新潟県・越後駒ヶ岳散策。
巻機山遭難事故に想う。
2021年10月22日
白銀の越後駒ヶ岳(2002m)を望む。

 2021年10月23・24日に、新潟県十日町市において、毎年恒例の川越渓美隊主催によるキノコ合宿なるイベントが開催された。昨年は東京都に緊急事態宣言が発出され、お借りする十日町市運営のロッジ規約に、宣言発出の県民、都民は入室禁止となっており、管理人だけがコロナの影響で参加できなかった。他メンバーは埼玉・千葉・神奈川県民であったから問題なかった。

 そこで今年は参加のために、早めに24日日曜日のアルバイトは休暇をいただき、楽しみにその日を待った。さらにその週の火曜日昼から土曜日までは何も予定が無いので、早めに新潟入りし、越後駒ヶ岳を目指すことにした。前回の木曽駒ヶ岳に続き、駒ケ岳第二弾である。

 22日金曜日早朝、午前1時半頃自宅を出発。目指すは新潟県魚沼市に位置する枝折峠(しおり峠・1065m)の登山口。ここは20歳~30歳台によく通った、奥只見湖に通じる道の途中にある。当時はバイパスのような道、「奥只見シルバーライン」を走ったので、直接この峠を越えることは1度くらいしか無かったが、小出から奥只見湖に向かう途中に位置する峠である。峠には5時ちょうど頃に到着した。するとすでに、かなりの台数の車が止まっている。登山者か・・・と思いきや、ほとんどが写真愛好家で、写真撮影が趣味の方々であった。ここは奥只見湖から流れ出る滝雲の絶景撮影ポイントであることを、帰路知った。
 滝雲の発生は運にもよる様であるが、この日は歩き始めた時間もバッチリだった様で、最高の滝雲を拝みながらの登山となった。さらにはご来光も登山道から拝む事ができた。非常にラッキーだったようだ。ところでこの週は先にも書いたとおり、火曜日より空いていたのだが、新潟県の天気予報が悪く、金曜日のみ高気圧に覆われる予報となっており、この日に登山を決行した次第である。新潟県魚沼地方は本当にすばらしい天気に恵まれたが、この日の東京地方は雨で、めちゃくちゃ寒いと、メールをいただいた。



天気は最高!!満月のお月さまが・・・



滝雲とご来光!!



ラッキーにも滝雲に出合えました。



帰路発見しました。絶景ポイントを歩いた模様。



最後の「運」というのがユニーク!!


 5時半頃、空も白んできたので越後駒ヶ岳に向け出発した。登山道はちょうど東斜面に付けられており、滝雲、日の出が見ることが出来た。しばらくすると駒ケ岳もドカーーンと眼前に広がるも、真っ白な姿に唖然としてしまった。うっすらの雪化粧は覚悟していたが、見た感じでは8合目より上は、まったくの冬山の様相である。装備は軽アイゼンのみ。ピッケルも持っていない。登山靴もハイキング用に毛の生えた程度の物だった。山を見るやいなや、登頂は無理だな・・・と感じた。

 雪は1750メートルあたりから本格的になった。深いところでは50センチはあった。駒の小屋手前での急峻な登りでノックアウトさせられた。途中追い越していった、若い方々はラッセルをしてくださり、トレスを刻んでくれてはいたが、ピッケルのない管理人は、帰路の危険を感じ、この急な登りを目の前にし、撤退した。まさに雪山・冬山であった。若い方々はノーアイゼン・ノーピッケルでもアタックをかけ、登頂されたそうである(帰路駐車場で出会いました)。今年5月の常念岳で再会した登山家・山田哲哉氏からも、当時登山をしていた装備の無い若者を見て(特に山スキーヤー)、運だけで登っている・・・と忠告のお言葉を聞いていたので、おじさんとしてはバランスも悪くなったし、無理はしなかった。

 そんな、こんなで、駐車場には13時少し前に戻った。それから大湯温泉に浸かり、近くの公園駐車場でオートキャンプをした。翌日は朝9時までに十日町のロッジ前集合である。ここから1時間少々の道のりだ。登頂は出来なかったが、喉を潤したビールがとっても美味しかった。深夜から明け方にかけ、天気が急変し、土砂降りの雨となった。



雪とナナカマドの実のコラボ。



ナナカマドの実と越後駒ヶ岳。


すべての写真を見る!


