2019年・年末の山旅と年始報告
50年ぶりの刈寄山とYAMABOKUスキー場
2019年12月29日~2020年1月5日
刈寄山山頂からの風景


    
刈寄山とアルバムに表記があった。中学3年である。



背景はどうも神社っぽい・・・


  このHPにも掲載しているが1970年の登山記録に「刈寄山らしい・・・」という写真が何枚か発掘された。残念ながら山頂標識などいっさい写っていないので、本当に刈寄山なのか判断できなかったが、少しでも手掛かりが見つかれば・・・と思い、50年ぶりに、刈寄山を訪ねてみることにした。
 
 12月中旬の天気にも恵まれた週末、アマチュア無線を自宅でワッチしていると、「今熊山から運用しています!!」という無線局の強力かつ元気な声が飛び込んできた。声をかけ、地図で場所を確認すると、今熊山は武蔵五日市駅にほど近い、標高505mの山であることが判明。さらに尾根をたどると、すぐ隣には今回50年ぶりに訪問した「刈寄山」があった。脳裏には50年前に行ったらしい山・・・と昔の思い出が甦ったのではあるが、決定的に行ってみたくなった理由は、上に掲載の3枚目のお茶している写真の風景。どうも背景は神社の様である。地図を見ると歴史ある「今熊神社」というのが麓にあるではないか!!この背景が今でも残っているような気がしてならず、快晴に恵まれた12月29日、八王子駅より約40分のバスに揺られ、今熊山、刈寄山を訪問した。

 結果、決定的な風景は発見できなかったが、刈寄山東斜面は、かなりな規模の石切り場になっているのが見えた。石切り場に向かう、自動車専用林道も何本か付けられている。おそらく50年前は石切り場を経由し、この林道を利用して下山したのであろう。やはりアルバムタイトル通りの刈寄山の写真だったようだ。中学生時代はお金も余り無く、武蔵五日市駅から歩いて登れる山・・・ということで選択したのだろう。しかし、誰がシャッターを押してくれたのか、まったくもって不明であった。
 今回は登山道で今熊山山頂まで戻り、奥の院の裏側から下ることが出来る、地図には載っていないしっかりとした道で、新多摩変電所経由にて、武蔵五日市駅まで歩いてみた。途中に広徳寺という古い由緒あるお寺があり、紅葉の時にゆっくり来てみようと思った。さらに打ち上げと称し、武蔵五日市駅近く、寿庵忠左衛門でおいしい日本酒、蕎麦をいただいて、一年を締めくくった。ここは武蔵五日市駅利用の時に時々立ち寄る。いつ来ても美味しい蕎麦&お酒がいただける名店である。山麓酒場に入れては、ちょっとかわいそうかな・・・


刈寄山をはじめとする戸倉三山概念図(クリックで拡大表示します)

   
今熊神社・3枚目の思い出風景は発見できず。


   
今熊山山頂と奥の院。


   
中3の頃の写真2枚目はこの辺??1枚目の石切り場はあった。
今では立ち入りできないが、どうやら刈寄山で間違いないようだ。



遠くは陣馬山まで縦走できます。



帰路打ち上げ会。そば焼きみそ・・・絶品であった!350円。


●突然話はアウトドアから対極にあるオタクの話題に!!●


衝動買いした、デジタルオシロ。



こちらも購入した、標準信号発生器(SG)



鳴沢村山荘でアマチュア無線を楽しんだ!!



アンテナは判りにくいけど、向こうの木に向け、ワイヤーを張りました。
7MHzで運用し、日本全国にけっこう良い具合に飛んでくれました。


 山登りは健康的でもあり、大自然に触れることが出来、最高に楽しく・すばらしい趣味であるが、最近対極にありそうな??オタク趣味が再燃し始めていた。管理人はそもそもは工学部(電子・通信系)の出身なのである。そういった人間は、本来は山はやらないのかも知れないが、管理人はどういった訳か、アウトドア派で長年やってきた。そして仕事はと言えば、本の編集などを本業にしている。電気とは縁遠い!!
 しかし、心の片隅にはオタク心が未だに宿っていたようだ。考えてみれば、オタクの聖地・秋葉原ぶらぶら行動は、もしかしたら元祖かもしれない。中学時代に電気いじりが大好きで、かつワンゲル部であった管理人は、秋葉原には登山用具店の「ニッピン」もあり、ことあるごとに秋葉原に通い、中古部品屋の前でうんこ座りしながら、買えそうな安物(ジャンク)を探した・・・そんな幼少・青春時代だった。ニッピンにも良く通った。テントで使う折りたたみベットのようなものも買ってしまった思い出がある。材質はアルミパイプにデニムの生地であった。テントは共同装備ではあったが、デニム生地の三角テント。めちゃくちゃ重かった。支柱なるポールは木製2本つなぎであった。

 そんな2019年12月、突然に真空管を使った古い無線機をしっかりと調整したくなり、写真にあるようなデジタルオシロスコープなどを購入、あとシグナルジェネレータ(SG)など測定器をも再購入し、オタクを再度?スタートした。オタクとはよく言ったもので、これらオモチャを手に入れてからしばらくは、山にも行かず、1日中自宅に籠って、機械とにらめっこする有様だった。そしてそれら測定器を使い、通信機器メーカー・八重洲無線(株)では歴史上、最後の真空管搭載無線機であるFT-102(1982年頃発売・以前免許取得済))をきっちり調整し、鳴沢村でオンエア、長崎、呉、高松、札幌、などの無線局と交信を楽しんだ。ここ山梨県南都留郡鳴沢村・・・という場所は、無線界ではモテる地域の様だ。(山梨県南都留郡鳴沢村・・・無線局も少ないのでは・・・)


