日帰り山さんぽシリーズ
三浦半島/京急長沢駅より
三浦富士(182m)・武山をさんぽしました。
2020年8月30日

富士山山頂からの南方向の展望


 8月22日のお散歩報告でご紹介した「清野 明著 日帰り山さんぽ」に紹介されている、「三浦富士」なるハイキングコースに本日チャレンジしてみることに。連日の酷暑で、山頂まで片道3-4時間かかる様なまともなお山には、暑さ含め行ける体力・自信がない今日この頃。そこで今夏はもっぱらお散歩、ハイキング的な山を選び、登山もどきを楽しんでいる。

 そうそう、「暑さでの体力・自信無し」に至った体験談をまずは・・・
 今年7月12日登山の大月・高川山。梅雨時期とはいいながらも7月では稀であった暑い夏の日の登山となった。照り付ける太陽。高い気温。この日始めて登山中の大汗で、持参タオルが大量発汗の汗を吸い、絞れるような状態となってしまった。しかも下山まで10数回はタオルを絞って使った。もちろん脱水症状・熱中症回避のため、相応の水分も補給した。
 
 この山行を境に大量発汗する登山の日々がスタート。ほぼ毎回このような状況だった。そして怪奇な症状として、必ずと言って良いほどこの頃から下山後のビールタイムで、自分の話す声が耳の中で反響し、自分の発する声がよく聞き取れず、うまくしゃべれない状況が続くこととなった。今回も食事、つまみを注文する際、自分の声がうまく聞こえなかった。ウエートレスさんにお詫びをし、ゆっくりしゃべった。今年、夏以降の山では下山後必ず言語障害?になる。これは変だ・・・と調べると、「耳管開放症」という病気の一つであることを最近知った。リンクのHPに書いてある通りの症状である。また、原因には「激しい運動などにより脱水状態となった場合としっかりと書いてあった。毎回1時間くらい飲み食いしていると治るには治るのだが・・・。
 
 山から帰宅後の夕食時もボーーーっとしており、暑い中歩くのは、水分を補給しているつもりでも、身体は脱水現象を起こし、全体にかなり負担がかかっているんだな、と熱中症予備軍であった自分を反省すると共に、重症化する一歩手前だったことを自覚する出来事だった。この体験により、お散歩に徹した8月を送っている。お散歩程度でも発汗が多い時は、下山して少しの間は、言語発生が厳しいのが現状だった。



清野 明氏著:日帰り山さんぽ



携帯のGPS地図より三浦富士
部分をスクリーンショットしました。


 さて、本題の三浦富士に話を戻そう。
 全国には〇〇富士と命名されている山は沢山あるのだが、まさかずばり富士山という山が存在するとは、まったくもって知らなかった。山さんぽの本によると、「読み方はフジヤマ」と読むそうだが、漢字解釈は同じである。しかも行ってみると山頂には浅間神社の奥の院が祭られていた。かなり本物富士山を意識しての命名のようだ。
 標高は182.9m。京急長沢駅下車にて登山?お散歩開始である。けっこう登山と言った雰囲気で、山頂直下部分はかなり急できつかった。

 初めての三浦半島の先っぽまで来た管理人。山に入ってすぐに感じたのは、植生が違うなぁ・・・だった。白っぽい肌で、つるっとした品の良い木が沢山生えていた。調べてみると「樫の木?」らしいのだが、奥多摩とか、丹沢にはあまり見ない光景だった。
 フジヤマ山頂直下はまさか・・・と思えるくらいの急登で、たかが180mくらいの標高のお散歩・・・となめてかかったら大汗をかいて、またまたタオル絞れる状態になってしまった。景色は一部多少の木が邪魔するが、ほとんどぐるり見ることが出来た。夏はやっぱり海だなぁ~!!、と加山雄三の光進丸の歌を一人口ずさんでいた。



ずいぶん遠くへきたもんだぁ~♪



団地の中を登ります。



団地から登山道に入ると、すでに海が・・・!



白っぽく品の良い木々が沢山!!



ネットを読むと樫の木らしい?



フジヤマ山頂には浅間神社お祀りがあった。






山頂からのぐるり展望写真です。











 フジヤマ山頂から次なる砲台山までは多少の下降はあるものの、のんびりマッタリした平坦な道が続いた。砲台山はタイムスリップした気分になった。管理人が生まれた僅か10年ちょっと前までは、ここに高射砲が備えられ、飛んでくるアメリカの飛行機を迎え撃ったと思うと、国・本土を命かけて守ってくださった大先輩方にひざまずいてお礼を申し上げたい気分だった。今の平和な時代に慣れ、幸せボケしたおやじが背筋を正した瞬間だった。砲台脇には多数の穴があり(写真参照)、昔は中が弾薬庫、防空壕など兵隊さんが、隠れる場所となっていたようだ。覗くと奥が深そうな穴も見受けられた。

 その後武山に向かい、海の景色とお別れし、下山開始。武山の展望デッキからは大島もハッキリ、大きく、よく見えた。日頃山からはなかなか見えない景色だった。
 帰りは京急の津久井浜駅より電車に乗り、山麓酒場?山麓温泉?を目指し、結局山麓でも何でもない、「海辺の湯」という、フェリー乗り場脇にある温泉にたどり着いた。もうここは最高点をあげたかった。なんせ、これだけ揃った温泉設備で入浴料880円(休日なのに)。入っている食堂、どれもボリューム感ある磯料理が安いの何のって!!お風呂からの展望も最高で、久しぶりにパーフェクトなお散歩(登山)を味わえ、夏休みっぽい最後の週末を満喫した管理人であった。またここには絶対に来るぞ~!!(山でなく海のこの温泉に・・・苦笑)
 三浦半島・・・東京からも遠くなく、遊べますね・・・!!

 ※ちなみに来る時は判らないのでタクシーで久里浜駅から1100円でしたが、無料送迎小型ワゴンが走っており、帰りは無料で駅まで行けました。駅から来る時も送迎OKとのこと。施設に電話なりするとお迎えが来る時間が判るようです。






砲台の跡。周りの穴は昔は弾薬庫、防空壕入り口などになっていたみたいだ。



穴によってはふさぎ切れていなく、奥がありそうだった。



武山展望台。ここは車で来ることが出来る。



展望台からの眺め!



帰路化粧したかわいらしい地蔵さんが!!



街からみた砲台山。



温泉と食堂の素晴らしさは、
リンクのHPでとくとご覧ください。



管理人はアジづくし。生きアジなめろうとたたき。
アジの骨は後でカラ揚げで出してくださいました。
刺身舟盛りなどメニューは豊富でした。
最後に・・・
ここの係のお姉さま方、皆さん本当に美人さん揃いで
笑顔で明るく、配膳対応もすこぶる早かったです。
すべてが・・・GOOD!の三浦半島散策でした。




TOPへ