気ぜわしかった2、3月
大山帰りに発見の山麓酒場などなど
2019年3月24日(日)
庄野真代姉さんと、山仲間のみなさん(池袋ホールにて)


 ここ2ヶ月、精神的に気ぜわしい日々が続き、このHPに記事掲載もしたいのだが、いつものように文章が浮かばない、、、さらには編集する作業すらが億劫な日々が続いた。
 何がそんなに気ぜわしかったかと言うと、管理人は港区にある母校の高校同窓会理事を、昔勤務した会社の上司から無理やり押し付けられ、かれこれ30数年もやる羽目になってしまった。ちょうど三十歳の頃、入った会社の社長、会長、営業部長が偶然に同窓の先輩で、営業部長より「お前の卒業期は理事が誰もいない様だから、これからはお前がやれ!!」と半強制的に、理事なる係に任命されてしまったのだ。

 母校大好き人間なら率先してもやるのであろうが、当時から管理人は山、沢遊びに忙しく、それどころではないゾ!感覚で、仕方なしに引き受けてしまった。定例会議には夜、母校に足を運ばねばならず、まったくのやり損ボランティアだった。現在は長い時を経て、年2回発行の同窓会報編集もすべて管理人に任され制作している。結構いい加減な奴なのだが、要職を任されてしまっている。

 そんな中、2019年6月に開催しなければならない「同窓会大会」という催し物の企画がまったく決まらず、とうとう期日まで4ヶ月を切るまでになってしまい、そのプレッシャーに押しつぶされそうな2月のスタートだったのだ。5月発行の同窓会報にその催し内容詳細を掲載しなければならず、原稿閉め切りの3月下旬までにイベント含め、詳細を決定しなければならなかった。そんな状況下、会合の為に、港区にある母校に夜、毎週通わねばならず、精神的、肉体的にかなりボロボロになってしまっていた。よって、厳冬期の冬山・・・なんてまったく行く気も起きず、スキーも結局十日町へ行ったくらいで終わってしまう、今シーズンの様相だ。

 素敵な出来事としては、2月22日池袋のホールで開催された庄野真代さんコンサートには昨年末、山仲間メンバーが聴きに来てくださると、嬉しい参加表明をもらい、早々座席も予約し、当日池袋に集合した。内容的には想像以上に・・・なんと失礼な発言?・・・素晴らしいコンサートに、管理人も皆さんをお呼びして良かったと、姉さん、皆さんに感謝だった。表紙の写真がその時、終演後ホールにて真代さん含め、山仲間皆さんとの記念撮影の1枚である。



酒飲みの山屋にはお勧めの一冊。


 最近入手した本に面白い本がある。清野 明さん著書の「山麓酒場」である。関東近郊の登山駅近くにある、登山客御用達の居酒屋を紹介した本なのだ。当然のことながら、管理人が推薦する居酒屋はしっかりと載っていた。殆どが知らない店であるが、常連は二店。奥多摩駅前の「天益」。さらには大月駅前「うづき」。あと行ったことのある店は、高尾駅前「あさかわ食堂」、御嶽駅前「玉川屋」などが紹介されていた・・・。
 笑えたのが、はじめに・・に書いてある、奥多摩・鷹ノ巣山から峰谷集落に下山したら、酒を飲ませる店も無ければ、売っている店も無かった・・・そこで少し先の管理釣り場の売店で買ってビールを飲んだ・・・という出だしの書き出しは、管理人も峰谷に初めて降りた時、管理釣り場でビール買ったのを思い出し、苦笑した。この著者とは合うだろうな・・・と妙に感心し、心を寄せた。

