外出自粛緩和シリーズ
奥多摩飲み会/和田峠、驚きの青年との遭遇。
2020年6月6日~14日
6月16日 記
10ヶ月待ちで、昨年8月に納車された愛車ジムニーシエラ。


 4月7日に出された緊急事態宣言も解除され、外出自粛要請もだんだんと緩和されつつある今日・この頃・・・。とは言っても遠出し、昔の様にふるまうのも気が引ける。管理人なりに完全自粛から、徐々に規制緩和の週末をおくることにシフトしようと計画を練った。
 その第一弾は以下の通りである。天気予報では午後からかなり崩れる・・・と言われた6月6日(土)、朝のうち仕事があったが、山仲間が奥多摩登山の後、奥多摩駅前の「天益」さんに寄って久々の汗流しビールを楽しむ・・・という素敵な情報を得たので、13時半にビール・餃子目的で日頃の自粛疲れを癒そうと、「天益」さんに出向いた管理人だった。奥多摩駅前も人通りはまだ少なかった。聞くところお店も2ヶ月間休業だったそうで、5月下旬に馴染みのお客さんだけの入店、という形で営業再開したそうであった。

 14時過ぎ、カウンターから奥の座敷に移動し、店にやって来た山仲間4名と合流、久しぶりの再会・飲み会に、やっぱり予想通り日本酒を飲みすぎてしまった。16時過ぎ、奥多摩駅発ホリデー快速おくたま号に千鳥足で乗り込むも、天気予報は大当たり。飲んでいる途中からすごい雷雨となり、豪雨のためか、電車は2時間は出発できないとのアナウンス。管理人は酔いも手伝い、ガラガラだった座席の一部を拝借し、2時間爆睡!!仲間達3名は駅を再度出て、温泉に向かった様だった。そんなこんなで帰宅は21時近くとなってしまった。しかし思いがけないアクシデントも、自粛疲れも溜まっていたので、良いはけ口となり、久しぶりの楽しい飲み会は無事終了した。これを書いている本日は6月16日。10日間経過しても元気はつらつなので、結構密な?飲み会ではあったが、コロナにはなっていないようだ。


  
自粛中は裏手車庫に畑を作ってトマト・ナスなど植えました。


  
八重山ノイバラの花が開花。花びらは完全なハート型 💛



天益さんもドアをオープンにしての営業でした。


 そして翌週の6月14日(日)・・・どこで何をして過ごそうかとハタと考えた。登山するには13日の予報は土砂降り予報。14日は曇りで何とかなりそうであった。同じ県内ならば移動も可能と言う事になったし、どうしても久しぶりに一泊で山に入りたかった。考えた末、土曜日の天気も悪いので、オートキャンプで一泊で山に入ろう・・・という事で計画を進めた。

 実は管理人も今年の12月から年金も全額もらえるお歳頃になってしまう。嬉しいような悲しいような複雑な心境であるが・・・。そこで来春からは体にまだ体力が残っている内に、仕事はテレワークで出来る本の編集仕事のみとし、全国を車で旅する計画を考えている。全国車旅というより、オートキャンプでもしながら、今までに登れていなかった山々を、時間を気にせず登る。と言う登山主体の全国規模の山旅を目論んでいる。もちろん釣り竿も忍ばせ、全国の渓流の奥地も目指そうか・・・考えるだけでワクワクする企画である。今まで勤め上げた、サラリーマン生活苦労に対するご褒美かもしれない。そんなに先も長くないし(体力的にも)、やるには今しかないと思っている。
 そんな前準備もあって、事前に時間があるときはオートキャンプを、と今年は考えている。それによって必要なもの、必要で無い物、キャンプのノウハウなどが見えてくるかな・・・と思っている。

 今回のキャンプ候補地であるが、以前から人もあまり来なくて、標高・広い敷地があり、無線が飛びそうで車で行ける場所の一つに、奥多摩・御前山~大岳山中間尾根にある、鋸山林道のロケハンをすでに行ってあった。尾根のすぐ下には水場もあり、トイレもある。尾根は標高約1000mあり、無線も飛びそうなロケーションだ。徒歩では何回も通過しているが、車では行った事は無かった。今回はここに是非行ってみようと思ったのだが、13日10時頃に自宅を出るも、ものすごい雨で、奥多摩まで行く心が折れてしまった。そこで出てきたのが、勝手知ったる、陣馬山登山口の和田峠(690m)であった。土砂降りの中、中央道八王子インターで下車し、陣馬街道をひたすら走り、無事和田峠に到着した。


