ミタさんからの手紙。
奥秩父・滝川林道 釣橋小屋-雁峠間調査報告。
2019年10月5日
釣橋小屋跡地
背後に倒壊した小屋と朽ちた吊り橋


1993年6月2刷り・山と渓谷社発行のガイドブック
付録地図にはまだ滝川林道の表記があった。





 9月14日、前回報告の通り、奥秩父の滝川林道の調査を、埼玉マタギことミタさんに引率してもらい、無事たどり着くことが出来た。釣橋小屋までは、想像以上にしっかりとした踏み跡が健在であることが判り、その先の雁峠までの古道の存在が大いに気になる管理人であった。そんな中、10月5日、ミタさんが単独で、雁峠までの廃道調査にトライしてくれた。強靭な体力を持った彼だから、日帰りで踏破でき、すばらしい写真、ならびにメール報告をいただいた。なかなか見ることのできない、滝川林道奥地の写真を、興味ある皆様に是非見ていただきたく、彼から許可ももらい、こちらにアップさせていただいた。
 以下、彼からの滝川林道報告をご紹介。

庄野さん

おはようございます。

昨日、予定した通りのルートで歩いてきました。

1470m付近からトラバースをして、滝川林道があったらしいところをトレースしましたが、全般に道型があったと思ってもすぐに消えて無くなってしまいました。獣道なのか?と思うところ多数でした。

途中、ほぼ崖なところに道があったらしいですが、クライミング的にトラバースで辛うじて通過しました。久しぶりな危険度でした。

ロープを出したりアイスハンマーにしがみつきました。

出会いの丘のおじさんによると、滝川林道は危険なため、桟橋など全て壊して人が通れないようにしたらしいです。おじさんが管理事務所の所長さんから5年前に聞いた話だそうです。

たしかに桟橋の名残が著しく少ないと思いました。
そのおじさんは今70歳です。滝川林道を遠足で歩いたそうです)。


雁峠手前のブドウ沢は、湿原のようになっていて、とても素敵なところでした。1日でひと回りして久しぶりにヘロヘロになりました。

(思ったのですが、ブドウ沢は、奥秩父でも昔の渓相を留める数少ない沢。といったところでしょうか。地形がなだらかで濁流になりにくく、苔が失われていない沢でした。原頭部はとにかく美しかったです。)

( )内の内容は後日のメールにていただいたものです。
※写真にはGPSでの位置情報も入っていますので、大変に参考になりました。ミタさん、貴重な資料ありがとう!!(地図情報を見るには、ワンドライブ画面右上のiマークに〇が付いた部分をクリックしてください)



すべての写真を見る
 Photo by Mitamura




TOPへ