大山初詣登山と山ストーブに想う!
ラジウスシリーズ その1
2019年 1月13日

集合してくれたラジウスストーブ達。おまけでガスも。しかしガスはすごい!!



今回衝動買いのマナスル96


 新年明けての1月6日日曜日。昨年末にフレームが壊れてしまった眼鏡を新調しに吉祥寺のメガネ市場に向かった。最近はメガネも安くなり、お気に入りのフレームを見つけ、そんなに混雑もなく事は進んだ。それでもレンズを取り付け、引き取りまでは1時間を要し、その時間は吉祥寺石井スポーツへ足を向けた。

 ハーモニカ横町の焼き鳥店は、午後4時ですでに満席で賑わっている。そんな焼き鳥の煙についつい立ち寄りたくなる気持ちも抑え、無事石井スポーツに到着した。大して見たい物も無いのだが、先日長野木島平のスクールで、先生方が着ていたのと同じブルーのスキーウェア購入を木島平にてお願いしたため、当日はまだ商品到着待ち状態、比較する意味でスキーウェアメインに、商品を見た・・・。
 
 そんな中、何気なく店内でひときは輝いている商品と目が合ってしまった。それはなんと灯油ストーブの「マナスル」であった。真鍮製でゴールドの様に輝いているストーブの前に立ちはだかり、何だか取り付かれた様に、そのストーブに見入ってしまった。
それは管理人の心を揺さぶるほど美しかったし、力強く感じた。もちろんこのマナスルらしきストーブは幼少の頃にも、二十歳代にも使ったことがある、灯油を燃料とする往年の名器だ。もちろん当時は自己所有の品ではなく、加入していた団体の備品として、使った・・・というより先輩の方々が、山の中でお湯など沸かしてくれた鮮明な記憶が残っているのだ。
 そんな不思議なマナスルの魔力に2019年新年早々に何故か引き込まれてしまった管理人。後日再訪し、吉祥寺石井スポーツに在庫があった一番容量の小さい96バージョンを購入。ネットにてアマゾンに唯一残っていた一番大きなサイズ126バージョンも見つけ、これも衝動買いしてしまった。なんともスキーウェア含め、新年早々高額な出費をしてしまった。



昔はブリキ缶に入っていたが、今はソフトケースである。


 そこで今日は管理人が幼少時代から見てきた山ストーブ(ラジウス)の思い出をご紹介。

 このマナスルストーブはメイドインジャパンの純国産のストーブで、燃料は安価な灯油である。管理人が他にも所有する海外製品(ホワイトガソリン仕様)のメーカー、スベアやオプティマスなどの海外の灯油ストーブをベースにし造られた国産灯油専用ストーブだ。記事によると発売は昭和32年・1957年とあった。ちょうど管理人の年齢に等しい時代をずっと生き続きている。そんなマナスルにさらなる愛着が沸く!!

 管理人は本格的なアウトドア体験は1966年頃、小学校5年生でカブスカウト(中学からはボーイスカウトに昇格する)のキャンプが最初であった。当時のテントは分厚いデニムの様な生地で三角テント。支柱は重たい材木で、友綱、張り綱とか太い紐を使い設営した。雨水を流す樋のような溝も、地面に掘らねばならなかった。一雨降ろうものなら、ただでさえ重いテントは、もう持つ事が出来ないくらいに重くなったのを思えている。小学校六年で参加したボーイスカウト東京73団・静岡県下田爪木崎キャンプでは、バス停からテント場まで結構な距離を、管理人が共同備品を運んだ。その方法だが、デニムの超でかい袋に、テント、グランドシート、大鍋、ストーブ、テント支柱など、あらゆる備品を詰め、前に一人、後ろに一人を擁し、昔の籠屋の様にそのズタ袋に棒を通し前後で担いで移動するのだ。管理人は後ろの係を任されたと記憶している。そういった意味では今の装備は夢のようなだ!!

 そんな中、コンロ事情は・・・と言うと、大抵は固形燃料なる現在でも売っている、赤い缶の中に、固形のアルコールみたいな物が詰まった物が主流だった。今のガスコンロに比べると火力は格段に弱く、炎もあまり見えなくて、ついているのか消えてしまったのか、判り辛かった。当時テント泊などでは個人装備として一缶の持参をお願いされた。これらは中学時代のワンゲル部でも同じであった。まだまだ個人所有での灯油ストーブは高価だったのだろう。小学校、中学校時代に共同装備品として威力を発揮したのが、今回衝動買いした灯油ストーブ群だった。山中で先輩方がこれらのストーブで湯を沸かしてくれたのには本当に感激だった。今のカップ麺の走り、日清チキンラーメンはこのお湯で山中で食することが出来、今でも美味しかった記憶が甦ってくる。この頃スベア123のようなホワイトガソリン仕様のコンロもあったのだが、高価だったのか?扱いが危険だったせいか判らないが、ほとんどガソリンで使用しているシーンは記憶に無い。

 しばらく時は流れ、1980年代に入ると、管理人も本格的にアウトドアを再開し、沢などに通うようになった。1985年に開発・販売されたガスコンロ(現在はほとんどこれが主流)、イワタニプリムス2243を即刻購入し、使い勝手の良さに、管理人もほとんどこのガスコンロ派になっていった。しかし1987年頃から通い始めた青森県白神山地のゴールデンウィークに雪中山行でのキャンプでは、火力がまったく上がらず、コメも炊けずで、散々な思いをしたものだった。現在は寒冷地仕様などのガスボンベがあるので、こういった事は起きにくい様であるが、当時は真冬の様な外気温では、まったく使えるものでは無かった。当時、まずガスボンベを温めるお湯を気長にコッヘルで沸かし、沸いた湯の中にボンベを浸し、使った事もあった。
 それ以来寒冷地では全く用をなさないガスコンロに見切りをつけ、管理人はガソリンストーブ派になっていった。現在何台かは当時のマシンが残っているが、過去に購入したのは、MSRウイスパーライト2台、コールマンピークワン2台、MSRGXK、スベア123r、オプティマスノヴァ、計7台。そして今回衝動買いのマナスル2台である。



1月13日、初詣兼ねた大山登山にて山デビュー!!


