日帰り山さんぽシリーズ
のらぼう菜と日連アルプス
藤野駅~日連山~杉峠~金剛山

2021年3月31日


 
  皆さん、「のらぼう菜」という野菜をご存知でしょうか?菜の花のような、そうでないような、写真にある野菜です。3年くらい前、陣馬山から相模湖のある側、藤野駅目指し下山途中、無人野菜販売所で出合いました。確か価格も120円とお手頃で、当時2パック購入。そして偶然にも翌週末、吉祥寺のイベント会場で藤野フェアなるものを開催しており、そこでも地場の野菜販売と称し、こののらぼう菜を販売していたのです。藤野の里山で購入したのらぼう菜は、甘みがあり、家族にも大好評で、旬をいただく事の出来る春野菜として、即座にファンになりました。吉祥寺でも2パックを購入しました。そして今回、2021年3月末、今年ものらぼう菜ゲットをもテーマとし、藤野の里山歩きを計画しました。ちょうど日帰り山さんぽシリーズに、藤野駅から徒歩で行くことが出来る「日連アルプス」が紹介されていたので、この里山を歩く事といたしました。



のらぼう菜??ではなさそうですが、藤野も路地栽培が盛んですね。



行きしなでしたが、無人販売所で早速購入。
他にタラの芽、春菊を購入。


 こののらぼう菜は調べてみると、やはりアブラナ科に属し、菜の花と呼ぶ国産のアプラナに対し、西洋アブラナと言うらしい事が判明。やはり菜の花とは少し違うみたいです。
 以下におもしろい歴史が書かれていたのでご紹介します。
 
 (以下 ウィキペディアより)
 耐寒性に優れ、花茎を折ってもまた次の脇芽を何度も出す旺盛な生命力を持った品種である。江戸時代後期の1767年(明和4年)9月に、関東郡代伊奈忠宥が地元の名主小中野四郎右衛門と網代五兵衛に命じて、のらぼう菜の種子を江戸近郊の12の村々に配布した記録が残る。のらぼう菜の普及によって天明の大飢饉と天保の大飢饉の際に、人々を飢餓から救ったと伝わる。あきる野市の子生神社(こやすじんじゃ)に、この事績を記念して「野良坊菜之碑」が1977年(昭和52年)に建立されている。

 どうも江戸の大飢饉を救った野菜のよう。西多摩地区にての栽培が主なる産地のようで、やはりどこでも手に入る野菜では無いようですね。今回は天ぷら用にタラの芽と春菊を買ってリュックに詰め込みました。これから登山なのに重たい?ものをあえて最初に購入。帰路無いと困るので・・・。 



相模湖越しに見えるのが日連アルプス。



藤野駅から20分くらい。登山口にある案内板。




案内板から先はこんな感じです。



早速ヤブレガサが・・・



ミミガタテンナンショウもいたるところに!


 途中本にも注意書き掲載の悪場、ロープ付き急斜面はまあまあ急でしたが、特に問題はありません。それ以外はまったく悪場もなく、日連山、杉峠を通過し、あっという間に最後のピーク・金剛山に到着しました。標高は432m。今回はのろしを上げたという鉢岡山は寄り道しませんでした。金剛山山頂にはテーブル付きのベンチもあり、ここでのんびり朝食としました。総じてここは青梅市にある「赤ぼっこ」・長淵丘陵に感じが似ていました。いずれにしても里山ハイキングにはうってつけのコースです。特にここ一か月くらいの春の芽吹き時期には良いコースと思います。金剛山では40分くらいのんびりし、徒歩で藤野駅まで歩きました。やっぱり帰路にはのらぼう菜販売所は無く、行きに買っておいて良かった・良かった、でした。そして藤野駅前のお決まりの山麓酒場「鮨ひろ」さんで、大将と大いに盛り上がった楽しい藤野旅でした。
 後日、のらぼう菜はおひたしで、春菊・タラの芽は天ぷら蕎麦で、大変美味しくいただきました。


唯一ある悪場らしきところ。


   
しっかりしたロープが付いています。右は上から下を撮影。



ここを登れば悪場はほぼ終了。



途中通過の日連山山頂。特段の景色は無し。



日連山山頂。広くも無くこじんまりした山頂です。



鉢岡山分岐。


左へ行くと鉢岡山。右手直進が金剛山方面。









金剛山山頂ベンチ。



金剛山からの展望。



締めは藤野駅前「鮨ひろ」さんで打ち上げ。



藤野駅前です。また来年!!




TOPへ