとした滝の乗越しで、管理人は足を滑らせ、滝つぼにドボンしてしまった。滝壺は思いの他深く、まったく背が立たず、少し下流に流されてから、岸辺に上がった。暑い日であったので、全身の水浴びはすごく気持ちよかった!!二回目は慎重に登り、無事越えることが出来た。よってカメラはここでお釈迦様となり、今回の写真集は、自分で撮影していないので、管理人が沢山登場する。苦笑・・・次回は防水カメラを買おうと、決心が付いたドボンであった。(デジカメは、ドボンでのお釈迦が多いので、古いカメラ(キャノンIXYシリーズ)をネットにて2000円くらいのを4個購入し、ドボンしては廃棄しという使い方で、とうとうあと1台になってしまった。)

 しばらく登ると、水が切れ、伏流水となり、岩が堆積した斜面になった。稜線まではあと200数十メートル地点までやって来た様だ。樹林帯に入り、空が見え隠れしてきた所に登山道が現れた。稜線である。夏の強烈な日差しが照り付ける中、安堵感と、達成感で満たされる管理人だった。今回は、人生最後の稜線まで詰めあがる沢旅の様な気がしてならなかった。若い頃、沢の楽しみ方を教えて下さった愛渓会の先輩、一緒にチームを組んで遡ってくれた、あぶない探検隊のメンバー、最近ご一緒している、川越渓美隊の皆さん、お世話になった皆の顔が浮かんでは消えた。

 今回思い切って参加して本当に良かった。こんなポンコツおやじを稜線まで導いてくれたミタサン、カオル女史に感謝だった。古礼山山頂へは稜線の登山道で15分くらいで到着した。この山も初めての登頂で感無量であった。東から南方面の景色が素晴らしく開けていた。夏空が広がる中、山頂脇から下降できるバリエーション最短ルート、古礼南尾根の下降に入り、無事雁坂料金所脇駐車場に下山した。
 写真集最後の1枚の写真・・・山友曰く・・・「まるで仙人!!」と言い得て妙な?メールが届いた。管理人もすでに山おやじを通り過ぎ、いよいよ仙人の域に達しているのかなぁ?と苦笑してしまった。 
 さあ、今週は富士山周辺でのんびり夏のバカンスを楽しんでこよう!! END

 ※滝川水系の沢はパーティー内に沢登り上級者がいて、はじめて遡行可能な領域と思いました。クライミング装備必携です。経験の少ない者だけのパーティー、沢未経験者など、安易な入渓はお控えください。記事に書きましたように、遭難事故が多いエリアです。くれぐれもベテランと綿密な計画・装備にて遡行の際はお願いいたします。 



10ⅿ滝上からは、美しいナメ滝が連続する。



標高1750Ḿ付近からは沢は伏流となった。






古礼山山頂より南方面を望む。




TOPへ