外出自粛緩和シリーズ
奥多摩・浅間嶺ハイキング報告
2020年6月21日
自粛解除となり、はじめてのハイキングに。


 県をまたがる移動も解除され、知り合いの山仲間もこぞってこの週末あたりから山に向かっている様だ。
 そこで管理人はと言うと、知り合いの山友から自粛明けには奥多摩の浅間嶺に行きませんか??とお誘いを受けていたので、自粛解禁初回登山に、ここ浅間嶺を選んだ。
 当初は女子2名+管理人、計3名と思っていたが、さらに1名女子が参加表明。そして、待ち合わせの武蔵五日市駅前で、偶然?にも管理人の山友のさらなる山友女子に出会い、2名が同じコースをご一緒くださる事になった。自粛解禁最初の登山は、な、な、なんと女子5名に男子1名という、桃源郷気分のような登山となってしまった。

 管理人は山仲間には奥多摩は98パーセントは登った・・・などと豪語していたが、浅間嶺にお誘いいただき、そんな思い入れはあっけなく崩れてしまった。「オクタマ・浅間嶺・・・?」行ったことが無かった。どこなんだろう?と地図を見ると武蔵五日市駅から数馬に向かう途中に登山口はあった。例の有名な払沢の滝に下山してくる、そんな辺りの山であった。近くのイメージである生藤山周辺は奥多摩ではなく高尾・陣馬山領域・・・くらいに思っていたが、ここは笹尾根よりひと尾根北にあり、正真正銘の奥多摩エリアであった。そんな未体験の山であったので、即決で同行させていただくこととした。 


  
久々の武蔵五日市駅。

  
バス停で準備をするお姉さま方。



ガスっていたが雨には合わなかった。


 この日お集まりの女子皆さんは、管理人より色々な意味で先輩方が多く、この日は引率される役で勝手知らない浅間嶺をご案内していただいた。山の経験はものすごく長い大ベテランの方々ばかりだった。さらに皆さんお強い!!
 
 武蔵五日市駅前9時発数馬行のバスに乗り込み、トップに掲載の写真バス停下車10時スタート、12時半浅間嶺東屋で昼食・ビール(1名の女子がビール4缶くらい背負ってきてくださいました。冷え冷えで超美味しかったです!!)タイム。そしてなんと今回のメインイベントは、テレビ番組「ポツンと一軒家」で紹介されたらしいお蕎麦屋さんに行く・・・という限りなくすごい企画が付与されていた。払沢の滝バス停まで下りで徒歩1時間の距離にその店はあった。むろん客全員が林道のような山道を利用し車で来ているが、我々は正統派で徒歩で一軒家にたどり着いた。やはりポツンと一軒家ならば、徒歩での探検が趣もあり良さそうだ。喚起が行きとどきき?、野外席もあり、こんなコロナ禍にはうってつけのお店であった。美味しいお蕎麦と、てんぷらはなんとシドケ(モミジガサ)。そして当然のことながらの美味しい日本酒。屋外のテーブルで緑に囲まれた中、素敵なお姉さまにも囲まれ至福の時間が流れていった。

 最後に浅間嶺。ガスっていて景色がほとんど見えず、状況が判らなかったが、きつい登りは殆どなく、大半が平坦な尾根道で、東屋、トイレも山頂近くに完備され、ラストには、古民家のお蕎麦屋さん、有名な払沢の滝見物も可能とあり、素敵なコースであった。森がほとんどが落葉樹で美しかった。山頂を目指す山ではなく、広義での山を楽しむ旅であった。お姉さま方、大変お世話になり、ありがとうございました。 


  
近いうち行ってみたいです。



浅間の湯・・良さげです!!


  
深山に趣のある料理屋?温泉宿?


  
ギンリョウソウが!!


  
浅間嶺山頂。何もない山頂らしくない山頂でした。



ポツンと一軒家で紹介されたお蕎麦屋さん。



森に囲まれた山の中のお蕎麦屋さんデス。



古民家で趣のある建物でした。



この日はシドケの天ぷらでした!!



 我々は外のテーブルでいただきました。



お蕎麦屋さんから徒歩、ジャスト一時間でした。



こうして桃源郷旅は雨にも降られずに無事終了しました。
来週は県をまたいで、箱根辺りの山を歩く予定。




TOPへ