実際にあった初心者が遭遇した、越後駒ケ岳アクシデント記事。
ヤマケイオンラインより



10月24日・・・時を同じくして、ここより南南西に少し行った巻機山で、悲しい遭難事故があった。以下ネットより。ちょっとだけ考えてみた。

 以下 2021年10月28日発信 ネットニュースより・・・
 新潟県南魚沼市の巻機山で10月24日から行方不明になっていた男性が27日、警察のヘリコプターで救助されましたが、死亡が確認されました。 死亡が確認されたのは埼玉県入間市の公務員・○○ 誠さん(60)です。 警察などによりますと、○○さんは10月24日に日帰りの予定で南魚沼市の巻機山に行ったまま帰らなかったため、○○さんの兄から24日夜に110番通報がありました。 25日朝から捜索が行われましたが、巻機山の5合目付近より上は 雪氷で危険との判断から、捜索隊が山に入ることは断念。一方、新潟県警のヘリコプターが上空から捜索したところ、6合目から7合目付近の米子沢で○○さんらしき人を発見しましたが、悪天候などから近づけず救助できませんでした。 26日も悪天候で救助を断念。 27日の正午前、応援要請を受けて上空に来ていた長野県警航空隊のヘリコプター『やまびこ』が、25日と同じ地点で水に浸かって倒れた状態の○○さんを救助して病院に搬送しましたが、その後、○○さんの死亡が確認されました。 ○○さんは沢のぼりをしていたとみられていて、警察が死因などを調べています。


 以下 ネット民のコメントの一つ。 
 巻機山の米子沢5合目以降でしょう。
 いくら初級向けの沢登りと言っても、5合目なら完全に川は凍り始めていたのではないのですか。
 但し凍り始めたばかりだと張付きも弱いですから、すぐに剥がれ落ちる可能性は大きい。それこそ、その氷と一緒に滑落したのではとさえ思えます。
 川の中で浮かんでいたと言うニュースですから、最初のヘリで見つけた段階ですでに死んでいたとも思えますが、なんでこの時期に沢登り?
 全然気持ちよくないと思うのですが、寒いし雪だらけだとあのナメ川の風景も楽しめない、だいたい降り始めの雪だと雪付が悪くて、足などどこでも潜ってしまって歩けない。
 頂上まで行くのも相当大変です、だから救助に簡単にはいけない。
 ヘリでつり上げが出来ないのもどうかと思いますが、何よりなぜです、今の時期に沢。死にに行ったのですか?と言いたくなります。先日の白馬・乗鞍と一緒です。


以下 管理人の考察・・・
 今回の遭難者は60歳の現役公務員の方で、歳も近いし、さぞ悔しかったろう、寒かったろう・・・とお亡くなりになった事を、悔いて止みません。そこで同じ頃すぐ近くにもおりました管理人として考察を簡単に書かせていただきました。
 管理人は米子沢は2012年10月14日に遡行しています。この渓はHP中にも記してありますが、初級のコースでは決してありません。中級向けと言っても過言ではない沢です。
 ネット上では皆さん「この時期に沢登り・・・自殺行為!」みたいに書かれていますが、管理人は同じ沢を10月14日に遡行をしています。23日とは1週間ちょいしか離れておりません。23日は紅葉最後のみごとな米子沢だったと思います。事故に合われた方も、この紅葉が目当てだったと思います。泳ぎが無いこの沢は、この時期でも決して自殺行為的な登山ではありません。
 ただ今回は季節外れの寒波に問題があったのだと思います。雪の状況は、管理人の登った越後駒をみれば明白です。巻機山は標高1967m。駒ケ岳は2002mで、ほとんどエリアも、高さも同じ様な山です。管理人は今回、無装備で、無謀?な若者を見ました。想像以上の雪に遭遇ししつつも、秋山ハイキング装備でツッコミ、帰路に事故がなければよいが・・・と、切に思いました。

 事故に合われた方は、途中で雪でこれ以上は登れないことに気づき、来た沢を下って降りる決意をし、帰路、滑落・遭難したのではないでしょうか?あの雪では、米子沢の最後に出てくるナメ滝の、水の無い部分はほとんどが雪で、滑って怖くて登れないと思います。もしここまで登り、引き返そうと決意しても、米子沢は仮に登れても、下降はザイルが無いと、また支点を作る道具が無いと危険、かつ滑落を招く沢です(管理人HPの「すべての写真」で沢の急峻さを御覧ください)。逃げとして、登山道に出ようとしても、急峻な壁が立ちはだかっており、容易には登山道にはたどり着けません。要するに半分まで遡行してしまったら、ヤブ伝いに行くとか、なんらかの方法で、源頭まで突っ込んで登るしか逃げ道は無い沢なのです。もう一つ考えられることは、下の写真あるように、上部のナメ滝でのスリップによる滑落です。ここの通過は、この時も滑ったら滝壺まで滑り台状態だな・・・と、ちょっと水流を横切るのが怖かったです。水流以外がすべて雪だったとすると、かなり怖いでしょう。異常寒波による積雪で、進退窮まった事に起因する遭難、事故と思われます。ソロの米子沢アタック・60歳・・・を考えるとかなり技量はある方と思います。・・・が、タイミングが悪かったです。
 謹んでお悔やみ申し上げます。 


この傾斜。滑ったら滝壺まで落下します。かなり緊張しました。



こんなナメが最後まで続きました。




TOPへ