長かった梅雨時期の思い出
2019年6月~7月24日
土砂降りだった尾瀬散策


 ここ2年をかけ準備した、高校の同窓会大会も無事6月9日終了した。苦労して企画、準備をした甲斐もあり、来場者数も過去開催の大会に比べ、最高動員の大会となった。副実行委員長という役職も終わり、さあ、これからは思い切り山に行こう!!と思ったものの、関東地方はこの日6月9日より梅雨入りしてしまった。
 その後、ご存知の通りの、太陽が恋しくなるほどの長雨が東京では続いた。6月30日に勝負をかけ、早めにバス予約した尾瀬も、土砂降りの中の山歩きだった。翌週7月6・7日は鳴沢村山荘に掃除に行くも、やはり雨。おまけにまたまた足をダニに刺され、かゆかゆ状態がスタート。ツメダニに噛まれると3週間は痒みが続く。未だに跡がカサブタみたいになってしっかり残っている。ダニはたちが悪い。
 
 翌週13~15日の三連休はかたき討ちに山荘ダニ退治に行くも、3日間とも土砂降りだった。そして21日は今にも降ってきそうな曇天の中、御岳山の裏参道を歩いてきた。メインはレンゲショウマ観察であったが、まだまだつぼみ状態で、花は一輪しか見ることが出来なかった。
 
 今日は7月24日。今日か明日には梅雨明けらしい。いま新宿の空は曇天。でも雨の気配は無いので、明日には太陽がさんさんと降り注ぐことを期待し、この7月を記録しておこうと、久しぶりにHPの原稿を書いている。そうそう、御岳山裏参道にはオオイチョウタケ、タマゴダケが顔を出していた。雨の多かった今年、キノコの豊作の予感が早々と脳裏をよぎる管理人だった。


水芭蕉。まだかろうじて咲いていた。








 そうそう・・・7月21日の御岳山訪問は、レンゲショウマ観察の他に、「山を下りたら山麓酒場」の本にある御岳駅前、「玉川屋」もしくは「東峯園」にてビールするのもテーマの1つだった。
 当日の玉川屋は天候もイマイチなのにさすがに人気店。入店待ちの人たちが行列が出来るほど並んでおり、今回はパス。ここはもう何度も行っているから、良しとした。
 そこで入った東峯園。期待もせずに入ったが、さすが著者・清野氏のセンスは抜群であった!!何ともうなるほど?の絶品の中華店であった。店内もきれいで、料理も安価で比較的ボリューム感もある。さらには女将さん、お手伝い女子の愛想もなかなか良い!!登山帰りのお客さんも多いが、地元の方、仕事帰りの方などで、賑わっていた。殆どの方が、餃子・ビールに始まり、あとはお好みの食事類を注文していた。ここはGOOD!!近いうちにまた訪問したく、御岳行きを目論んでいる。

 さて、梅雨明け後であるが、28日は鷹ノ巣谷あたりに沢登りトレーニング、帰路奥多摩駅前「天益」でビールを予定。8月4日は谷川岳西黒尾根登山トレーニング。11日からの連休には(山の日でもある)、今までの沢登り総決算と位置づけ、いよいよの奥秩父滝川-古礼沢をやる。数年前にブドウ沢合流地点で3重遭難があった沢である。大イワナ?、焚火、にて久しぶりのタープキャンプを満喫したい。8月は盛りだくさんで、頑張りたいと思っている今日この頃であった。



調べてみると東京都での一番の秘境駅なそう。



今日は大楢峠から裏参道を歩きます。
静かで水も豊富で良いコースですよ!!



群生する出たてのオオイチョウタケ。炊き込みご飯にしました。



タマゴダケ発見!!



レンゲショウマもこれ一輪しか咲いていなかった。



御岳駅前、歴史の古い玉川屋。



原全教著書「秩父山塊」28頁 高水三山より(三省堂書店 昭和15年発行)
文中の蕎麦屋とはここ玉川屋。同じ位置にありますね。大正4年創業。




絶品だった東峯園。



半チャーハンに餃子。うまかった!!







7月24日12時10分:新宿都庁脇にて
梅雨明けの予感!!





TOPへ