低山ハイキングの1年だった2020年
丹沢・渋沢丘陵探索 震生湖-頭高山
2020年12月13日 (12月21日 記)

渋沢丘陵から見る丹沢表尾根全容。

 
 今日は2020年12月21日。今年も早いものであと一週間ちょいで終わりを告げる。
 今年はコロナに始まり、コロナで終わる、何とも今までの生活常識が通じなくなった一年だった。ちょうど一年前は普通の生活をしていたのに・・・!!
 そんな2020年は山の世界も大きく変わってしまった。山小屋の営業は夏頃からのスタートとなり、完全予約制、小屋によっては自炊のみとなったところもあった。年間通じ完全休業の小屋もあった様だ。富士山に至っては、小屋はもとより山全体がオープンしなかった。開山の無い富士山だった。避難小屋も混んでいると規制が無いだけに「密」状態となり、怖いものがある。今年9月20日に仲間連中が行った「一杯水避難小屋・奥多摩」は13名利用で、板の間には入りきれず、土間に寝ていた方もいらした様であった。

 そんなこんなのコロナの影響で、本格的な山には行きづらくなった反面、最近では低山ハイキングの本が書店に所狭しと置かれている。管理人も今年は早々と低山登山にシフトし、日帰りでかつコロナを気にせず、のんびり歩けるコースにチャレンジする年になった。身体的にもちょうど良い低山ハイクだ。
 
 7月に青梅市にある謎?の登山コース・長淵丘陵を歩き、赤ぼっこなどを発見・探索。このコースとの出合で、偶然にも低山ハイクの魅力に火が付いた管理人であった。
 そして今回、昭文社マップ「丹沢」の中にやはり存在した謎?の低山コースにチャレンジする事になった。存在自体は昔から知っていたが、長淵丘陵と同じく、低山なので見向きもしなかった。マップの一番南端にかろうじて掲載されたコースである。言ってみれば街中。それは「渋沢丘陵」と呼ばれ、秦野駅南部から渋沢駅に続く、里山を歩くコースの様だ。途中「震生湖」という池もあり、みごとな紅葉と多様な風景を演出してくれた。なかなか見ごたえのあるすばらしいコースであった。むしろこういった低山のほうが、新しい山・自然の発見に加え、郷土史的な発見も多く、とっても楽しめる山域と、来年も低山ハイクを続けたく思っている今日この頃であった。

 簡単に写真を紹介!!皆さん良いお年をお迎えください。正月休みは何しよう・・・今年はスキーも無さそうだし、まったく予定の無い管理人でした。



一見街中のような渋沢丘陵マップ。


秦野駅の丹沢登山は北口からであるが、始めての南口へ下車。



まずは関東三大稲荷・白笹稲荷を訪問。



お稲荷さん境内の紅葉。



しっかり住宅街も歩きます。



次なるは神秘的な震生湖に到着。
名の通り関東大震災で出来たそうな・・・



紅葉の震生湖。






ここからが本格的な渋沢丘陵のスタートです。



のんびりと里山を歩きます。



北方面には丹沢の山々が展開していました。



いかにも里山~って感じ!!



里山も紅葉のピークでした。



渋沢丘陵を歩き、頭高山入り口まで来ました。



山頂標識はありませんでしたが、山頂のあずま屋です。



かながわの名木100選の白山神社の杉の木


クリックで拡大表示します。




TOPへ