オプティマス・スベア123rの不完全燃焼解消メンテ報告
ラジウスシリーズ その2
2019年 2月21日・2020年6月20日

最近液燃料ストーブ・ラジウスにはまっている管理人



2019年2月 不完全燃焼のスベア123R


 昨年、大月の高川山に行った時に、低山を楽しむならば、せっかく持っている古き山ストーブを持ち込んで、美味しい酒の肴を調理し、道具と食材を楽しもうという事で、30年くらい前に購入したスベア123rをお供に山に持っていった。
 ほったらかしにしておいた割には、きちんと?点火し火力もまあまあであったが・・・しかぁ~し・・・ゴーーーと勢いよく燃えている割には、炎の半分以上が真っ赤である。鍋の底にもススが付着する。どうも不完全燃焼をしている様子だ。その時点ではニップル(ガソリンが噴き出る穴が開いている部品)を洗浄すれば、きれいな青い炎に簡単になるだろうと、安易に考えていた。帰宅後、ニップルをはずし洗浄してみるも、ほとんど変化は無かった。
 以前写真にあるMSRウィスパーライトも、不完全燃焼がひどくなった時に、新しいニップルに交換したら完全に直った経験があったので、アマゾンで安い部品4点の新品を購入した。その4点とは、ニップル、クリーニングニードル、ウィック、そして消耗品のグラファイトパッキンである。ガソリンを吸い上げる糸を束ねたウィックもかなりボロボロになっていたので、ちょうど良いタイミングで交換できた。
 4点を新品に交換し期待して着火!!、でもでも赤い炎はほとんど改善されることは無かった。涙;;
 えッ!!てなもんで、この他に何をしたら完全燃焼するのだろうか・・・と途方に暮れた。ホワイトガソリンも購入し10数年が経っているので、ガソリン自体の劣化を考えたが、オプティマスノヴァで点火すれば、青い炎で勢いよく燃焼するのを見ると、ガソリンの劣化でも無さそうである。

 そこでヒントになる123rのメンテナンス記事は無いかと、ネットをくまなく調べ、読みあさった。そして大いなるヒントを与えてくださったのが、この記事であった(家主さん有難うございました)。クエン酸による各パーツの洗浄である。どの程度落ちるのかは半信半疑であったが、近くのドラッグストアで、掃除用に売っていたクエン酸液を買ってきて、クリーニングニードル、タンク以外をすべて溶液に8時間浸けた。

 その結果何とか不完全燃焼から脱することが出来たようだ。また、かわいいやつが生き返った!!



新品のスピンドル(左)とギアの欠けたもの


 上記の報告から1年半が経った。本日は2020年6月である。その後スベア123Rは順調に動いてくれていたが、2019年12月、刈寄山登山時にこのスベア君、火を消そうとノブを回しても火が消えなくなってしまった。水をかけ、無理やり消すと、生ガソリンが湧き出てくる始末。どうもタンクとニップルのジェット部分がきっちりと閉まっていないようだ。普通はクリーニングニードル調整で直るのであるが・・・

 帰宅後何度がクリーニングニードルの位置調整をするも解決しなかった。もうあきらめてほっておいたが、コロナで自粛の昨今、暇を持て余しダメもとで解体してみた。するとなんとバルブスピンドルの先端のギアが金属疲労で欠けてしまっていた。一昨日、速攻アマゾンより1200円でバルブスピンドルを購入・交換。やったー!今度はきちんと消火出来た!!
 上記掲載写真の通り、消化の際に右、もしくは左に回し切った時に、あまり力任せに締めると、折れてしまう可能性があることを学んだ。もう30年くらい前に買った商品で、金属疲労もあったのだろう。あまり紹介されていないアクシデントだったので掲載。ご参考まで・・・

 またしばらくは現役で頑張ってもらう、スベア123R君・・・。やはり真鍮で出来たストーブはいいですね。絵になりますぅ!!



2020年6月 青い炎となって、完治したスベア123R。
また一緒に山に行こうね!!


最新の燃焼実験結果はこちらもご覧ください!!




TOPへ