天空より眺める曼殊沙華の絨毯・・・
埼玉県・日和田山・・・とタイトルはしたものの
すべて花は刈り取られていました。涙。
2020年9月24日

真っ赤な絨毯どころか、何も無かった巾着田を日和田山より遠望。

 
 ちょうど3ヶ月くらい前、沢友達の埼玉マタギこと三田村氏(ミタサン)よりのメールに彼が暮らしている「飯能に来ることがあったら、是非美味しい鰻店があるから寄ってください・・・!」と興味をそそる一言が追記されていた。鰻大好きな管理人の脳裏には飯能という土地名と、そんな秩父の玄関口の街にある老舗鰻店のイメージが、がっつりと焼き付いてしまった。店名は「畑屋」というらしい。
 
 そこで機会があれば絶対に訪問しようと決め、タイミングを探っていた。「飯能」と言えば以前、棒ノ折山に登山をした際、埼玉県側に下山し、バスで飯能駅に出た事が一度だけあった。
 飯能以西に展開する山々は、昭文社の山地図では「奥武蔵・秩父」に紹介されている。しかし管理人はこの地図の中にある山は、ほとんど登山未経験なエリアなのである。堂平山に一度連れて行ってもらった事があるくらいだ。あとは東武鉄道が以前主催していた「七峰縦走」に二回参加したが、丘陵地の様な低山歩きだった。以前も書いているが、JR吉祥寺駅にほどなく近いところで育った管理人は、ほとんどが奥多摩であり、わざわざこのエリアまで足を延ばすことが無かったのだ。小田急線下北沢駅を利用すれば、丹沢、箱根の山も近い。

 そんな訳で今回、秋本番の9月24日。世間では曼殊沙華(ヒガンバナ)がちょうど良く咲いている時期と言うことで、飯能駅の次にある高麗駅近くに広がる、曼殊沙華で有名な巾着田を訪ねる事にした。それも天空から真っ赤な絨毯を広げた巾着田を一望しようという計画だ。そして下山後、鰻の畑屋さんを訪問する。

 登る山は登山地図を眺め、武蔵横手駅-物見山経由-日和田山-真っ赤な絨毯遠謀-高麗駅-飯能駅-畑屋と決定した。しかししかし二時間かけたどり着いた展望台からの景色を眺めるも・・・真っ赤な絨毯は・・・まったく皆無!?。コロナの影響で密を避けるため、「巾着田曼珠沙華まつりは開催中止となりました。」そう!!何も花まですべてカットする必要も無いと思う管理人であったが・・・涙・・・。でも重要目的のもう1つである、畑屋さんでのビールと鰻とお酒はすこぶる美味しくいただけた。美味しかった!!ミタサン情報を有難う。帰りはちょうど来た、特急ラビューに乗車も出来、素敵な飯能・小旅行となった。高麗駅前にあった有名な豆腐店のおから、とうふ、納豆も美味しかった!この豆腐店お勧めだ。



生まれて初めて利用かも?の西武池袋駅にて・・・



下車駅の武蔵横手駅。



ずいぶん遠くへきたもんだぁ~♪



ブルースな駅舎



霧雨の中、物見山山頂。



由緒ある「北向き地蔵」さんらしいです。


能書きがありました。コロナの時代にはご利益ありそう・・・



続いて日和田山山頂。



日和田山山頂少し下にある展望ポイント。
マウスを写真にあててみると・・・









高麗駅近くには見ごろの曼殊沙華が・・・。



お勧めのお豆腐屋さん。高麗駅より徒歩2分。


ざる豆腐??美味しかったです!!



さあ、気を取り直し次なる目的地へ!!



うな重(竹)ボリュームもあり美味しかった!!






全体の写真。肝吸いとおしんこ付き。



帰路はちょうど特急ラビューが来て、旅気分を満喫!!




TOPへ