宮ノ平駅-馬引沢峠-釜の淵公園-青梅駅
7月26日のものに写真のみ加えました。
2020年8月10日(前回:7月23~26日)
奥多摩マップの右端に行ったことのないコースを発見!!


 8月10日山の日。以下に報告の7月26日四連休は梅雨末期の大雨にたたられ、散々な山行だった。今年は梅雨明けるのかな~!?なんて心配したものの、8月1日に突然梅雨明け!!。以降は手のひら返したかのような猛暑に見舞われ、連日暑い暑い夏が始まったのでる。そんな8月9日、酷暑の中、山友と筑波山へ久しぶりに向かってみるも、ケーブルカー添いに付けてある登山道「御幸ヶ原コース」の登りは、暑い暑い中、本当にきつかった。体中から汗が吹き出し、山頂ケーブル駅では熱中症気味。帰路は軟弱にもそそくさと女体山山頂脇にあるロープウェイで下山。
 つつじが丘にある京成ホテルの展望の湯に浸かり、その後生ビールで息を吹き返した管理人だった。

 翌日10日。いよいよ本来の山の日。どこかしっかり登りにも行きたかったが、前日の暑さでのていたらくを痛感、さらにはもう若くは無い現状を考慮、熱中症も怖かったので、以下に報告の超低山を再度散策してみることとした。今回はうって変わって、猛暑の中、天候もドピーカン!。赤ぼっこなる、非常に景色の良いピークからの青梅市街風景、奥多摩の山々なども、見ることが出来、良い散策が出来た(前回はガスガスで立ち寄りもしなかった)。
 帰路は釜の淵公園内を流れている多摩川で、クールダウン。登山着のまま水泳を楽しんだ。さすがに梅雨が明けた祝日。河原は前回とはうって変わって、大勢の家族連れ、友人連れでバーベキューを楽しむ人たちで賑わっていた。
 以下に7月23日スタートの連休報告にオーバーラップさせ、写真のみ掲載させていただいた。
 8月13日記 


 以下7月23~26日連休報告
 世間ではGO TOキャンペーンなるものがスタートした7月の四連休。管理人はというと、昨年夏に奥秩父滝川源流・古礼沢にご一緒していただいた、埼玉マタギことミタサンより、「連休は入川源流・武信白岩沢を詰める予定・・・」、とのお話しをいただいていたので、天気なら僕も参加・・・と言う方向で調整していた。
 たまたま数日前、恐れ多くも登山家・山岳ガイドの山田哲哉氏から奥秩父の沢に関する情報メールをいただいた。その中で連休予定は山田氏率いるパーティも23日より、ひとつ小尾根を挟んだお隣の股の沢を遡行する旨を知った。本来は剣岳登攀合宿だったそうだが、天候不順の為に、奥秩父に転戦になったようだった。詰めあがる尾根も同じで、そんな山田氏と接近遭遇出来るのであれば、多少の雨でも武信白岩沢を遡りたかったが、前日発表の天気予報があまりに悪く、残念ではあったが、ミタサンには武信白岩沢は今回欠席の報告をした。代わりに勝手知ったるナメラ沢遡行~雁坂峠経由、雁坂小屋で遊ぶ方向に変更した。当日朝、雁坂料金所前でミタサンとは偶然にお会いすることが出来、久しぶりに元気な姿を拝見出来た。

 この日は気温もかなり低く、雨も強く、結局沢経由は中止、さらに雁坂峠目指すも、登山開始から1時間ちょっと歩いたところで、撤退を決意した。全身ずぶ濡れ、ちょっと寒さもありで、根性まるでなし男であった。小屋まで行けば、以前釜の沢をご一緒した皆さんが来ているはずであるが、この日は河口湖の山荘に行き、一人音楽鑑賞・ビールタイムで根性なし男の時が流れて行った。
 後日連絡をとったミタサンチームも、武信白岩沢を柳小屋経由で目指したものの、結局途中撤退し、翌日に酉谷山に向かったそうである。



愛車ジムニーシエラ。雁坂料金所脇登山口にて。



勝沼より奥多摩を抜け帰路に。


 翌24日に再登山を試み、勝沼に向かうも、やはり雨!!そのまま帰るのも悔しいので、塩山から奥多摩に抜ける道で雨に煙る多摩川源流域を散策し、すべて一般道で杉並に戻った。天候はやはり1日不順であった。

 今回はこちらも4連休。まだ土曜、日曜と二日も休みがある。25日の予報もイマイチだ。むしろ日曜日の方が良さげな感じ。そんな中、どこに行こうかと昭文社の山地図「奥多摩」を見ていると、地図の右隅の方に、何やらコースが赤印で記載されている。この「奥多摩」マップは、マップの紙面上で左(西)の方に行くほど標高が高く、雲取山など本格的な山になるのに反し、右(東)になるほどどんどんと標高を下げ、低山と言うよりむしろ丘陵地のような地形が見て取れる。奥多摩をほとんど制覇した!!などと豪語していた割には、今回も低山ながらも行った事も無い、コースを地図右隅に発見してしまった!!。このような低山コースなど、目に留まった事も無かったし、聞いたことも無かった。そこで今回、土曜昼からは雨足が強くなるような予報だったので、早出、早じまいで、初めてのこの400m前後の丘陵地のような、超低山を歩いてみることとした(実際の天気予報ははずれで、8時頃からザーザー降りとなってしまった)。



