65歳の嬉・悲しいお誕生会報告。
於 甲州市塩山牛奥/嵯峨塩館 
2020年11月29・30日(12月2日 記)

山深い渓谷沿いにある嵯峨塩館。明治時代よりここにあるそう!



  2020年12月1日のニュースより・・・「菅義偉首相と東京都の小池百合子知事がきのう1日(2020年12月)会談し、政府の観光支援事業「GoToトラベル」の東京発着旅行について、65歳以上の高齢者や基礎疾患のある人を対象に自粛を呼びかけることで合意した。」・・・そうである。

 そんなニュースが報道さた前日の11月30日、管理人はとうとう65歳の誕生日を迎えてしまった。恐れ多くも秋篠宮さまとジャスト10年違いの同じ日である。そしてくしくも今回は誕生日祝いを珍しくも家内と二人、しかもGo To利用で・・・どこかの温泉で、ということで一か月くらい前、11月29・30日にて温泉宿の予約を完了した。Go Toキャンペンで土日はどこも混んでいた様だが、日・月としたため、ネットで簡単に予約することが出来た。

 宿泊先は山屋としてのプライドを持ちつつ、山梨県の甲斐大和駅から大菩薩方面に伸びるルートの途中にある「嵯峨塩館」に迷わず予約を入れた。華美で豪華な宿を好む家内が「星野リゾートに行きたいなぁ・・・」と、たわけた事を言っていたが、山小屋的雰囲気を持ちつつ、素敵な懐石料理でおもてなしいただけるらしいこの宿を変更する気はまったく無かった。
 この宿の発見は今年3月20日、牛奥の雁ヶ腹摺山登山の帰りに、何も情報も無い中で偶然立ち寄った温泉である。その時素朴な中にも、一つしっかりと筋の通ったポリシーと、深山の温泉宿としての理念を、すぐ様に感じ取ることが出来た。その時女将に「次回は宿泊で必ず来ます!!」と申し上げ、この日は日帰り入浴のみで宿を後にした。

 そんな65歳、めでたいような、めでたくないような、微妙な年ごろになった。年金ももらえるし、そろそろ平日も山に登れる生活にしようかと、前向きに思案中である。そんな誕生祝いの報告を少し書いてみたい。まだまだ体力に衰えは感じていない、今日この頃である(若い方々には追い越されているが・・・)。 


なかなか良いことも増えました。5番でやってもらえました。
インフルエンザ予防接種も12月1日に無料で完了。


 2020年11月29日。誕生日1日前の朝6時40分。家内を5時半にたたき起こし、何とか約束だった6時半出発に10分オーバーで自宅がある環八・高井戸を出発することが出来た。秋の中央道は6時くらいからすでに渋滞が始まる。しかしこの日は、前週が三連休だったせいか、はたまたコロナ感染が増加し始めたせいでの自粛か、中央道はまったくスイスイで、渋滞はゼロであった。天気は予報通り快晴!!
 この日の宿、嵯峨塩館受付は14時からで、それ以前に着いても、入館出来ない。ちょうどこの日に合わせ、河口湖鳴沢村にある山荘の修繕に立ち寄ることとした。そして山荘に保管してあるスタッドレスタイヤに履き替え作業も行う計画だ。のんびりとドライブし8時過ぎには山荘着。1年近く割れたままにしていた、浄化槽のマンホール蓋をアマゾンで購入した新品に交換、タイヤも無事交換出来た。その間、家内は散歩&読書をして過ごしていた。

 10時過ぎに山荘を出発し、河口湖湖畔を散策・・・でもきれいだった紅葉はすべて散ってしまっており、すでに木々は冬枯れの景色だった。途中御坂峠にある天下茶屋に立ち寄り、太宰治先生の展示物を鑑賞した。家内は文学部出身なのでさぞ喜ぶかと思いきや「私、太宰さんあまり好きでない・・・!」となんともトホホのお返事。あまり感激する様子もなく鑑賞し終え、天下茶屋の玄関前に現れた。結婚生活スタート当時の想い出と対比すると、家内から発せられる言葉尻に、なんとなく寂しさを感じた。まあ夫婦なんてこんなもんかぁ!!むしろ長年家を空け続け、山に通った管理人に文句を言わず、付いてきてくれた家内に感謝かも知れない。

 勝沼で昼ご飯の日本蕎麦をいただき、嵯峨塩館に14時に着いた。名前を言うとしっかりと予約名簿に載っており、まずは翌日まで有効のクーポン券を6千円分くださった。いざ体験すると、やっぱりお得感ビンビンの「Go To」を実感した。
 お風呂に早速入り、18時からの食事を楽しみに、部屋でチビチビワインをやった。うるさい山の神が脇にいるので、本当にチビチビで16時頃からは昼寝に突入した。
 
