台風で崩壊した、奥秩父の渓に想う。
2019年発生の小荒川谷の土石流報告。
2020年・春 (5月11日記)
3年くらい前に大荒川谷との合流地点から見た小荒川谷上部

  2019年に発生した台風による大雨の影響で、再び奥秩父・金山沢・小荒川谷に大規模土石流が発生した。長い年月をかけ、この周辺を観察・調査してきた我々にとって、非常にショッキングな出来事であった。あまりにもすごい自然の猛威を知る上でも、記録として残すこととした。
 小荒川沢は40~50年くらい前にも土石流が発生し、本来の美しい渓はすでに崩壊してしまっている・・・とは聞いていたが、かろうじて旧荒川小屋跡の空間、そして孫四郎峠・柳小屋に向かう荒川林道の道型なども部分的には見受けられたが、今回はそのすべてを失ったようだ。

 管理人は2009年、今から11年前より、入川の右岸に明治から昭和にかけて存在し利用された登山道・仕事道である、「荒川林道線」の調査を開始した。現在では国土地理院地図には掲載されていない登山道が、昭和のある時期までは国土地理院5万分の1地図に掲載されていた。数年かけての調査の結果、そこそこの道型が今回取材の、小荒川沢、大荒川沢出合部分まで、続いている事を確認した。ここは昭和初期までは荒川小屋が建っていた場所でもあった。少し上手には妙法鉱山などもあり、歴史の詰まった場所なのである。(今回調査メンバーはこの妙法鉱山跡地も特定し、写真を送付してくれた。)この荒川林道線はちょうどこの荒川小屋跡地で分岐し、西は柳小屋方面に、東は孫四郎峠・雁坂峠に向け伸びている。我々はここ小屋跡に至るまでの林道を整備しつつ、休息場所としてよくこの跡地で野営したのである。
 今回の写真提供メンバーは、ボランティアで荒川林道線を整備に行ってくれた、仲間からの報告だ。しかし・・・あまりにむごい写真に言葉にならない管理人であった。



以前の荒川小屋跡地。右手奥に小荒川沢が流れている。



そんな跡地の一角がお気に入りのテンバだった。


左下に大荒川谷。

   

森の中の素敵なテンバ。水もすぐ裏の小荒川で汲めた。



お気に入りテンバを大荒川谷より見る。


テンバ脇の小荒川沢。


 
そして小荒川谷の現在・・テンバの森もすべてなめつくした土石流跡。
写真にカーソルをあてると、以前の川幅位置が出ます。
奥の山斜面に針葉樹が4・5本写っているのが下写真にも写っています。
よって、同じ場所からの絵なのです!!唖然ですよね!!



これが3年くらい前のほぼ同じアングル写真。



上流部まで土砂は延々と続く・・・



北緯35.91.42.5、 東経138.78.24.7付近



小荒川沢が大荒川と合流する滝上部からの以前の写真。



下は現在。出合の滝は消失しています。
相当な力が加わっている様ですね。
下に見えるのは大荒川谷。



出合の滝は消失。手前が小荒川、奥が大荒川。



奥が小荒川で、手前が大荒川との事だが昔から考えると(写真下)、
どうして出合の滝が無いのか、想像がうまく出来ない・・・



2013年写真。小荒川はこのように滝で大荒川に注いでいました。





 撮影者に再度撮影場所を確認し、やっと信じられない姿の全容を理解した。上記写真は大荒川谷下流から、小荒川沢合流地点があった滝方向を撮影している。そしてこの左の高台こそが、我々がお気に入りテンバとして、野営していた森があった所だそう。
 という事は、上記写真の岩盤の奥の方が、昔の滝になって落ちていた部分の名残で、現在の小荒川は大荒川上流部に、護岸をも削り取り、ルートを変えて流れ込んでいる様に理解した。 
 下の写真は小荒川沢の滝が出合っていたらしき位置から、テンバがあった高台を下流(金山沢方向)に向けて撮影したとのこと。まるで原子爆弾でもさく裂したような、信じられない光景に、再度唖然としてしまった。
 ちなみに今回の撮影メンバーの見解では、土砂は金山沢まで入り込んでおり、不安定な危険個所が沢山あったとのこと。ゴンザの滝上部までは荒れ果てたのでは・・・と推理していた。
 ちなみに大荒川谷下流からテンバ高台を撮影した2012年撮影の風景も掲載した。



右手岩の高台がテンバだったそうだ。



2012年タープを張っているテンバ高台。
街はコロナ崩壊、渓は土石流崩壊、やれやれです。



大荒川谷には被害は無いようです。写真は大荒川谷の
北緯:35,55,00.08  東経:138,46,38.86 付近での撮影



荒川林道線ガレ場に新しいトラロープを設置してくださるメンバー。
山を大切にいたわってくれてありがとう!!




TOPへ