久しぶりの箱根路/明神ヶ岳 
2020年10月18日
(11月20日 記)

明神ヶ岳山頂にて・・・バックに富士山。

 
 2018年11月、有名なのに訪れていない山の一つであった「金時山」を訪問。箱根の山の代表格の山である。箱根エリアは東京・杉並区からは奥多摩などに比べると遠いイメージであったが、小田急線へのアクセスにはそこそこ良い高井戸からは、思った以上に楽に行くことが出来た。小田急線の急行に下北沢から乗車、終点小田原で下車し、桃源台行きバスに乗れば大した苦労も無く、金時山登山口すぐ近くのバス停「仙石」に到着した。
 そんな金時山登山の途中、東方面に伸びる尾根がとっても素敵な笹に覆われ、木々がほとんど無く、展望の良さそうな登山道が続いていた。次回の箱根路は、この笹の草原を歩いてみたいと、今回の計画となった。
 地図で調べるとこの笹原尾根は、金時山から東に派生する外輪山の尾根で、火打石岳(988m)、明神ヶ岳(1169m)、明星ヶ岳(923m)と続いていた。
 今回は前回と同じバス停で下車し、金時山登山でも利用する矢倉沢峠を経由し、笹原尾根を歩き、火打石岳-明神ヶ岳を歩き、宮城野へ下るルートとした。せっかくの箱根路なので、下山後美味しいお蕎麦と日本酒をやりたく、明星ヶ岳は時間もかかるので、今回はパスすることとした。


クリックで拡大表示します!



いざ出発!!


 登山日は2020年10月18日である。そしてこれを記している本日は11月20日。話は飛んでイスタンブール?なのだが、な・な・なんと、昨日11月19日のコロナ感染者数は過去最多となってしまった。全国で2388人、東京都では534人。簡単に500人の壁を越えた。どちらも過去最多数である。なぜこんな記事からスタートしたか・・・実はこの明神ヶ岳登山の日の箱根路は、ものすごい数の観光客であったのだ。箱根湯本から始まり、温泉街が続く仙石までの沿道にある旅館の駐車場はどこも車が満車であった。10月よりGO toトラベルに東京も参加できるようになり、東京近郊のベストなる観光地・箱根は一挙に人が押し寄せた様子だった。
 コロナ騒動の始まった春先には、まったく人のいない箱根周辺の映像がよくテレビで報じられていただけに、この密なる状態にちょっと疑問を感じたのは、管理人だけでは無かったであろう。そして約一か月後の昨日、恐れていたことはハッキリと数字となって表れてしまったのだ。この感染者数急増要因にGO toによるものかのエビデンスは無いが・・・などと、たわけた事をテレビではコメントしているが、旅行者急増による因果関係は明らかである!!

 ・・・てなことで、管理人は密を避け、まったりと明神ヶ岳を歩いてきた。笹原と思っていた尾根の笹は、背丈以上ある笹で、景色は笹薮が切れたところでは最高であったが、本栖湖にある竜ヶ岳のような低いクマザサの笹原では無かった。道中ずっと大涌谷の噴煙が見え、箱根に来た実感を感じることが出来た。コース自体はアップダウンはあるものの、さしてキツイコースでは無かった。今回は富士山を背中にしての尾根歩きだったので、宮城野、さらには明星ヶ岳方面から、矢倉沢峠を目指し仙石に下山する方が、富士山を眺めながらの尾根歩きになるので、良いかも知れない。
 帰路、ロマンスカー待ちの1時間、湯本駅前の手打ちそば店で、蕎麦&日本酒で反省会を行い、箱根路登山は無事終了した。新宿までのロマンスカーも快適であった。 



矢倉沢峠までは意外やすぐ。



ここから先が笹原の道・・・と思いきや背丈以上の笹でした。



遠くから見ると美しい笹原なのだが・・・後ろは金時山方面。


実際はこんなに背が高い笹でした。



火打石岳山頂。展望はありませんでした。



大涌谷の噴煙が右手にずっと見えていました。



富士山もくっきり!!



明神ヶ岳山頂。


山頂からの大涌谷。上の写真よりかなり外輪山で回り込みました。



東側はすばらしい相模湾の海岸線を一望!!



帰路箱根湯本駅前にて・・・。





店内の写真。このあとロマンスカーで東京へ!!
やっぱり箱根はすべてにおいて最高ですね。





TOPへ