見た目以上に美味しかった、
ミヤマトンビマイタケ・炊き込みご飯報告
2020年7月5日
ハイキング中に発見したミヤマトンビマイタケ幼菌
撮影:TG-6


 この記事を書き始めた今現在、7月7日(火)午前1時である。熊本、鹿児島、宮崎県などでの水害被害報告は日を追うごとに増えており、また鹿児島県でのコロナ感染記事には「鹿児島市のショーパブで発生した新型コロナウイルスのクラスターは、これまでに店の従業員のほか、客やその家族など、感染した人の数は86人となり、鹿児島県内各地に広がっています。」とネットに報道されていた。何とも心配な出来事が多発している、今日この頃。こちらも雨風の音に目が覚めてしまい、こんな時間であるがパソコンに向かった。
 東京都内でも、6日の感染者102人と報じられており、5日連続の100人越えとなっている。そんな5日、日曜日には県をまたぐ移動は自粛してほしいと・・・またまた移動制限的な発表が都知事よりなされてしまった。本来は神奈川県小田原方面の山に行きたかったが、急遽東京のエリアに変更し、飲み会兼ねて山歩きをしてきた。(この移動自粛要請は西村経済再生担当大臣によって後日訂正された・・・7月9日現在は移動OKの様だ)。

 コロナはさておき歩いてみて感じたのだが、梅雨に入ってからの雨量がのっけから多いせいか、例年より夏キノコの発生も良いように感じた。そして今回はとうとう買ってしまった防水カメラ、オリンパスTough TG-6の試写を兼ねての山遊びだった。今まではずっとネットで2000円くらいまでの中古デジカメを購入しては、水に水没させ5台くらいあった中古カメラも、とうとう1台になり(一番年代の古いIXY・DIGITAL600・・・2005年発売のマシン)、今回の新品購入になった。給付金も出たし、景気回復にも微力ながら貢献しようと早速のゲットだった!!。


  
今回購入のオリンパスTG-6
撮影:IXY DIGITAL600
2005年発売だがなかなかきれいに撮れた!



試しに15年前発売のixy-600で部屋の植物撮影。
なかなか綺麗に撮れているので、これも現役復帰。
写真は葉っぱ1枚からこんなになったマザーリーフ。


 
のうタケ まるで脳のような・・・食用。はんぺんみたいな食感。
撮影:TG-6



タマゴタケ・・・食用。かなり美味。オムレツに合う。
撮影:TG-6


 そんなハイキングの途中で、表紙に登場のトンビマイタケの幼菌が存在感をあらわに花開いていた。このキノコは以前にも炊き込みご飯に挑戦するも、想像以上に美味な食感に驚かされ、今回も一部分だけいただいて帰ることにした。大きなキノコなのですべてはリュックに入りきらない。今回も1人前分だけとした。
 今回の写真のキノコは正確には「ミヤマトンビマイタケ」と言うらしい。ミヤマ、が付かないトンビマイタケは、採取して数時間すると肉片が真っ黒になる。以前奥秩父で採取したとき、真っ黒になって持ち帰った事がある。黒くなっても味は変わらない様だ。今回のミヤマは、採取後も黒変しないのが特徴らしい。自宅に着いても、採取した時と色は変わっていなかった。トンビマイタケ、天然マイタケの当時の写真があったので、以下に掲載。トンビマイタケとは形も少し違うことが判明。



こちらはトンビマイタケ。2012年8月撮影/奥秩父にて



これは2012年10月20日奥多摩で出会った、本物の天然マイタケ。
マイタケ採取の時の記事はこちら←


 さっそく6日昼ご飯に炊き込みご飯で炊いてみた。やっぱり美味しかった。松茸ご飯と同じ食感で、香りも少しだけある。永谷園の松茸のお吸い物で炊き込んだら、歯ごたえのあるキノコだけに、さらに良いかも知れない(1回の遭遇でその気になればすごい量が採取出来るので、松茸より大きくカット出来るし、大量に入れることが出来る)。
 秋田県では8月の盆に帰省する我が子を迎えるために、このキノコをわざわざ山に採取に行き、帰省祝いでの食事に炊き込みご飯で振舞う・・・という記事を読んだことがある。東北ではかなり利用されているキノコの様だ。発生時期が7月~8月の半ば頃までの夏キノコである。

 そんな訳で、県をまたぐ移動自粛要請が出た7月5日は、東京都の山で今年お初のキノコと、お初のカメラ撮影を楽しんだ1日であった。それにしても今後の雨、コロナ、心配事も盛りだくさんな今夏である。
 さあ、松茸ご飯モドキを作ろう・・・!!


  
採取したミヤマトンビ。
撮影:iPhone 11 pro 以下同様



カットして飯盒へ!!


  
上手に焚きあがりました。


  
かなり美味な出来でした!!




TOPへ