2020年 コロナウイルスの恐怖におののく日々。
2020年1月~2月報告。
都留市(中央道)からの富士山。


  2020年1月13日、年明けという事もあり、早々に大山に初詣に行った。今回のコースは古道として名高い、蓑毛-下社-山頂-日向薬師、という本来の古典ルートを歩いてきた。帰宅後、写真を整理していると、なんと1968年に遠足で登った大山・下社本殿前での集合写真を発見!!早速表紙の写真に登用することに・・・昔の本殿の方が、重厚なウッドで造られており、現在のコンクリート&鉄筋のスタイルに比べ、本来の社としての趣を感じる写真であった。
 
 そんな穏やかな2020年がスタートしたが、まさかのわずか1ヶ月後、コロナウイルス騒動で日本全国、いや世界各国での大騒ぎ事件が勃発するとは夢にも思わなかった。これを書き始めた3月、イベントなども殆どが開催中止、無観客試合となり、最近では人ごみに出かけるのはちょっと勇気がいる。現在は満員電車に揺られる事も無い毎日を送っているので、若い頃よりは人に接することも少ない。そんな混とんとしたご時世になってしまい、こちらも質素に暮らそうと、最近は近場の山、河口湖の山荘で木こりをやったりし、お金をかけずに人のいないところで、静かに週末は暮らしている。
 
 そんな2月28日(金)、家内から自宅近くのスーパーにトイレットペーパー、ティッシュが無くなっている・・・と連絡があった。マスクが無いのは承知していたが、まさか・・・と思いつつも、「では帰りに新宿界隈で買って帰る!!新宿辺りにはまだ沢山あるよ!!」などと安易に答えてしまった。しかし・・・そこには信じられない光景を目の当たりにする管理人だった。 


  
なんと新宿から自宅までの4件すべでペーパー類は品切れであった。唖然!!

   



2020年1月13日下社本殿の写真



1968年木造の下社本殿前にて遠足の記念撮影!


  


  
見晴らし台から見た大山(左)。下山は日向薬師へ。


 3月に入り、自宅に植えている山野草も、春の予感を感じてか、芽吹きが始まっていた。コロナに怯える日々の生活の中で、こういった光景はとっても心温まる出会いである。心の中で「今年も秋まで元気に育って!!」と会話を交わす。草花たちも、春の予感を謳歌しているようだ。

 春の日差しも眩しい3月1日(日)。最近は報告出来るような山旅もしておらず、体もなまりぎみである。天気予報も良かったので、春を探しに高尾山に向かった。コロナに負けないためにも、体力を付けておかねばならない。久しぶりに稲荷山尾根を早足で登った。天気は雲一つない快晴であった。風も無く、あたたかな日である。実はこの日は、城山までの区間にある、南側の斜面で富士山&丹沢山塊を見ながら、多少のアルコールをいただきながら、マッタリしようという計画が大半を占めていた。春を探しに・・・は表向き??であったが、冬枯れの山の中、春の日差しはたっぷりと味わうことが出来た。
 帰路、城山山頂を経由し、日影に下山した。城山山頂も天気が良い割には、人は少なかった。これもコロナの影響だろうか・・・下山後、高尾駅前にある毎度おなじみ山麓酒場「玉川亭」に立ち寄ったまでは良かったのだが、素敵な春の1日に感謝の思いを込め、少々飲みすぎた管理人だった。(苦笑)
 こうして2020年の春山はコロナモンスターに打ち勝つべく、身体の虫干を行い、日焼けで顔が真っ赤になった。新しく購入したiPhone11Pro Maxに搭載したGPSのテストも終わり無事終了した。 


     
丹沢を望み、軽く?アルコール消毒!!


  
城山山頂も人はまばら。


  
帰りは日影に下山。冬枯れだが、日差しは春である。


  
自宅山野草の芽吹き。マムシグサとチングルマ。




TOPへ