●新年明けましておめでとうございます。●


 大みそかまで仕事をしていた関係で、お正月休みは新年の1日~5日まで、5日間をのんびりマッタリと過ごした。まずは1、2日はおせち料理で、一杯やりながらのテレビ観戦。そして3,4,5日は毎年恒例?の真代姉さんチームとの信州スキー合宿に参加。今年は豪華メンバーで、姉さんご家族皆さんもご参加の、一大イベントとなった。
 1月3日、朝八時に京王線・井の頭線の交差している明大前駅駅前広場に集合。ちょうど、管理人の車に乗車予定の皆さんは、この駅には1本の電車で来ることが出来るので、こちらに決定。中央道利用であれば、目の前に首都高4号線・永福インターがあるので、高速道路利用にも便利な、ステーションである。今回の目的地は長野県上高井郡高山村山田牧場にある、YAMABOKUスキー場。宿泊はゲレンデの目の前にあり、非常に良い雰囲気だった「レッドウッドイン」にお世話になった。オーナー様、滞在中は本当にお世話になり、ありがとうございました。

 今回は中央道ではなく関越道-上信越道を経由し、栗で有名な小布施で高速を降りた。2時間ほど小布施の街を見学し、美味しい戸隠蕎麦にも出会え、道中まったくの渋滞も無く、幸先の良いスタートとなった。天気も快晴である。
 今年は札幌をはじめ、全国的に雪不足と言われているが、こちら信州も雪は少なく、毎年お伺いしていた木島平は、この日現在は積雪ゼロで、スキー場もオープンできていないとのお話だった。YAMABOKUスキー場は標高が約1500m以上に展開されており、十分ではなかったが、特に問題なく滑ることが出来た。


   
正月1,2日は自宅にておせちで飲んだくれておりました!!



3~5日はスキー合宿。行きがけに小布施の街を散策しました。


   

ボリュームもあり美味しかった戸隠蕎麦。下はお店入り口。
少しつついてしまったが、左:山菜蕎麦、右:とろろそば。




   
YAMABOKUスキー場。空いていました。


ゲレンデ最上部付近より下を望む。


 今回大変にお世話になった、レッドウッドイン。アメリカから輸入したウッドで造られた宿は、ジャズが流れる中、美味しい食事、ワインに舌鼓し、最高のアフターファイブを過ごすことが出来た。以下、ホテルの紹介文より・・・

 アメリカの国立公園セコイヤナショナルパークから輸入した樹齢1650年、直径5メートルの巨木。それを幾多の困難を乗り越えてその木を日本に運び、内装のいたる所に使用し、75センチの梁や、太い幹を丸ごと使った直径3.2メートルの露天風呂にして造られたのがレッドウッドインです。建物のモデルとなったのはレッドウッドの森を守り続けるグランドキャニオンの森林警備隊の詰め所です。樹齢1650年の年輪の中で、ごゆっくりとおくつろぎください。

 ・・・という素敵なお宿でございました。また、YAMABOKUスキーアカデミーの先生方にも大変にお世話になり、ありがとうございました。この素敵なレッドウッドインの夕食、朝食写真をご紹介!!インスタ映えするかなぁ・・・?

 昨年あまり回数行けなかったうっぷんを、思い切り晴らし滑りまくった管理人!!5日は猛吹雪で(雪が無い年だけにありがたいが・・・)、ホワイトアウト状態。ガッツの無い管理人は11時半集合時間まで、部屋でのんびりまったり。運転手役があるので、酒は飲めない。澤くんは吹雪の中頑張った!!さすがに山男だ!!お嬢さんも滑っていたようだ。ちなみに姉さんは・・・と言うと、部屋組でかつ、孫のお相手、おばあちゃん役であった(苦笑)。

 帰路は山道下りが、圧雪状態になりゆっくっりゆっくりと車を走らせ無事、中野市へ。姉さんの親友むっちゃんが経営する「グーチョキパー」に寄って記念撮影をし、渋滞もまったく無く、無事東京に戻ることが出来た。お昼ご飯は当然ながら手打ちの戸隠蕎麦店へ・・・!!新年ということで、信州リンゴ(これが超美味であった)、お酒(お神酒)が無料でテーブルに置かれていたのには驚いた!!運転に関係の無い、澤くんは遠慮がちにこのお神酒を頂戴し、感謝・感激していた。
 
 新年早々、行き帰り共に渋滞もまったくなく、暖冬の中で雪にも恵まれ、楽しい時間を過ごすことが出来た。最近、雪山にテント担いで行くガッツは、ほとんど消え失せてしまった!!まさかこの歳でスキーにはまるとは、思ってもいなかった管理人であった。


    

    

    
これが夕食です。時間をかけゆっくりいただけました。


   
左:初日朝食 右2日目の朝食。


    
レストラン内部です。


   
帰路立ち寄った戸隠蕎麦店
このキノコ蕎麦、見た感じでは天然キノコですね!さすが信州!。



むっちゃん、姉さん、澤くん、ご家族の皆さん。
photo by 管理人
皆さんお疲れさまでした!!


1月19日管理人の住む杉並区新聞朝刊別紙に・・・
姉さん!?お美しい女性が1面に載っていました。




TOPへ