何と偶然!山田哲哉氏と小屋で遭遇。
残雪の常念岳登山報告。
2021年5月11~12日

やっとの思いで稜線に到着・・・見えた景色は!!


 山登りを長年やっていると、意外や仲良し山仲間とか、知人に道中でバッタリお会いする事がある。山頂だったり、登山道でのすれ違い時だったり、はたまた下山後の山麓酒場でのカウンターだったり・・・八ヶ岳の帰路、中央線の大月駅から乗って来たパーティーが、仲良し仲間で、驚きあったこともあった。電車内での再会だ。
 
 今までに記憶に残る「何であなたがここにいるの~~!!」という超驚きの再会が2件あった。一つが南アルプス、かの有名な星美知子さんオーナーの両俣小屋での再会と2018年吹雪の涸沢からソロで入山したメンバー計3人で一緒に下山した。万が一の危険時に3名で助け合うための即興パーティーだった。後日、その時の一名の女子と御坂山・三つ峠入り口での再会には本当にビックリした。

 今回報告の常念岳小屋での山田哲哉氏とのバッタリの再会・・・これも3指に入るビックリな再会だった。
 山田氏とは記録を調べると2004年8月、奥多摩の犬麦谷の沢登り中に初めてお会いした。この時は管理人は山田氏を知らず、後日昔の探検隊メンバーが、「あの方登山家の山田哲哉氏だったみたい・・・すごい方だったんだよ~!!」と教えてくれた。犬麦谷で始めてお話をさせていただいて以来17年。その後プロガイドさんである氏は、毎週ごとに山に登っていたので、それ以降何度も山中でお会いする間柄となった。渓での再会、登山道での再会、雪山でも再会した。でも小屋でお会いすることは奥秩父柳小屋にての、接近遭遇はあったが、今回始めてであった。小屋なのでゆっくりも会話が出来、ちゃっかりと氏が率いるパーティーと山頂登頂までと、下山はすべてご一緒させていただいた。ガイドの力量もまざまざと見せていただき、勉強になった。今回、何とも偶然の再会に、感激であった。メインのフィールドが管理人と同じ奥秩父なので、楽しい話題に花も咲いた。それにしても素敵な女子ばかりをいつも引率している山田氏には脱帽する管理人だった。苦笑・・・



常念岳山頂到着。パーティーの皆さん!



常念岳山頂の祠(ほこら)。バックは槍ヶ岳・他。



登頂報告をする山田氏(常念岳山頂にて)
良い時代になりました!!


 4月末、ゴールデンウィークスタートに合わせ、北アルプスの門が開かれる。昨年はコロナの影響で小屋の営業なども7月までずれ込んだせいもあって、管理人は遠出の山はほとんど行かなかった。今年もいまだに緊急事態宣言が発令されてはいたが、密にはほとんどならない、残雪の北アルプスにどうしても行きたかった。そして今年はここをはずすと、ずっと曇りか雨マークで、梅雨入りが早そうな情報も流れていた。
 そこで10日の午前10時過ぎに常念岳小屋に電話を入れると「11日、12日だけは天気はかなり良さそう・・・」とのお話!!管理人はちょうど11~15日まではやることナッシングデーだった。電話を切ったとたん、心は常念岳に飛んでいた。正に「♪飛んでジョウネンダケ♪」である。

 家内に「ちょっと週末まで北アルプス周辺で遊んでくるね!!」と言うと、「どうぞどうぞ!ゆっくりしてきて♡♡」とのお返事。二階に上がり、にやにやしながら久しぶりの雪山道具をチョイス・準備にとりかかった。40年近く夫婦をしているとこんなもので、大変に有り難かった・・感謝である。



前夜は車中・オートキャンプ泊。



この一杯で最高にテンションアップ!!


 安曇野市?にある登山口、一の沢林道車止めには10日19時に到着した。安曇野市内でビール、ワイン、つまみ、氷などを買い、クーラーボックスに詰め込んだ。最近、巷では「一人キャンプ」「ソロキャンプ」というジャンルが流行っているらしい。管理人は昔からこのスタイルでやって来たので、別に流行にとらわれた訳でもなく、11日早朝までを車で楽しんだ。残念ながら外は雨だったので、屋外でのクッキングなどは出来なかった。

 翌朝は、ガスガスでどんよりしていた。これで晴れるのかな??天気の方向は良い方向なのかな??といろんな不安を抱えスタートした。近年のGW北アルプスチャレンジは、2回とも、涸沢、ババ平でのテント泊は吹雪だった。この山はまだまだ5月は吹雪に見舞われることは、無きにしも非ずなのだ。基本装備は厳冬期用、ダウンジャケットも1着厳冬期用の大型を入れた。手袋も手先が弱いので、マイナス10度用の物を準備。そして12本爪のアイゼン、ピッケル、ヘルメットで、多少の悪条件でも帰還出来る内容を背負ってのスタートだった。

 今回は常念岳小屋泊まりだったので、今までの様なテント、シュラフ、スコップ、食料装備が無い分、総重量は減ってはいたが、さすがに日帰り山さんぽ装備では無いので、それなりに重かった。1300mの登山口からスタート。本日目指す稜線にある山荘は2466m。標高差1166mを登らねばならない。標高1800m付近から、突然雪の世界に変わった。アイゼンを付け、一歩一歩谷筋を登った。落石が怖いので、頭の保護に一応ヘルメットもかぶった。雪斜面に入っても辺りはガスガスで、先があまり見えなかった。しかし雨にはなっていないので、とりあえず喘ぎながらも登山を続けた。

