雁ヶ腹摺山山頂にて、日の出赤富士に感激!
500円札に描かれた富士を追って。
2020年8月16日

雁ヶ腹摺山山頂からの日の出・富士山


 管理人が二十歳代の頃、有名なCFコピーに「男は黙ってサッポロビール」というのがあった。このCF分析・・・現在のネットによると、以下の説明を発見した。
 以下ネット流用:
 サッポロビールは爽やかで切れ味が特色であり、やや女性的であるとされていました。当時のヘビーユーザーは男性でしたから、男らしいイメージに方向転換させなければなりませんでした。こうした背景で生まれたのが「男は黙ってサッポロビール」。1970(昭和45)年のことです。世界の三船敏郎の起用は必然性があったのです。
 ポスターのデザインは極端なまでに単純化され、ロゴもボディコピーもラベルすらもないのです。テレビCMの音声は音楽だけで、画面には文字だけが流れる「黙った」広告でした。この沈黙の広告は大ヒットし、都市伝説にもなりました。



おーーー、三船さん若い~!!


 今回の雁ヶ腹摺山・・・男は黙って雁ヶ腹摺山・・・と思えるような、例えが違う??多くを語らず、黙って景色に没頭出来たすばらしい山頂でした。多くを語るより、この日の出の赤富士を見よ!!です。この富士山が見たく、真っ暗闇の中、懐中電灯片手に登りました。山頂から富士山方向が草原になっていて、神々しい山でありました。

 8月16日、日の出時刻の登頂を目指し、3つ目の一番の親分となる、雁ヶ腹摺山(1874m)に。(あと二つは笹子雁ヶ腹摺山、牛奥の雁ヶ腹摺山・・・共に登頂済)。500円札で有名な、山頂からの赤富士山を、ご覧ください。
  8月18日記














写真一覧はココをクリック!




TOPへ