日帰り山さんぽシリーズ
北高尾山稜
八王子城跡~富士見台~駒木野バス停
2021年3月19日

八王子城跡資料館にて。

 
  2021年3月19日、やっとのことで念願の北高尾山稜を歩くことが出来た。北高尾山稜は中央高速道の北側に位置し、東西に伸びている尾根で、八王子城跡から始まり、景信山と陣馬山の中間にある堂所山を結んだ登山コースである。高尾山口から登る、いわゆる「高尾山」は数えられないくらいトレーニング含め登っているが、こちらのコースは昔から単なるショボイ低山歩き・・・となめて目を向けていなかった。しかし最近ブームの低山ハイキングにはまった関係で、早急に歩いてみたいエリアにノミネートされたのである。
 いざ行ってみると、沢山の歴史が詰まった、本当に素敵なコースであった。あまり日本史は得意ではなかった管理人であるが、八王子城跡資料館の展示物をじっくりと見学すると当時の状況が良く判った。八王子市も歴史保存のためにずいぶんな経費をかけ調査事業を行った事に、深く敬意を表する管理人だった。
 八王子城跡からスタートした登山も、けっこうな急な登りもあったり、本丸のある山頂以降も、けっこうなアップダウンがあり、ショボイ低山となめていたのは間違いだったことに気づいた。当日も口に入れる食事、食べ物類はまったく持たずで、500mlの水1本だけだったので、何となく途中不安を感じた部分もあった。そして目標の富士見台からの下りが結構長く、中央道の高尾のインターチェンジが見えてからバス停までも相当に長く感じた。駒木野バス停には小仏関所跡があったりで、春満開の里山で、歴史にたっぷりと振れることの出来た休日であった。

 あと一つ、不思議に思っていたことが解決した物と出合った。山中の高い場所にあった井戸である。今でもしっかりときれいな水が出た。管理人は昔から山城の水はどうしていたのか、と疑問であったが、今回かなり高い場所で、かつ沢らしきもまったく見当たらない場所で、井戸で水が出た事にビックリした次第である。昔もこういった場所で、井戸掘りの技術があれば水は確保出来たのだな・・・と妙に感心した井戸との出合いであった。



平日はバスは霊園前で下車。



まずは資料館を見学。






各所に説明文があり判りやすかった。



城へ続く門。



昔ながらの井戸。水はしっかり出た!!


すべての写真はこちらでご覧ください。




TOPへ