 そんな飲み屋の新しい切り口を覚え、最近は意識的に山麓酒場を探すようになってしまった。表紙の山仲間メンバーさん、つい先日甲斐大和駅にあるらしい中華酒場「あまの」をわざわざ訪ねるために、近隣での行く山を決めたそうな。メインは山でなく山麓酒場なのだ!!これからは百名山ならぬ、山麓酒場踏破山行もおもしろいかも知れない。
 一昨日、案内を兼ね丹沢大山を歩いてきた。コース的には秦野よりバスで蓑毛に向かい、古典ルートで大山山頂を目指し、下社よりケーブル下山。バスで伊勢原駅に出るコースだった。そこで帰路伊勢原駅前にて、山麓酒場の貴重な発見があった。山麓酒場に命名されるには厳しい条件が色々とあって(これがまたユニーク・・・)、まさにそれらを満たしている店だった。リーズナブルですこぶる美味しかったのは言うまでもない。
 
 今回は山の話はほとんど無いネタであるが、同窓会大会の方向も決まり、やっと精神的にも落ち着いてきた管理人であった。10年前の大会は管理人が庄野真代さんを呼んで歌っていただいた。今回は音楽プロデューサーをやっている著名な先輩が、すごい驚きの歌姫を呼んで下さり、管理人も精神的にやっと一息・・・といった具合。
 大会本番まで気が抜けないが、春山からはテントでも担いで涸沢あたりにまたまた繰り出そうと密かに計画している、今日この頃であった。



伊勢原駅南口線路脇にある「あがれや」



飲み物メニューも豊富でした!!



看板お姉さん!!平日、土日、連日14時オープンとのこと。

●山麓酒場内容(ネットより引用)

登山の後は、どうしても食事とお酒が恋しくなる。
特に下山後のビールなどは格別においしく感じられるもの。
ハイカーの中には山歩きをしたいのか、下山後のお店に行きたいのかわからない人もいるほどだ。
そんな方々のために、山好き酒好きの著者が、東京近郊の山歩きの後に寄りたい「山麓酒場」を思い入れたっぷりに紹介。
山地図とともに持って行きたい、大人のための山アフターガイド。

■Chapter1 JR五日市線沿線
<武蔵五日市駅> 民宿 浅間坂(木庵)
五日市 天芳
居酒屋まるま

山麓温泉>>>数馬周辺の温泉
武蔵五日市駅周辺の酒場に行くための山々


■Chapter2 JR青梅線沿線
<奥多摩駅> 小料理みやぎ
ビアカフェ バテレ
天益
美好

山麓素泊まり宿>>>和尚
奥多摩駅周辺の酒場に行くための山々
山麓温泉>>>奥多摩駅周辺の温泉
<鳩ノ巣駅> 大橋屋
山鳩
<御嶽駅> ぎん鈴
玉川屋
東峯園

御嶽駅周辺の酒場に行くための山々
鎌倉にもある山麓酒場>>>養老乃瀧 鎌倉店


■Chapter3 JR中央線沿線
<勝沼ぶどう郷駅> 銀月食堂
<甲斐大和駅> お食事あまの
<鳥沢駅> 浜田屋食堂
<大月駅> うづき
<梁川駅> たてる家
山麓温泉>>>湯立人鉱泉
<上野原駅> 一福食堂
<藤野駅> 風里
山麓温泉>>>陣谷温泉
<相模湖駅> かどや食堂
<高尾駅> あさかわ食堂、玉川亭
<八王子駅> 多摩一


■Chapter4 小田急小田原線沿線
<渋沢駅>いろは食堂
<新松田駅>
酒処ちょっと
若松食堂

新松田駅周辺の酒場に行くための山々
下山直後の山麓酒場>>>手打そば さか間


■Chapter5 西武池袋線・秩父線沿線
<西武秩父駅>
お花畑駅前 高砂ホルモン
秩父山渓の味 駅前
パリ―食堂

西武秩父駅周辺の酒場に行くための山々
<高麗駅>
しょうへいうどん


■Chapter6 その他の路線
<富士急行線/河口湖駅> 土浦食堂
<JR伊東線/宇佐美駅> ふしみ食堂
<伊豆箱根鉄道駿豆線/修善寺駅> 大滝ラーメン
<JR東海道線/真鶴駅> 磯料理 丸入水産
<大磯駅> めしや大磯港
<JR内房線/浜金谷駅> さすけ食堂



TOPへ