 過去7台液燃料ストーブを購入したが、残っているのは上記写真の4台である。しかし最近一番火力が強く、使い勝手も良かったMSRウィスパーライトも、燃料パイプの接合部分から燃料漏れが発生し、いろいろ修理を試みたが、漏れは止まらず、使用を断念した。もう一台あったライトは燃料パイプ部分が金属で出来ていて新しいタイプであったが、こちらは10年くらい前に接合部分の溶接が折れて、使い物にならなくなった。コールマン2台はすぐにダメになった記憶がある。コールマンはあまり良い印象は無いのだが、弱火が確か得意だった点は評価したい。金属部分に錆とかの発生も多く全体に作りがヤワだった。(燃焼比較ページはここ)
 
 やはり、最近の燃料ボトルが別タイプは、それなりに良く出来てはいるが、繊細な作り部分も多く、接合部分が壊れてしまうと、修理も出来ず廃棄処分にするしかなくなるのが実情である。そんな中、一体型のスベア123rは本当に元気だった。先日の大山でも、マナスルと比較するために持ち込んだのだが、まったくもってマナスルに引けを取らなかった。むしろ火力では勝っていた様だ。
 ちなみに管理人はホワイトガソリンはJXエネルギーが出している18リットルで5000円くらいで売っているものを使っている。かれこれ危険だが10数年近く使いきれず、家の片隅で保管しているが、劣化はまたく無く、先日の大山でのスベア123rでもきれいな炎でバリバリ燃焼してくれた。山のメンバーで分け合って購入すればかなり安くホワイトガソリンが入手出来るのでお勧めである。
 これからは少し重たいが、修理が可能な、スベア123rや、マナスルの様な一体型コンロを山に持ち込もうと、またまた液燃ストーブオタクが再燃してしまった管理人だった。これらを使うと、もうガスコンロには戻れない・・・そんな魅力・魔力を備えた真鍮製ストーブ達だ。

★・・・意外と書かれていないマナスル使用の注意点・・・★
 ●燃料を多めにセットして山中に持ち込み、高度の高いところで栓を開けると、気圧の差で燃料が吹きこぼれました。下界での燃料は少なめ、もしくは空にして山に持ち込み、現地で入れるのが良さそう。
 ●同様にバーナー部をセットしたまま、河口湖山荘(標高1000m)に向かったら、気圧の関係で車の荷台でかなり灯油を噴き出していた。車の移動でも、バーナー部は外し、キャップできちんと閉じての移動が良さそう。
 ●あと、大山山頂はほとんど風が無かったが、時折吹く微風でもけっこう火が消えた。煮炊きする場所の選び方、風よけ板などの使用も考えた方が良いかも・・・後の使用感、見た目感などは文句無しでした。 



蓑毛からの登山道途中にあった、女人禁制の碑
裏には「弘化二年」の刻印が・・・調べると1845年である



大山山頂より横浜方面を望む。天気は最高でした。


● 後日談 ●
 現在1月17日午前11時50分。仕事の合間にダメ元で新宿東口にある石井スポーツに寄ってみた。まだ持っていないマナスル121をあるはずも無いのを承知で見に行った。すると何とも驚くことに96と121が売り場にあったのだ。黒いソフトケースに入った状態でひっそりと置かれていた。あわわわ・・・やばい!!財布には買えるだけのお金はある・・・考えれば一番使い勝手の良さそうな121である。意を決し、自分への褒美・山人生におけるストーブ最後の一台とし、121バージョンも購入してしまった。これですべてのシリーズが揃ってしまったのだ。121は容量的、重さ的にもちょうど良い感じだ。96は単独行で焼酎お湯割りのお湯、ラーメンなどの作製用。121は2~3人で鍋とか煮込みうどんなどを作る時、GWあたりの涸沢で一人テント泊で、暖房兼ねて121は良いかもしれない。126は冬山にパーティーで入るときの、大鍋宴会用・・・。そんなシチュエーションを思いながら、この3台をどんなシーンで使おうか考えるだけで、つまみになってしまう。

 ところで今回の121には仕切り版が入っていなかった。ケース内を仕切るプラスチック板なので、ストーブの使用にはまったく問題はないが、ネットにも仕切り版が無かった・・・という書き込みがあったので、スター商事(販売代理店)に電話をしてみた。「僕が使っている96には仕切り板があるのですが、今しがた買った121には仕切り板が入っていませんが、121は仕切り板は仕様として無いのですか?それとも欠品?」
 スター商事さんからは以下の納得いくご回答でした。「最近出荷されたものからは仕切り板は付いていません。今後の物は仕切り板は無くなります!」・・・欠品ではなくもう仕切り板は無くしたそうである。ならば納得!!あともう一つ質問。「昔はかなり品薄だったそうですが、今は石井スポーツさん吉祥寺店、新宿店でも置いてあったので、かなり出回っているのですか?」 回答・・・「マナスルは今でもなかなか入手困難な状況です。製造数が少ないもので・・・。お店にあったというのはラッキーですよ!!」という事でした。やはり現在でもなかなか手に入りずらい商品の様でした!! 



本日入手したマナスル121。仕切り板はありません。

最新の燃焼実験結果はこちらもご覧ください!!




TOPへ