今回のコースマップ。カーソル(マウス矢印)をあててください。
道順および解説が出ます。



和田橋から見た濁流と化した多摩川。



二週間後の8月10日山の日の和田橋からの多摩川。


 上記地図にもあるように、宮ノ平~青梅駅間を歩くような行程である。こういった街中から入る山は、最初の取り付き地点に行くまでが意外と判りずらい。有名な山は駅の脇から道標があるのであるが、今回は見落としたのかもしれないが、目立つ道標は見なかった。山中には沢山あったが・・・
 途中、和田橋から見た多摩川は連日の雨で結構濁流と化していた。この報告の最後で、命知らずの連中を偶然にも撮影したビデオを掲載するので、お楽しみに・・・!!
 地図に記されている登山道らしき尾根に向かう道は沢山あった。最初はその一つをGPSをも参考にしながら、的確に登るも途中で工事現場の様なところに行きつき、先の道は藪に覆われ無くなっていた。完全なる廃道となっていた。しばらく戻り、ほんのちょっとだけトラバースするような脇道は、踏み跡もありすぐに尾根に向かう踏み跡に出た。多少のボサはあるが道は明瞭だった。しかしながらこれも本命ではなく20分くらい登ると、かなり広いしっかりした登山道に合流した。結局神社マークから登る一番左の道が正解だったようだ。

 この頃からシトシトだった雨も本降りになった。ザーザーといった感じ。モンベルの傘を差しはしたが、全身ずぶぬれ。雨具は暑いので夏場は着ない。景色も無いが、山自体は尾根に出てしまえばたいしたアップダウンも無く、森も落葉樹で美しく、けっこう手軽に楽しめるハイキングコースだった。尾根道は峠までは一本道で間違えることは無い。途中、天狗岩なる景色の良いポイントがあったが(尾根道から少し北側に入る)、ガスで景色は期待できなかったので寄らなかった。
 この日は登山道が川のようになり、急な坂では滑らないよう、最新の注意を払った。登山靴はぐちょぐちょと内部で音を立てている。コンディションは最悪であったが寒くは無かった。目的地であった馬引沢峠からは、青梅駅まで最短コースを選んだら、ラッキーにも釜の淵公園という素敵な公園内を抜けることが出来、表紙に掲載の昭文社地図案内コースより多少ショートカットで駅に出ることが出来た。


 
最初はこの林道を登るも・・・・



こんな工事現場に出て、木材が置かれ行かれないようにしてあった。
先を少し見るも、藪で道は荒廃していそうで戻ることに・・・



次なる道・・ボサはあるもしっかりとした道がありました。


 
20分ほど登ると太い道と合流。立派な道標が!!



これが神社脇から来る本命の道だったようです。



8月10日 神社脇と思われる道から入ってみました。
途中民家先からはこちらもけっこうボサの道でした。
でもきっちりと2つ上写真の道標に出ました。



8月10日 この入り口には古い道標もあり、やはり本命路だった様です。


 下山した帰路、住宅街に出て、かんぽの宿脇を進むと、釜の淵公園の入り口が・・・どこかあずま屋で焼きそばを作り軽くお酒を・・・と思っていると、あれだけ降っていた雨もほとんど止んでくれた。そこで屋外で濁流ではあったが、目の前を流れる多摩川を見ながら、早めの昼ご飯とした。ここは平水時はさぞきれいな川と公園のコラボで素敵な場所だろうと思った。場所的にも青梅駅前と言っても過言でない、立地の良い場所にあった。

 と・・・その時、濁流の中に何か見てはいけないような、異様なものが左上手から流れてきた!!な・な・なんとそれは、激流下りのスポーツ・ラフティングの連中であった。リュックにあった携帯を必死に取り出し、ビデオモードにし、かろうじてこの狂喜めいた連中を撮影出来た。ラフティングとはこんなもの・・・と言われてしまえば、そうなのかも知れないが、もしも川に落ちたらライフジャケットを着ていても、激流に飲み込まれ岸にはたどり着けないのでは・・・、と心配する管理人だった。すごい連中もいるものだと、感心してしまった。下流の流れ、状況を熟知したメンバーだったのだろう。

 そんなこんなで青梅駅前に山麓酒場的お店も発見し、濡れネズミの連休はこれにて終了。最終日26日も未明からすごい雨で、高尾山でのダメ押しトレーニングは中止とし、洗濯、靴干し、道具整理、報告書作り、とした一日だった。
 次回のんびりと晴れた日に、再度この超低山コースを歩いてみたいと思っている。天気が良ければ、しっかり登山気分も味わえ、眺望も期待できる初心者向け、約3時間のハイキングコースだ。下山を昼頃にすれば、朝のんびりの出発で、釜の淵公園で昼食山ごはんを多摩川見ながら作り楽しむことも出来る。トイレ、水道も近くにあった。お手軽に盛りだくさん楽しめるコースである。

 先ほどミタサンからメールがあった。次回武信白岩沢リベンジは、8月8、9、10日予定との事。それよりなにより、早く梅雨明けて欲しい!!



川と化した登山道 その1.



川と化した登山道 その2。苦笑・・・



目的地に到着。



8月10日は酷暑の中、赤ぼっこに立ち寄りました。
素晴らしい展望でした!!






7月26日 大増水の小沢。



 8月10日山の日 同場所の平水時の小沢。


写真クリックで拡大表示します。



釜の淵公園の青梅駅に続く吊り橋。



上:8月10日山の日の釜の淵公園の賑わい。
下:7月26日 雨中の同場所。


増水した多摩川を見ながら、焼きそばタイム!!






最後にすごい映像を、お楽しみください。
使用マシンで違うみたいですが、左下に▶マークある方はそれを押して
画面ダブルクリックで拡大表示。
画面ダブルクリックでスタートのパタンもあるらしい・・・



長雨増水時の河原遊びもちょっと危ない!!ダム放流の可能性も・・・



青梅駅前の山麓酒場「鶴屋」発見!!



最後までご覧いただきありがとうございました。
早く梅雨明けして欲しいですね!!


2020年7月27日 記
8月13日追記




TOPへ