まだ見ぬ憧れの小金沢連嶺調査。
コロナウィルス蔓延の日々に想う。
2020年3月20日 (4月26日記)
1977年・43年前の小金沢渓流釣り場にて。管理人22歳の写真。

  これを書きだした本日は、2020年4月26日(日)午前9時。これから綴る巻頭は去年の今頃はこんな事もあったんだな!!と、笑い話で過ごせる日が訪れている事を、切に願い書いている。

 4月7日に新型コロナウィルス蔓延に伴い、緊急事態宣言が発令された。外出を8割減らして欲しい・・・との要請に、管理人も本日含めたゴールデンウィークを、山は一切行かず家に籠ろうと決意している。そんな民衆の決意とは裏腹に、総理大臣含めたコロナ政策が、皆さんもお感じの様に、プリンセス号の対応処理の時点から後手後手に回り、いまや日本国民は政府の愚策と共に心中しかねない危機に直面していると思う。困窮した国民への資金援助、企業への金融支援など、どれをとっても遅く、手続きも難しく、本日現在も何も給付されていない。はたまたPCR検査、抗体検査なども世界各国にすべて遅れをとっており、国民としては自粛はするものの、支援など期待することも出来ず、なすすべがない状態だ。唯一手配されているらしいことが、1世帯2枚の使えそうにない小さめのマスクだ。杉並区は今日現在も届いていない。そんな中、とうとうこんな言い得て妙な、すばらしいポスターまで登場した。
 来年はこのポスターが総理には申し訳ないが、一時でも元気をもらえたパロディーポスターとして、政府の皆さん、国民の皆さんで、本当の笑顔で眺められる日が来ることを祈念したい。





 山関連を調べてみると、GW期間は上高地には入山出来るようだが、涸沢ヒュッテはじめ山小屋・宿泊施設はすべて休業の様だ。また、管理人お気に入りの、上高地バスターミナル直行の新宿発、さわやか信州号も5月6日までは運休とあった。非常事態宣言が伸びれば、さらに運休も伸びるのであろう!!ニュースでも海・山への自粛願いも出され始めた。日本山岳会からも登山自粛要請が発表された。管理人は本当は本日高尾山にトレーニングに行く予定にしていたが、テレビニュースで高尾山混雑時の映像や、中継が沢山されていたので、さすがに行く気力を失った。
 東京ナンバーの車がいじめに遭うこともあるらしい。そこで今日は、ホームページ作成と、昼からは庭でシャケの燻製作りをして、1日を過ごす事にした。

 さて、表題の小金沢連嶺であるが、ここは近くてなかなか行くことが出来ていない、管理人にとっては幻のエリアなのである。南は中央線初狩駅近くの滝子山から派生し、北は大菩薩嶺で終わる山地である。最高峰は2057mの大菩薩嶺である。2000mを少し切るくらいの山々が連なっている。この連嶺の東側には、ほとんど道の無い、葛野川源流部が深い渓を形成し、今ではダムが完成し、なかなか入渓できない渓となっている。管理人は43年前にこの葛野川奥地にあった小金沢渓流釣り場を、渓流釣り練習のホームグランドとしていたので、思い出深い渓なのである。昔走ったダートの林道は今では車も入ることが出来ず、当然のことながらこの渓流釣り場は店を閉じることとなったようだ。

 今回は今後、このエリアアプローチを踏まえ、まずは初春の頃に、地図上にある「ゲート」と記載されている部分が、どの程度が閉まっているかの調査であった。エリアは甲斐大和駅付近の林道から、上日川に向けて伸びる林道ゲートを調査した。結果であるが、地図上に記載されたゲートはすべてクローズであった。よって湯ノ沢峠も第一ゲートでクローズ。そこからは2時間半の林道歩きとなることが判明した。

 県道218号であるが、甲斐大和からペンションすずらんまでは通っており、そのついでにあこがれだった、牛奥の雁ヶ腹摺山に登ってきた。この山は「うしおくのがんがはらすりやま」と読み、日本一長い山名となっている。ここを登ることが出来、切れ切れではあるが、最南端の滝子山、最北端の大菩薩嶺、そして今回真ん中あたりに位置する牛奥の雁ヶ腹摺山、と縦走は出来ていないが、それ相応の風景を楽しむことが出来た。

 帰路、山深い牛奥の地に、「嵯峨塩館」なる歴史ある、山のいで湯を発見し浸かってきた。ここはコロナ終息後には必ず泊りで行こうと、心の日記帳に書きとめ、素敵な小金沢連嶺探索は無事終了した。





218号ペンションすずらん先のゲート

   

湯ノ沢峠に向かう第一ゲート。クローズ。



米背負峠へのゲート。クローズ。


あこがれだった山頂。


 
山頂からの富士山。美しかったです!!

 そうそう!「雁ヶ腹摺山」に関する雑多な話題を紹介しよう・・・山梨県のこの周辺には3つの「雁ヶ腹摺山」が存在する。一番の兄貴分は、この山の少し南東にある「雁ヶ腹摺山・1874m」。さらにもう一つは、中央自動車道笹子トンネルの真上に山頂を持つ「笹子雁ヶ腹摺山・1357m」。今回登頂の牛奥の雁ヶ腹摺山は、「牛奥」という地名にある山、笹子雁ヶ腹摺山は「笹子」にある・・・という事で名づけられている。昔、山を越えようと飛んでいた雁が山が高くてお腹を擦って山を越えた・・・という逸話からきているらしい。
 あと、管理人が学生の頃まで一般的に流通していた500円札の裏面の富士山は、一番兄貴分の「雁ヶ腹摺山」山頂からの富士山を描いたものとして、この山は有名になった。そして前にも書いたが、牛奥の・・・は日本一長い名前の山名なのである。ここは、話題多い、面白い山域なのである。


ご参考までに・・・500円札です!!

場所も近いので手前の同じ山が上記写真に写っていますね!!



創業は明治時代と言う、重厚な感じの嵯峨塩館






窓越しに日川の渓流を見ながらのお風呂でした!!


 2020年4月26日(日)。今日は外出お控え日なので、庭で燻製をやってみた。アウトドア大好き人間にはこんなことでもしないと、自宅待機は辛い・・・。でもって、以前から持っていた燻製キットで、鮭切り身をいぶしてみた・・・熱源は管理人がかわいがっている灯油で燃焼するラジウス、マナスル121である。結構な風があったが、40分の燻製時間の内強めの風で1回消えたが、そこそこ持ちこたえてくれた。40分でなかなか美味しいシャケの燻製が完成した。昼ビールのつまみにしたのは言うまでもない!!外出禁止の時は、燻製作り、ガーデニング、夏野菜の種の植え付けなどなど、自然と対話できる遊びで過ごしたいと思っている。



熱源はお気に入りの灯油ストーブ・マナスル121.



桜のチップを入れます。この倍以上必要でした!!



スモーくん。なかなか良い感じ!!



今が旬の山野草「ヒメシャガ」



タラの木もこんな感じに成長!!



何と地植えマムシグサがやっとこ芽吹き発見!!



完成の鮭燻製!!



昼ビールで最高の肴であった!!



すべての写真を見るはココ!!




TOPへ