 部屋に付属してる外のテラスには山小屋風のテーブルがあり、眼下には日川が勢いよく流れていた。若い頃から、この沢音を聞きながら、渓での寝泊まりが多かった管理人。目をつむると、聞こえてくる沢音が頭の中で過去の想い出と融合し、若かりし頃のいろいろな情景が脳裏に浮かんでは消えていった。人生って早い!!ついこの前26~30歳頃・・・、青森・秋田にまたがる白神山地の渓流を歩き回っていたのに、早35年近くも経ってしまった。
 生を受け、65年目にしてまだまだ元気でいられた事、大病もしなかった事、母親も家内も元気な事。お世話になったすべての方々に感謝だった。



行きがけに寄った山荘のまずは蓋交換。


 
11月8日の河口湖畔紅葉。絶好調でした!!



天下茶屋前から見る富士山。この日は雲で見えない!



太宰先生が滞在した天下茶屋。二階が資料館になっている。



御坂側斜面にまゆみの実が沢山付いていた。
真弓と書き、木は良くしなるので、昔、弓の材料に使われた。



由緒正しい、嵯峨塩館!!



部屋の眼下には日川の渓流が流れている。



山小屋風の重厚な館内。



和洋室の「あけび」という部屋を選びました。



総ヒノキのお風呂。外に露天風呂。



 洒落た談話室もあり、山小屋を思わせます。








 18時からの夕食。想像通りの地場のものをふんだんに使った、懐石料理であった。管理人には、最高に嬉しい品、量であった。ワイン、ビールを注文し、ささやかな誕生会がスタートした。ここの料理の感激な例を一つ申し上げよう。一を聞いて十を知る・・・ではないが、使われているキノコは、ナメコとか、ヒラタケとか簡単に購入・入手出来るキノコではなく、何とチャナメツムタケを使用していた。このキノコは管理人も見つけると舞い上がって採取するキノコの一つだ。モエギタケ科スギタケ属で、ナメコと同じ科・属のキノコで、ナメコっぽいが、コクがあり非常に美味い。料理は一品づつ、女将が素材などを説明をしてくれた。このサービスもなかなか良い!!さらに塩焼きの魚はあえて深山幽谷に生息する希少のイワナではなくヤマメ。これも食味の良いヤマメをチョイスされている点は、料理のセンスに好感が持てた。骨処理?も上高地・嘉門次小屋で有名なイワナ塩焼きに似た処理がなされ、頭からまるごとかぶりつくことが出来た。下処理にも微に入り細に入り、手間をかけている様だ。
 
 話は飛ぶが、ここの住所がGOODなのだ。山梨県甲州市塩山牛奥5532。この住所には「塩山」、「牛奥」が含まれる。管理人が若い、、、中学生の頃、塩山駅と言えば深夜発の登山列車があり、塩山駅下車で大菩薩、はたまた甲武信を目指す登山客で大賑わいの駅であった。さらに「牛奥」・・・宿近くに鎮座する「牛奥の雁ヶ腹摺山」(うしおくのがんがはらすりやま)という山名は日本一長い山名だそうな・・・。牛奥にある雁ヶ腹摺山ということでこの名が付けられた。よってあと二つ、この近くには「雁ヶ腹摺山」という山がある。笹子雁ヶ腹摺山と地名は付かない本丸の雁ヶ腹摺山である。余談であるがこの地名・・・雁(鳥)が山を越える時に腹を摺るくらい高い山・・・ということから名づけられたらしい。牛奥の・・・はこの宿から約4キロくらい大菩薩寄りに入った地点に登山口がある。管理人は今年この3つの腹摺山をやっとこ踏破出来た。そうそう、この日も15時頃、宿前を通過していったバスには下山した登山者が沢山乗っていた。大菩薩周辺、牛奥の・・・辺りからの下山者だろう。
 頭に地名の付かない雁ヶ腹摺山の登山記録←これをクリック。

 想い出含め書きだすときりがないので、最後に料理の写真を簡単に掲載し、ペンを置くことに・・・。来年は平日利用で、オートキャンプしながら全国の山を回るぞ~~!!と、まだまだ元気な65歳でした。


 


 


 


 



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
65歳になった管理人です。でもすこぶる元気!
来年も頑張って山に行きましょう!!


12月26日に66歳になる真代姉さんも頑張ってますよ。
元気がもらえるユーチューブ。♪



スタッドレスに履き替えました。愛車です。




TOPへ