日帰り山さんぽシリーズ
五日市線/武蔵増戸駅より
横沢入から天竺山(310m)をさんぽしました。
2020年8月22日

天竺山山頂からの南東方向の展望


 以前、「山を下りたら山麓酒場」なる本と出会い、その企画の楽しさに、ファンになった管理人。その著者はアウトドアライターの清野 明氏である。山に対するファニーな感性が非常に管理人には合ってしまい、今回は続く彼の著書「日帰り山さんぽ」なる書物も手にしてしまった。
 この本は東京近郊の里山ハイキングコースから、けっこうハードな塔ノ岳なども紹介され、東京から日帰りで行ける30コースが紹介されている。

 30コースの大きなくくりとして9種類のテーマに分かれる。ちょっと列記すると・・・1滝と渓谷の山、2海原展望の山、3富士見の山、4近所の里山、5ほっこり温泉山、6限りなく丘に近い山、7岩に取りつく山、8山麓酒場目的の山、9歩きがいのあるロングコース、以上が分類である。これだけ見ても、彼のセンスの良さ、多様的感性を感じることが出来る。
 
 前回このHPでも紹介の、昭文社奥多摩地図東端にあった低山も紹介されていたが(清野氏の本によると長淵丘陵と言うらしい)、管理人とまったく同じ感覚で出だしが書かれており、これを読んだだけでこの本に紹介されている先はかなり面白いのでは・・・と期待してしまった。
 30コースの内、18コースはすでに行った経験がある山だった。そこで本日より残りの12コースを歩いてみようと、本日はその第一弾である。
 先日の筑波山、馬引沢峠(長淵丘陵)散策では、あまりの暑さから熱中症気味になったことから、しばらくは「近所の里山」というくくりから歩いてみることにした。ここでは先日歩いた青梅の長淵丘陵コース含め5コースが紹介されている。本日は武蔵増戸駅をスタートとする、「横沢入から天竺山」にチャレンジした。



清野 明氏著:日帰り山さんぽ


 はじめて下車の、武蔵増戸駅(五日市線)をスタートし、炎天下線路沿いの道を30分くらい歩くと、本でも紹介の大悲願寺に到着する。本によると1191年に建立されたという、由緒正しいお寺さんのようだ。桜門という門の造りが圧巻だった。
 
 そのあと、里山保全地区となっている横沢入の田んぼの中を抜け、尾根道で天竺山へ。標高は310m・・・あっという間の登山であったが、全身汗だくである。やはり里山とはいえ、真夏の登山は老体にはかなり応えた。
 山頂直下には「石山の池」という、江戸時代に墓石用などの石を切り出した所があり、大きな窪地となって残っていた。雨が降ると水がたまり、池になるらしい。当日はほんのわずかに水が溜まっている程度だった。
 
 山頂には三内神社の奥の院のような拝殿があり、この山はすべて三内神社の神の山であることが判った。急な階段を降り、3-40分で武蔵五日市駅に。いつも思うがここは駅の規模のわりに山麓酒場的な飲める店が無い。拝島乗り換えでちょうど来た電車が青梅特快であったので、立川酒場はやめ、吉祥寺酒場に変更し、精を付ける意味でも鰻屋「うな鐵」で一杯!!
 
 土曜日、仕事終了後の里山散策であったが、たっぷりと時間を気にせず楽しめる里山ハイキングであった。それにしても夏の散策は低山でも暑い!!
 後日8月30日、これに味をしめ、近所の里山コースに記された「三浦富士」に挑戦する管理人であった。  






炎天下の中、うんざりするほどの線路脇歩き。



大悲願寺・桜門














横沢入案内板(クリックで拡大表示)



横沢入の棚田風景。



石を切り出した跡地、石山の池。天竺山山頂直下です。



石山の池





天竺山山頂(310m)の三内神社奥の院。



麓の本社では神事が行われていました。



山内神社参詣道と奥多摩の山々。



♪線路は続くよどこまでも♪・・隣は武蔵五日市駅。



武蔵五日市駅近くの道標。



吉祥寺「うな鐵」にて一人打ち上げ・反省会!!



こうして本日も無事終了。一番安価な「梅」です。




TOPへ