日帰り山さんぽシリーズ
期待した展望はほとんど無かった・・
高尾山南稜・草戸山(365m)をさんぽしました。
2020年8月23日



 里山さんぽの第二弾。高尾山南稜にあるコースを歩いてみることにした。このコースは「日帰り山さんぽ」の本には載っていないが、近くの里山的な場所で存在は以前から良く知っていた。しかしながら何故かまったく手付けずのエリアであった。
 高尾山本体は、十数年前自営で仕事をしている時、週に4回はトレーニングで高尾山をピストンしていた。仕事の合間をぬって、時には早朝、時には午後から、夕方から暗くなるまでを夕涼み兼ね登ったこともあった。そんな事を2年以上続けたので、高尾山本体は300回以上は登った。にもかかわらず本日挑戦の南稜は取り付き場所も同じくの高尾山口駅であるのに、まったくの未開拓ルートだった。
 
 このルートは高尾山口駅前脇から、すぐに尾根に向かう道に入ることが出来る。写真にもあるように駅前の住宅庭にでも入って行くような、細い家の脇道を登ってゆく。尾根までも10分くらいで到着するほどの近さだった。目指すは草戸山(365m)だ。地図で見ると城山湖のすぐ脇にそびえ立つ山頂なので、さぞ景色も良かれと期待したが、山頂からはほとんど展望が無く、ちょっとがっかりの山であった。さらに山頂から来たルート以外を目指すとなると、突然交通の便がかなり悪くなるのと、それを避けるとかなり歩く羽目になるので、今回は来たルートを戻り梅の木平に下山した。梅の木平までの登山道がきっちり整備されているのか多少心配であったが、ガレているところにはきちんと整備が入り、まったくもって問題の無いルートだった。
 
 距離的には十分におさんぽコースなのであるが、意外や想定外だったのが、草戸山までのアップダウンが想像以上であった点である。一見なだらかな尾根に見えたが、そうは問屋が卸してくれなかった。真夏の酷暑の中なので、体中から汗が吹き出し、けっこう大変であった。
 山頂にはテーブル付きベンチ、雨も避けられるあずま屋もあり、高尾山山頂の様な混雑はほとんどない、静かな山頂である。山仲間と山ごはん兼ねて来るにはうってつけかも知れない。
 そんなこんなの高尾山南稜散策。ここでも暑さでバテバテになった管理人だった。
 帰路、高尾駅前のサイゼリアにて、生ビールで喉を潤したのは言うまでもない。最近ファミレス飲みにはまっている(安くてメニューが豊富)。 



人も少なかった高尾山口駅。






こんな民家横から入山。



わずか10分くらいで尾根に取りつきました。



のっけからアップダウンが始まりました。



落葉樹のきれいな森でした。



 さらにアップダウンは繰り返しました。



草戸山山頂です。









山頂は唯一南東方向に多少の展望がありました。


無事、梅の木平に下山しました。







TOPへ