外出自粛の日々報告
2020年5月18日 記


  本日はコロナ自粛真っただ中の2020年5月18日(月)。今年の1月まではこれから起こりうる歴史上の大惨事などを知る由もなく、何事もなく平和ボケしたのんびり、マッタリの毎日を送っていた。新型コロナ騒動も、中国武漢での対岸の火事的なノリで、春に向けどこの山に行こうか、はたまたGWは今年は涸沢は止め、小金沢連嶺縦走をやろうか、などなど考え下調べなどをしていた。本当に普通の平凡な毎日だった。しかし、その後コロナ上陸に伴い状況は一変し、過去の生活習慣がすべて吹き飛び変わってしまった。GWもすべて自宅に籠り、東京都の自粛要請をきちんと守っていた管理人だった。

 長年勤めあげたサラリーマン稼業は数年前に引退したので、最近はけっこう暇な毎日を送っている。満員電車に乗る必要もなく、比較的感染リスクは低い環境下にいる。コロナをきっかけに、世間ではテレワークと称し、自宅で仕事をする新しいビジネススタイルが登場したが、管理人はずいぶんと以前から、本の編集、パンフレット、チラシなどの制作作業はすべて自宅のPCでデザイン、編集処理し、ネットワーク経由で印刷会社にデータ手配する、そんな仕事を行ってきたので、コロナが蔓延していても、生活パタンに特に大きな変化は起きていない。
 しいて言うならば、休日に山に行けなくなった事が一番の重大事であった。長いGWに何をして過ごそうか・・・と4月下旬に思案した。その結果、1・・・野菜、ハーブの種まきなどし、合わせてガーデニング作業をする。2・・・家の網戸をすべて張り替える。3・・・山に行けない分、山の本を買って読む。4・・・庭で燻製を作って遊ぶ。とりあえずこの4つのテーマで過ごすことを決定した(本来は英会話をマスターする、など入ればカッコ良いのだが、なかなかそういったアクションは登場しない)。

 結果この4つはすべて有言実行となり、穴の開いた網戸も、すべて新品の様になり、大満足である。燻製も上手に出来、昼中に喉を潤すビールのまたとない肴となってくれた。蒔いた種は現在はすべて発芽し、成長過程に入り、連日楽しませてくれている。
 最後に本の話題であるが、本をチョイスしていると、たまたま3月20日発行の登山家・山田哲哉氏の著書「奥多摩、山、谷、峠そして人」(山と渓谷社)の発行を知り、すぐさまこの本をアマゾンで注文し、むさぼるように読みふけった。
 
 著者の山田哲哉氏は昭和29年生まれ、出身地はお隣の武蔵野市だ。管理人はというと、1年後輩の昭和30年生まれ、小学校5年から現在の杉並区高井戸に住んでおり、時代背景、生活エリアも、氏とはかなり似た環境である。余談であるが廃道のバイブル的な本、「奥秩父・奥多摩の古林道」著者、富永 滋氏も偶然に小学校の6年後輩であった。当時は六年生は一年生の給食の配膳の手伝いなどしたので、管理人は富永氏ときっと給食時にお会いしていたと思うと、なんだか照れてしまう。彼とは情報交換?というより情報をほとんどいただく立場であるが、メールでのやりとりを行っている。

 さて、山田哲哉氏であるが、本にも書いてある通り、小学校高学年時に山と出会い、それ以来中学校では確かワンゲル部、バリバリに中学生としてはすごい山にトライしているのが本によって判明した。管理人はというと、規模はショボイが、1967年小学校6年生で北アルプス燕岳に登頂し、68年、69年と3年連続で燕岳に登った。それによって山にはまり、中学校に入学するとすぐにワンゲル部の門を叩いた。
 そんな昭和40年代、中学校でのワンゲル部活動などなど、地域が同じだけに、行先も大半が奥多摩であり、さらには使用した用具が同じであったり(ポンチョ、固形燃料などなど・・)、今回の本はどっぷりと浸って読むことが出来た。その後違うのは氏は徹底的に山を目指し、技術も習得し、登山家になったが、管理人は高校以降の学生時代は、どちらかと言うと音楽にはまり、登山家の道は簡単に絶たれてしまった(苦笑)。20代前半には山を再開した。ここ二十数年ほどは、氏が開催する登山セミナーの山エリアが、管理人が目指したエリアとかなり似ており、何ども沢の中でお会いし、また雪山でもバッタリ、渓中、山中でご挨拶した事も多かった。

 今回はこの奥多摩の本に感化され、まねっこモードで1968年前後の山の思い出を書き綴ることとした。これから内容をまとめ、後日掲載したいと思っている。 
 と書いたら翌日19日には完成。つたない稚拙な内容ですが中学1年の想い出を読んでいただければ幸いです。(管理人) 

1968年北アルプス燕岳登山と夏の想い出へGO!!




TOPへ