素敵な山仲間との一日
初めての中央線沿線の山/扇山・百蔵山
2019年1月20日(日)
鳥沢周辺の観光・登山案内板。右上に扇山、真ん中上部に百蔵山。クリックで拡大表示。


 1月16日(水)、昨年12月初旬に大月の高川山山頂で知り合いになった、素敵な山仲間からラインが入っていた。20日の日曜日に当時のメンバーと一緒に、やはり大月周辺の山で、扇山、百蔵山に行く予定だが、時間が合えばいかが?という内容だった。昨年の12月9日にも青梅線電車内で偶然にもこのメンバーに出会ってしまい、お邪魔虫で鷹ノ巣山にご一緒させていただいた。しかしなんとなんとこのメンバー皆さんの速さに驚かされてしまった!。今回もペースに付いて行けるか不安もあったが、まったくもって予定が無かったので、参加させていただくことにした。この大月周辺の山は、昨年末より初挑戦し、なかなか素敵な山が多いことに気が付き、最近は積極的に行こうと、思っていた矢先のお誘いだった。
 
 早速昭文社の登山地図でこの山を探すも、「大菩薩」にはエリア外で載っておらず、「富士山」かな?「丹沢」かな?と見るもどれにもこの山はエリア外だった。そしてどのエリアに属するのか調べてみると、なんと「高尾山・陣馬山」エリアに掲載されている様だった。管理人は近郊の山マップでは唯一持っていないエリアだったので、当日は他力本願+携帯のGPSマップで対応することにした。
 当日、高尾を出て、相模湖あたりも太陽がサンサンと降り注ぎ暖かだったが、ちょうど相模湖駅を出発した時に静岡方面の山に向かっている友人からは「静岡は雨」の連絡がラインに入っていた。確かに後に山梨富嶽12景の扇山山頂からは、富士山は見えなかったが、その向こうは黒い雲に覆われており、富士山付近を境に天気が大分違っている様子が手に取るように判った。



大月周辺の富士山がきれいに見える山一覧。

 朝6時18分富士見ヶ丘発井の頭線に乗り、明大前で6時36分発特急京王八王子行きに。北野乗り換えで高尾駅に向かい、中央線にて8時7分無事鳥沢駅到着。待ち合わせは駅に8時20分だった。皆さんはちょうどその時間着の管理人より1本後の電車で来られた。
 天気は暖かで晴れ。早速アスファルトの道を40分くらい歩き、扇山を目指した。本日行く二つの山は、駅ホームの目の前にそびえており、縦走予定の尾根もハッキリと見ることが出来た。扇山からは百蔵山に向け一気に高度を下げており、百蔵山への登り返しが大変だな・・・と早くもきつそうな気配を感じていた。(実際にその通りであった)

 扇山は1138mで、山頂は広くて景色もよく、富士山が見えれば文句ない山頂と思った。途中、沢の源頭部にあたる水場からはジグザグに一気に高度を稼ぐ登りが続いた。水場の水量はこんなに晴天が続いている冬場でもかなり豊富に湧いていた。この日は管理人の為にペースを落としてくださり、なんとか隊列に付いていくことが出来た。



大月の二つ手前にある鳥沢駅。



山頂が見えてきました!!



広くて景色が開けている山頂。まったりお弁当するには最適。



この日は残念ながら富士山はお隠れに。



今回の仲間、師匠と山女子2名。


 百蔵山に向けては一気に約300m高度を下げ、また登り返すという試練が待ち受けていた。百蔵山も芝生の様な山頂で景色もよくマッタリ気分だった。皆で撮影をし、猿橋に降りることにした。もう頭の中は山から離れ、大月駅前の「うづき」での生ビール&餃子宴会にモードはシフトしていた。山頂より5名の予約を入れた。奥の座敷はすでに満席の様だったが、入り口のテーブル席は確保でき一安心。
 
 うんざりするくらいの長い舗装路を歩き、やっとこ猿橋駅に着いて時刻表を見るとビックリ!!20分間隔くらいで列車は来るだろうと甘い読みをしていたら、なんとこの時間は1時間に1本しかなかった。しかしラッキーにもその1本は10分後に到着する。13時53分に無事列車に乗り、14時で予約していた「うづき」にはピッタリに到着!!
 この素敵な山仲間さん達・・・きっと管理人が「うづき」を紹介していなければ、こんなご一緒山行も無かったんだな・・・と素朴な雰囲気が漂い、すべての料理が美味しそうな「うづき」に感謝しつつ、不思議な山での出会いにも感謝の管理人だった。

 この日は、生ビールでスタートし、焼酎をボトルで入れ、さらには日本酒熱燗、もつ煮込み、餃子、冷ややっこ、枝豆、そしてサービス品?で頂戴したブリ大根煮、、、、もう大満足の締めでありました。17時過ぎ、素敵な大月に後ろ髪を引かれつつ、無事帰宅の途に付いた皆様でありました!!メンバーお二人は今週末は本栖湖にて別の山グループとキャンプをし、竜ヶ岳を目指すそう。管理人はと言えば、衝動買いしたマナスルコンロで山おでんをやろうと決めている。鍋焼きうどんに対抗し、鍋割山あたりでおでん・ウルメイワシ焼きでもやろうかな・・・と計画中だ!!皆さん毎週山に通う、山おバカの様である。。。管理人宅も「亭主元気で留守がいい!!」パタンに完璧になっており、山行きに文句を言われたことはまったく無い・・・事に最近フッと気づいてしまった。ヤレヤレ・・・

2019年歌会始の歌

皇太子さま

雲間よりさしたる光に導かれわれ登りゆく金峰(きんぷ)の峰に






オールスターキャスト+撮影管理人 左が師匠です。



長いアスファルト路を猿橋まで歩きます。



大月駅前「うづき」でのごちそう!!ここあまり教えたくない(笑)



帰路盛り上がっているメンバーの皆さん。





TOPへ