青春時代の思い出
葛野川源流・小金沢回想。
2021年6月20日 記
全て解決・後編もあります!

2004年完成の深城ダム


 年金生活の年齢になり、何故か二十歳の頃を懐かしむ今日この頃である。まずはその筆頭である小金沢について回想録を書いてみたい。
 2007年6月、つい最近の訪問かと思いきや、これ自体もすでに14年も前の事になってしまった。この日、二十歳代によく通った、葛野川・小金沢を懐かしく思い訪ねてみた。すると小金沢周辺は深城ダムが完成し、ダムの出現により様相はまったくもって変わってしまっていた(表紙の写真がそれである)。驚きだった!!そんな当時の思いをこのHPにも書き記していた。それをまずは転載したい。


私の休日・・ ダムに沈んだ?渓流釣り場 2007年6月

 6月2日 仕事が一段落し、シーズン本番に向け、近くの管理釣り場に釣りトレーニング?に行きました。中央道利用が便利なため、向かった先は山梨県大月近くを流れる葛野川水系。30年ぶりに行ってみると・・、学生の頃お世話になった小金沢渓流釣り場はダム湖に沈み?、こんな近くでもダム開発が行われている事に、唖然といたしました。近郊とはいえ、あの深山幽谷の小金沢合流付近は、今では奥多摩に抜けるすばらしい道路に囲まれ、周りの環境も一変しておりました。
 正確には沈んだ訳ではなく、小金沢方面への道が、ダム建設により廃道になったのでしょう・・か?。
 そんな中、今でも昔と変わらない静かなたたずまいを見せてくれた、奈良子川の管理釣り場を訪れました。放流前から残りマス、ヤマメがたくさん釣れ、放流は不要なくらい楽しむことが出来ました。40センチ級のブラウントラウト、ニジマスもヒットし、大イワナ取り込みの良い練習になりました。



1977年頃の私。良く遊んだ小金沢渓流釣り場の写真。


 その後、疑問に思ったのは、はたしてこの小金沢渓流釣り場は、現在のマップで、どの辺に位置していたのか・・・ダムの底になったのか、はたまたダムに沈んでいないのなら、林道を徒歩でも良いから行って、昔の釣り場、廃墟となっていても見てみたい・・・という衝動に駆られ出したのである。
 
 記憶では当時はバスが上和田という地点まで乗り入れており、ここまでは舗装路だった。上和田から先はダートコースで、土煙をあげて狭い林道を恐る恐る15分くらいは走った記憶がある。釣り場に着くと、林道脇にも車は止められたが、川の脇にも駐車場があった。しかしそこに降りるには、かなり急な坂を降り、すぐにある木の橋を渡らなければならなかった。
 荷物の出し入れなどは、川床・下の駐車場の方がはるかに楽であったが、免許を取って間も無かったので、帰路の坂の登りがかなり怖かった。坂に取り付くと、道は見えずフロントガラス先は空と森しか見えなく、それほど急であった。
 そんな懐かしの小金沢渓流釣り場。場所の特定でネットを検索する。当初はすぐに資料が出てくると思っていた。しかし、しかし・・・小金沢渓流釣り場に関しては、自分が掲載した上記写真の他は、ほとんど情報らしいものは見つからなかった。よってネットからは、この釣り場がどの辺にあったのかは、知ることは出来なかった。そこで、ネットに載っていないのなら、少しでも今後の為にも資料を掲載しようと、いろんな角度から調べてみた。そんな中、この釣り場で釣りをしているシーンの自分を撮影した、2枚の写真が自宅の奥地アルバムから発見できた。
また、さらには下に掲載の、ダム完成後、完成前の山地図が出てきた。これを元に考察・検討を試みた。


2012年発行の昭文社「大菩薩」マップより。


1990年発行の昭文社「奥多摩」マップより。



先日猿橋に当時の看板を発見!!


 地図をみていただくと判るように、上和田より奥は、道がだいぶ付け変わっている。以前は土室川と小金沢合流地点より上和田までは、林道は右岸に付いていた、確かに昔は釣り場まで、渓は右手に常にあった。現在では竹ノ向から先は、左岸に付いている。それもアスファルトの広い立派な道路である。前述したが、当時は上和田から先は、車が行違うのも厳しそうなダートの林道であった。
 上記マップの大菩薩2012年版には、竹の向よりずいぶん手前から右岸道が書かれているが、これはかなり上部を通っており、展望台、小金沢公園に向かう観光道路として、最近造られた道路と判明 (以前現地調査済)。 

 つい最近、河口湖山荘帰りに、猿橋を散策中、ちょうど葛野川が、桂川本流に合流する辺りのT字路で、開園していた当時の案内板を発見した(上・写真)。やはり釣り場の存在は幻ではなかった。
 そしてネットではまったく場所情報が見つからない中、手持ちの地図から意外な発見があったのだ。それは下に掲載の2010年発行の「奥多摩」マップに、ミス編集と思われるが、なんとダムの中に「小金沢渓流釣場」という表記が載っていた。「小金沢渓流釣場跡」という表記ならば、編集者も懐かしんで、あえて載せたのかもしれないが、「跡」が無いところを見ると、編集ミスであろう。でもおよその場所が判った。感激!!
 あの場所はなんと土室川合流点より、下流だった様だ。
 地図から距離を図ると、上和田からは4キロ弱程度と思われる。免許取って間もない、運転が下手な管理人が時速15キロ程度の徐行で走れば、ちょうど釣り場までは15分少々という計算になる。ほぼここが釣り場だったのだろう。しかし残念な事に、完全にダムに水没してしまっている。いつしか日照り続きで、水が干上がれば、当時の受付小屋などが、湖底から現れるかも知れない。そんな水不足的な年は来て欲しくは無いが、そんな時は是非見にいってみたいと思う。ちょうど現在パーキングにもなっている公園の辺りの様だ。
 これで懐かしの小金沢渓流釣り場のその後の運命を知ることが出来た。本当に湖底に水没してしまった青春時代を楽しませてくれた釣り場に、改めて御礼を申しあげたい。



2010年発行の昭文社「奥多摩」マップ上に発見!!
たぶんミス編集??でも場所判ってスッキリした。
ずっとこの記述に不思議と気が付きませんでした。
なおこのマップには観光用右岸道の表記もまだありません。



今回発掘された、2枚の釣り場写真。懐かしい!!





 最後に、1990年発行の地図より、釣り場があったあたりの標高を、マップから読み取ると、川床の標高は625mである。そして現在の国土地理院から釣り場があったあたりの公園や小菅に向かう道路の標高を調べると、650m付近に付いている。よってその差25m。写真にもあるように、この道の下25mあたりが昔の釣り場付近ということの様だ。完璧に水没した渓流釣り場である。



 対岸広場が小金沢公園。おそらく釣り場は、この辺りと思われます。カメラ位置から20~25m下です(小菅に向かう国道139号より撮影)。
 以下に唯一見つけた小金沢渓流釣り場が書かれたHP。確かに釣り場下では良く釣れました。管理人も2回トライ。50センチ近いニジマスがかかりました。.


Mr.Showの『My Dear Life』



現地調査をしすべてが明らかに!!
続編はこちら





TOPへ