荒川源流・滝川流域の廃道を行く。
雁坂小屋へご挨拶
2019年9月14~16日
背後に倒壊した小屋と朽ちた吊り橋



昭和初期の荒川源流域のマップ。
今では廃道になった登山路が記されていた。
クリックで拡大表示します。


 1998年、甲州(山梨)と武州(埼玉)を結ぶ雁坂トンネル(6625m)が開通した。管理人は1975年頃より、甲州側の三富、西沢に魚釣り、四駆遊びによく通っていたので、雁坂トンネルが存在しない国道140号線を知っている。確か西沢渓谷入り口付近で道は行き止まりになっていた。その後トンネル工事が始まり、西沢の先にループ状の橋脚が徐々に出来上がっていく工事現場は山深いこの地では、異様な光景に映っていたあの頃を鮮明に覚えている。以前のこの周辺は車も少なく非常に静かな場所であった。ウィキペディアによると1988年より工事を着工し、10年で開通に至ったようである。現在では国道140号線として、埼玉・山梨を結ぶ重要な交通の要所となり、大型のトラックなどが日夜多数行き交うルートとなった。

 今回の話の舞台は、さらに時代はさかのぼり、このトンネル上部にある雁坂峠を分水嶺とし、流れ出している荒川源流域滝川周辺に、大正時代から昭和の初期まで活躍した山道、仕事道を、訪ねてみることとした。上記地図は昭和22年印刷とあったが、国土地理院発行の五万分の1「三峰」の地図である。見ると埼玉県側からの道路は、川又までしか付いておらず、古い昔を読み取ることが出来る。さらに地図には川又集落より、入川右岸沿いに付けられた、このHPでほぼ完全調査を完了し掲載している「荒川林道」の記載も見えている。

 今回、今ではすっかり廃道となり、行く人も途絶えてしまった「滝川林道」をトレスした。まずは現在でもしっかりとした登山道として存在している黒岩尾根登山道を利用し、途中から地図にあるように破線で示された昔道、「滝川林道」(廃道)を利用し、釣り橋小屋までを調査。さらには笠取山近くの雁峠に抜ける山道が存在した様だが、こちらは機会があれば調査してみたいと思っている。今回はこの廃道を歩き、釣り橋小屋までを目指す日帰りの山旅である。
 まずは以下に前回の古礼沢遡行で掲載した、マップを流用し今回も掲載した。


荒川上流部 概念図(クリックで拡大表示します)


滝川水系源流部地図


 真夏の猛暑も一段落した9月14日、先日古礼沢でご一緒したミタさんと、またまた出会いの丘で待ち合わせ。今日は念願の釣り橋小屋までの、古道を案内してもらう手はずになっていた。この日はミタさんの息子さんもトレーニング兼ねて参加してくれた。天候にも恵まれ、6時半頃出会いの丘を出発。ルートは途中まで先日も歩いた黒岩尾根登山道を利用する。まずは豆焼き大橋を渡り、雁坂トンネルを作るにあたり開墾されたパイロット道を進む。30分も登ると道も狭くなり、登山道となった。

 登山道に入り10分もすると、滝川林道への分岐地点に着いた。現在は廃道とはいえ、この辺りは釣り人、沢屋さんが入渓するせいもあり、踏み跡ははっきりと付いていた。この滝川林道は想像以上に道型はハッキリしており、廃道とは思えないほどのハッキリとしたものが未だに残っているのが確認出来た。
 釣り橋小屋への下降が始まる場所までは、約3時間近くがトラバース道となって、滝川上部斜面をうねうねとほとんど同じくらいの標高に道は付けられていた。急峻に切れ落ちている個所も多々あり、そこを通過するときはそれなりに緊張した。落ちたらアウト的な個所は沢山あった。台風の後だったので、倒木も心配であったが、思ったより倒木は少なかった。

 広い尾根部分に出ると、その先で急峻な斜面に付けられた九十九折れ道を、慎重に下ると、そこには念願の朽ちた吊り橋と、崩れ落ちた小屋があった。ここが以前は栄えていた釣り橋小屋の地であった。さらに道を探せば、笠取山方面にも登山道があったはずであるが、今回はその部分の調査は、時間の関係もあり行わなかった。

 まだまだ健在であった滝川林道の釣り橋小屋までの古林道。富永滋著「奥秩父・奥多摩の古林道」 によると、この小屋からブドウ沢に沿って雁峠まで向かう廃道部分は、道型もあまりハッキリとしていない様であるが、一度是非歩いてみたいルートである(なおこの著書はすばらしいの一言で、古林道ファンは必読の書である)。
 この日は日帰りで車に戻り、ミタさん家族とお別れした後、牧丘町のはやぶさ温泉で汗を流し、翌朝までオートキャンプと洒落込んだ。明日は久しぶりに山中ゴローオーナーに会いに、雁坂小屋を訪ねる予定である。
 日本武尊の時代から人々が行き交っていたらしい、雁坂峠。戦国時代は武田信玄の軍用路に利用され、明治、大正、昭和と、炭焼き、鉱山、狩猟などなどで、多くの人々が行き交った雁坂峠、ならびに周辺の尾根道に渓道。ここはロマンが凝縮した山域なのである。
・・・雁坂小屋報告につづく・・・



出会いの丘より豆焼き大橋を渡る。



雁坂トンネル脇パイロット道をしばらくいく。



黒岩登山道と滝川林道分岐点。



広々とした尾根部分に到着。以下の看板を発見!!



以前は人の往来も多かったのであろう。



ここにあった古き看板。横書きが右横書き、字体も古い。
おそらく昭和20年以前からあったものではないか・・・



釣り橋小屋に向け急峻な斜面を下降する。道型はあった。



下降地点の滝川



上流を見ると朽ちた吊り橋の残骸があった。



真下より吊り橋残骸を撮影。



倒壊した釣り橋小屋。この先から雁峠に向けた登山道があったはず。



帰路急斜面の登りを撮影。
雁坂峠報告を追って編集いたします。


翌日は雁坂小屋を久しぶりに表敬訪問!
こちらをクリック!雁坂峠写真です。




TOPへ