日帰り山さんぽシリーズ 
三浦半島・逗子・仙元山~戸根山~二子山
2021年2月13日 (2月28日記)

戸根山山頂に手書きされた道標。写真は前回撮影。

 
  2021年2月13日。1年でも一番寒そうな頃である。そんな時期から、少しでも南に位置ずる三浦半島を再度目指すこととなった。事の発端は知り合いの山女子さん(中級クラス)が、「こんな時期に行って楽しい山って無いかな・・・」なんて1通のメールから始まった。ちょうどこの逗子にある仙元山~大峰山は、つい先日登ってきたし、すでにガイドなら出来るレベルだった。そして今はやりの低山ハイクである。この時期の高い山は雪もあるし、寒いし・・・で、ここで海を眺めながらマッタリするのもよかろう、とこの山域を選んだ。山女子さんからも喜んで同行OKをいただいた。
 今回、写真はこの前撮影し掲載もしていたので、カメラは持参せず。よってここに掲載する写真材料は何も無い。ただ一つ、笑える事件があったので、その報告を書いてみたい。


二子山概念図。


 当初予定は、逗子駅~バスで風早橋~葉山教会~仙元山~戸根山~大峰山~森戸海岸を予定していた。しかしながら同行女子さん、何やらスタンプを集めているらしく(携帯GPS機能で行った山頂でダウンロード出来る山スタンプ)、三浦半島には数少なく、この日予定したルートにはスタンプは無いとの事。ではどこならあるの?と聞いた。二子山という山にはあるみたい・・・そんなリクエストを逗子駅に着いた時点で聞くこととなった。調べると二子山は、今回通過の戸根山から東側に下降するルートを使うと、簡単に到達することが判った。管理人も同じコースを行くより良いと思い、何も情報も調べずに、上記地図にある森戸川の「戸」文字から描かれている破線の道を登ることとし、森戸川に着いてから、この入り口を入念に探った。入り口は長年の経験で意外とすぐに判ったのだが、そこからが悪かった!!

 国土地理院の2万5千分の1の地図に記載されている道表記で、破線は「幅員1.5メートル以下の道路」という定義になっているが、これが結構くせ者なのである。
 今までの経験からこの破線道はしっかりした登山道から、最悪はほとんど崩壊し、手入れもされず藪になっていたり、まったく通過不能な道も含んでいる。いわゆる「廃道」と言われるものまである。

 今回の二子山へのこのルート、進むに従いこれ道なの??という嫌な雰囲気に包まれてきた。地図から見ても場所は間違いなく、GPSでも破線上にしっかり乗っていた。谷筋からアプローチするので、なんだかプチ沢登りの様な状況になった。水はほとんど無いのだが、時々ぐずった所を通過しなければならなかった。また、シダに覆われた藪をこぐ場所もあり、倒木も多数。赤テープは付いているので、利用者もいる様である。同行女子も僕を信じてついてきてくれた。二子山の尾根への取り付き部分は、滑る傾斜地だった。ここでも倒木またぎ、倒木くぐりと、アスレチックまがいのお遊びがしっかりと用意されていた。管理人にとっては、廃道調査はわくわくドキドキで大好きなジャンルなので、思いのほか楽しむことが出来た。

 こうして二子山(下手)のさらに西側尾根に到達し、無事二子山(上手)にてスタンプをゲット出来た様だった。今回は一個のスタンプ欲しさに、散々な廃道ハイキングを強いられてしまった。帰路、知ったかぶりで逗子駅前の「海神亀」を紹介、山麓酒場で「廃道無事踏破」をつまみに喉を潤した管理人チームであった。
 皆さん、あの破線はほぼ廃道ですから、初心者の方は入らない方が無難です。今回はこれを書きたかった!!(苦笑)


二子山山系自然保護協議会発行マップには
当然道としては出ていませんでした。



この山スタンプ欲しさから・・・やれやれ。
山女子さんから送ってもらいました。




TOPへ