荒川源流/奥秩父・真の沢支流・武信白岩沢
ミタさんチームからの報告。
2020年8月10~12日
メンバー ミタさん・かおる女史

武信白岩沢を遡るかおる女史。


 2020年8月10~12日、山仲間の三田村氏(管理人が勝手に埼玉マタギと呼んでいる、愛称ミタサン)が奥秩父荒川源流にある、入川水系・真の沢支流・武信白岩沢にチャレンジした。今夏は武信白岩沢にチャレンジするとの話を春頃から聞いており、日程が合えば是非参加!!を、と表明をしていた。
 当初計画した7月の連休は、土砂降りの雨と、寒さで延期。そこで今回の日程となった。うって変わって酷暑の中での沢登り、さぞ気持ちよかった事だろう。管理人は平日を含んだこの予定では、仕事もあり休むことが出来ず、楽しみな報告待ちとなった。

 管理人は2014年にこの沢は踏破している。しかし記録にもあるように雨・ガスの中での遡行となったため気温的にも低く、滝の様子などハッキリと調査しきれず。
 さらに途中の滝でカメラを水没させ、お釈迦様に。よって写真もあまり撮ることが出来なかった。そこで今回は、武信白岩沢の滝などを含めた写真撮影、巻道の存在確認のお願いごとを図々しくも申し上げ、それら情報を昨日メールにていただいた。すばらしい調査・探索に感謝であった。

 2014年に稜線に登り着いた時、本来の主稜線を外し、どこかの支尾根に出てしまった(本人は主稜線にある登山道に間違いなく出ると信じて斜面を登った)。当時、濃いガスの中、登山道が無く一瞬頭がパニックになったが、そこには小さいながらも踏み跡がはっきりと着いていた。帰宅後冷静に位置を再度調べ、その踏み跡方向を地図上でたどると、どうもこれは三宝山の山頂を避け、巻く道ではないかと、一つの仮説にたどり着いた。今回はその道を調査してもらう依頼もお願いした(彼自信も今回のテーマの一つだった様だ)。
 結果、GPSプロットにもあるように、管理人の推測は見事に当たり、その小さな踏み跡は三宝山山頂を巻いて、廃道の真の沢林道に合流し、最後は甲武信岳近くの登山道に合流していたそうだ。やはり巻道は存在した。なんだか胸につかえたもやもやが晴れ、本当に感謝だった。

 あとはゴルジュが終わった後に広がる日本庭園の様な中間点に、テンバがきっちりあるかも知りたかったが、想像以上のみごとなテンバが繰り広げられていた。
 今回はキャンプ編と遡行編の2つのファイルで掲載した。あまり紹介されていない武信白岩沢をとくとご覧いただければ幸いです。
 最後に写真、情報を快くご提供くださった、三田村氏、かおる女史に心から御礼を申し上げたい。
  2020年8月18日 記 



武信白岩沢最大の2段20m滝を直登するミタサン。



やはりあった!!最高のテンバ。木立の位置も絶妙!!



三宝山巻道は存在し、真の沢林道に合流していた。


今回のGPSデータ。マップクリックで拡大表示。


写真は以下に掲載しています。
武信白岩沢・キャンプ編

武信白岩沢・遡行編




TOPへ