 道中、地図にも乗っている、「胸突き八丁」という、稜線に向けての急登はさすがにしびれた。雪の具合は良かったので、急ではあれ滑落はしないだろう・・・という安心感はあった。周りに人は誰も居なかった。道しるべになる竹のポールが刺してあるので、そのポールに導かれた。先週登った低山の高座山のほんのちょいの急斜面が、超怖かったのに、その斜度以上の雪の斜面はへっちゃらだった。何故か・・・備えあれば憂いなし・・・とはよく言ったものだ。アイゼン、ピッケルがあるために、怖さは感じない。これらがなかったらやはり、かなり怖い斜面である。あと、氷ついていたら一人では危険なので、撤退しただろう。(2015年GW、我々が奥穂登頂二日後、小豆沢の登った同じルートが凍結し、京都から来られたパーティ-2名が600m滑落し、お亡くなりになった。)やはり春山は簡単では無いのだ。厳冬期は降れば雪。春山は雨の可能性もあり、早朝は氷点下まで気温は下がり、降った雨が凍結する。



ガスの中、竹のポールに導かれる。



胸突き八丁、下を撮影。



稜線まじかでは青空も!!



苦しさ吹っ飛び・・圧巻の景色だった稜線に到着。


 胸突き八丁を半分以上登った頃、ガスが急に晴れてきた。上部の空には青空も・・・。何だか良い予感がする。苦しい登りも心も一気に晴れ渡った。そしていよいよあと30分くらいで稜線と言う位置では、太陽が眩しいくらいに降り注ぎ、慌てて日焼け止めクリームを塗った。2015年GWに奥穂に登頂した時は、太陽からの紫外線をなめてかかり、ひどい火傷状態に下山後になり、後日の電車通勤時恥ずかしい思いをしばらくすることとなった。そんな反省から、べっとりと日焼け止めを塗った。
 
 約5時間半かけ、11時過ぎ頃稜線に着いた。そこには北アルプスの名峰が、ズラリ出迎えてくれた。久しぶりの北アルプスの景色に、もう涙ものだった。一時は天候を心配したが、小屋番さんの言うとおりだった。管理人が今でも雪山師匠と思っている静岡山の会のリーダーが、街の予報は雨、曇りでも、富士山山頂は快晴・・・の時がある・・・と以前アドバイスされた。この日稜線からの写真を家内にメールすると、東京は曇りとの返信。下界は曇りでも・・・その上は晴れ・・・という最高の日に当たった!!小屋には一番でのチェックインだった。誰も居ないすばらしい眺めのテラスで、一人祝杯をあげた。久しぶりに至福の時間が流れた。持参したウヰスキーもチビチビとやってしまった。

 17時からの夕食時まで、管理人は昼寝をしている間に何組かのパーティーも到着した様で、夕食時食堂にはそこそこの登山客がいらっしゃった。食事も終わる頃、食堂内を見渡すと、何となく山田哲哉氏に似た方が、談笑されているのを発見!!まさか・・・と思い、小屋番さんに「もしかして今日の宿泊メンバーに、山田哲哉、というお名前の方いらっしゃいますか?」と訪ねると、「はい、いらしていますよ!!」とのお返事。他人のそら似かも知れなかったので、しっかりと確認し、声をかけさせていただいた。「山田さん!!庄野です!」「うわー、奇遇ですね。一人ですか?」と氏も偶然の再会にビックリされていた。その後情報交換などして、翌朝以降ご一緒させていただくことに。



小屋のテラスで一人祝杯!



コロナ対策含め、グループごとの部屋割で、結果個室になった。



個室だった窓からはこんな素晴らしい景色が!!



常念岳小屋・受付。


 翌12日午前5時40分、氏、率いるパーティと一緒に山頂を目指した。空荷だったので、かなりの急登であったが、歳ながらまあまあ付いて行けた。山田氏はメンバー全員のアイゼンをリュックに入れ、背負って上がった。さすがにプロのガイドさんだなーと思った。道中アイゼン不要の岩場もあるので、管理人は袋に詰め、身体にぶら下げて必要な場所まで登る事にした。
 山頂からの景色は、最高の天気の中、久しぶりの感激風景が出迎えてくれた。山田氏がメジャーな山頂名を教えて下さった。遠くは剣、雨飾山辺りまで見える。東方面には八ヶ岳、南アルプス、さらには下山後木曜日から泊まった、富士山も見えた。
 山頂で撮影、景色を楽しんだ後、再度小屋前に下山。リュックを整理し、アイゼンを付け本格下山開始となった。下りの急斜面の雪はかなりぐずっていたが、問題なく無雪地帯までトラブルなく全員降り立った。

 こうして、5月の残雪常念岳は、山田氏との再会いと言うサプライズの中、無事終了した。一の沢林道に止めた車に戻ってからは、着替えた後ひとり祝宴を開いた。鳥の声を聞きながら、けだるい中にも達成感があり、最高の昼寝を満喫した。
 19時頃林道を出発、松本インターから中央道に。土曜日まで暇人な管理人は、途中諏訪湖サービスエリアにて温泉に入浴、そして一宮・御坂インター下車で、鳴沢村の山荘で二日間を過ごした。洗濯、薪割り、音楽鑑賞、山女日記ビデオ鑑賞・・・などなど、充実した年金おやじを満喫するのだった。そうそう別れ際、山田先輩に「年金満喫遊び人おやじ」と言われた。さすがに文才?のある方と、改めて尊敬の念にかられてしまった。
 またどこかで!!大変にお世話になり、ありがとうございました。



山頂はこの奥でした。



いざ山頂へ。山田氏のリュックには全員のアイゼン、水等が・・。



無事、山頂到着。



帰路もご一緒させていただきました。ありがとうございました。



帰路諏訪湖サービスエリアの温泉に。




帰路鳴沢村山荘で二日間の休息。
本当に、楽しい5日間でした!!



すべての写真を見る




TOPへ