  
土砂降りとあって和田峠には人はいませんでした。
ご覧の通り閉鎖中の茶屋の軒下に車を寄せ、雨除けも完璧でした。


  
つい最近購入したミニロースターで初めての焼き物。


  
オートキャンプを満喫中。あると便利な物が色々と見えてきます。


 和田峠の駐車場には、土砂降りということもあり、車・徒歩の登山者含め誰も居なかった。休業中の茶店の軒下まで車を寄せることが出来、雨除けが出来る一人宴会場は、完璧なまでの場所として確保することが出来た。

 1時間くらいし、持って来たワインがほど良く全身に浸透してきた頃、一人の若いお兄さんが土砂降りの中、自転車で現れた!!山中湖につながる道志みち、奥多摩周遊道路などで、自転車ファンは沢山見るが、この土砂降りの中、標高690mの和田峠まで登り詰めた彼に敬意を表した。陣馬高原下バス停から、何度かこの和田峠まで徒歩で来たことはあるが、結構な登り、距離である。しかもこの土砂降りで・・・若い人は根性があるな!!と尊敬してしまった。
 奥多摩駅・武蔵五日市駅などでは、自転車を解体しショルダーのバックに入れ電車で持ち込み、駅前で組み立てて出発する方をよく目にする。そこでその方に聞いた。「どこから組み立てて登って来たのですか??この雨の中、陣馬高原下からの登りも大変だったですね!!」ド根性に敬意を表しての質問だった。すると・・・「自宅高円寺から来ました!!」・・・な、な、なんとも・・・腰を抜かすほど驚いた。「この土砂降りの中をですか??僕も見ての通り杉並ナンバーです。高井戸からひどい雨の中、オートキャンプ目的でここまで来ました。チャリでここまで来るとは凄すぎですね!!」会話に花が咲いた。これから降りて、高円寺を目指すという。晴れていてもこの行動は無理である。若いって本当にすばらしい事と、心を打たれた出来事だった。
 
 和田峠で何をする訳でもなく、高円寺-和田峠間をひたすら力走すること自体が目的だったのだろう。立川の方を抜けてきたと言っていた。出発準備が整った頃、「1枚この鳥を焼いている写真撮らせてもらって良いですか??」と、ミニロースターで焼いている鶏肉の写真を嬉しそうに撮影し、雨の中、峠を後にした。下山前、こちらもチャリでこの和田峠に土砂降りの中訪れる、というすごいお兄さんの写真を撮らせていただき、ブログ掲載の許可もいただいた。彼の管理人への目線から想像すると、こんな土砂降りの和田峠の軒下で、ワイン・焼酎片手に、焼き鳥を焼いているおやじがさぞ奇異に、珍しく思えたのであろう。お互い、やったことが無い特異なことは、すごく珍しい光景に映るのかも知れない。

 深夜には雨も上がった様で、陣馬山には登らなかったが、コロナの心配も無い美味しい空気を目いっぱい吸い、翌朝5時出発で和田峠を後にした。
 21日は武蔵五日市浅間嶺に山仲間と、28日は丹沢ガイドハイキングを予定している。


  
チャリも「Bianchi」イタリア製だ!!
高円寺(杉並区)から土砂降りの中来たという、青年!!すごすぎ!!
気を付けて帰ってくださいね!!


後日談
 6月23日、この青年からメールをいただいた。別れ際にこのHPの検索ワードをお伝えしたのを覚えていてくださった様だ。メールによると、この日は和田峠を経ち、東京駅まで行ったそうで、美しい夜の東京駅写真を添付してくださった。高円寺に戻るだけでもすごいのに、今度は東京駅までとは、、、改めて驚いた管理人だった。
 写真、あまりに美しいので一枚アップさせていただきます!!お疲れさまでした。 







TOPへ