ダム湖に沈んだ渓流釣り場。(後編)
小金沢渓流釣り場・現地調査報告。
2021年6月23日

2004年完成の深城ダム


前編はこちら!!


 前編に書いたように、二十歳代の頃通った小金沢渓流釣り場。今からすでに40数年前の話である。ネットからの情報含め、調べれば調べるほどに情報の少ない釣り場であることが判明。いったい昔、ダートコースの凸凹林道を走り、着いた先は現在のどのあたりになるのか・・・。はたまた、当時走った林道の現在はどうなっているのか・・・。それらを知りたくて、6月23日再び現地を訪れた。

 まずは、前編にも掲載したが我が家にあった、ダム完成前と完成後のマップをまずは掲載したい。


2010年発行の昭文社「奥多摩」マップより。
編集ミス?なのか、このマップで渓流釣り場のおよその位置を知った。


1990年発行のダム着工前の昭文社「奥多摩」マップより。


 地図をみていただくと判るように、上和田より奥は、道がだいぶ付け変わっている。以前は土室川と小金沢合流地点より上和田までは、林道はすべて右岸に付いていた。確かに昔は釣り場まで、渓は右手に常にあった。現在では竹ノ向から先は、左岸に付いている。それもアスファルトの広い立派な道路である。当時は上和田から先は(どのくらい先かは記憶なし)、車が行違うのも厳しそうなダートの林道であった。
 その林道をゆっくりではあるが、20分くらい走った先に釣り場があった。葛野川は全体的に渓が深く、管理釣り場以外の沢床に降りるのには、どこも林道からの高さがかなりあり、苦労したのも覚えている。しかし小金沢渓流釣り場は、急なコンクリーの斜面であったが、8m位を下ると、沢床に着き車を駐車することが出来た。そんな場所だった。
 今回の現地調査で確認したかったことを以下に掲げ、結果を報告したい。

 1、竹ノ向から現在は左岸、以前は右岸に林道があったが、この右岸道の確認。

 2、土室川と小金沢の合流点には、林道は小金沢を橋で渡っているが、その橋、
   林道の確認。

 3、小金沢の奥地まで伸びている林道「真木・小金沢線」は昔と今と位置的には
   似てはいるが、別物なのかの確認。

 4、小金沢渓流釣り場の場所の特定。

 これらの4項目を調査した。結果は・・・地図から想像した仮説通りにすべてが存在し写真に収めることが出来た。管理人の青春だった道は、大半がダムに沈み、荒廃した道だけが、時間の経過を物語っていた。 


1、竹ノ向から現在は左岸、以前は右岸に林道があったが、この右岸道の確認。

竹ノ向バス停脇から、右岸を走る道の分岐がありました。
直進は左岸を走る、新しい国道。すぐ先の橋の下に葛野川が。



昔の面影を残す右岸道。



ダム建設に伴い、新設された左岸道。橋下が葛野川。



当然入ってしばらくでゲートが。右下が葛野川の渓。



ゲートの先。昔はこれを走った様だ。たぶんダム建設時舗装されたのだろう。


 2、土室川と小金沢の合流点には、旧林道は小金沢を橋で渡っているが、その橋の   現在と旧林道の確認。

 いやー!ありました!!小金沢公園内より、小金沢・土室川合流点にかかった橋の土台を確認。



今ではバックウォーターとなっているが、土室川沿いの旧林道。
当時は土室川右岸の斜面も木に覆われ、鬱蒼としていました。



現在公園脇に出来ている、「真木・小金沢林道線」入り口トンネル。
これを入り、小金沢側に入り込むと・・・!!


やはりありました。土室川・小金沢合流地点を渡る橋と、旧林道。
クリックで拡大表示します。


3、小金沢の奥地まで伸びている林道「真木・小金沢線」は昔と今と位置的には似て   はいるが、別物なのかの確認。

トンネルを抜け、小金沢上流に向け歩いてみました・・・すると・・・!!






アッ!!と叫んでしまいました。現在の林道下5mに旧林道が走っていました。
上の橋の土台が写った旧林道から、続いていました。



現在の林道下を走る旧林道。現在は完璧に廃道です。
地図から想像していた通りに、旧道は付いていました。



新しい林道を撮影。でもって、この先に意外な事実が・・・!!



昔走った旧林道は1キロ位先で新道に合流。



旧道入り口には頑丈な柵がありました。
よって、ここから先は旧道を拡張し、流用したと思われます。



柵の脇から旧道を撮影。懐かしさが込み上げます。


4、小金沢渓流釣り場の場所の特定。
 最後に一番メインテーマ、小金沢渓流釣り場の場所の特定。特定する為に考えたのは、下に掲載の当時の管理人写真の背景の山々が見えるところ・・・地図から思い当たるそれらしき場所に行ってみた。すると予測していた場所にバッチリと同じ背景があったのだ。編集ミスのマップが示している場所のほんの少し下流だ。旧林道も現存。やった~!!という思いと満足感と共に懐かしかったが・・・今では変わりはててしまっている景観にただただ唖然としてしまった。あの、深山幽谷の釣り場はダム湖の湖底に完全に沈んでしまった。
 昔の釣り場の写真背後空中に、つり橋見たいな物が写っているが、現在でも同じ辺りに偶然にも、小金沢公園に向かう橋がかかっていた。昔も何かがあったのかも知れない。
 こうして長年胸につかえていたモヤモヤを、すべて取り去ることが出来、渓流釣りを十二分に楽しませてくれた、小金沢渓流釣り場跡にお礼を申し、現地を後にした。

 深城ダム・・・ウィキペディアより・・・
 前略・・・1974年より予備調査が開始され、現地点でのダム計画が決定し1978年(昭和53年)より実施計画調査に入った。同時に水没補償交渉が行われたが、水没住民で組織する「深城ダム対策協議会」との交渉は難航し、補償交渉が妥結したのは1989年(平成元年)のことであり調査開始後11年を費やしている。その後本体コンクリート打設に入り、計画発表後26年を経過した2004年(平成16年)に完成した。相模川水系では最も新しいダムである。

 これによると下の写真撮影の翌年から、実施計画調査に入り、1989年まで11年間水没するエリア住人との交渉期間があった様だ。よって実際の工事は1990年頃からであったのだろう。でも当時の記憶では、竹の向から釣り場までは民家は無かった記憶。しいて反対派がいたとすれば、この小金沢渓流釣り場オーナーだったのかも知れない。
 その後ネットでこの周辺を書いた文献を発見し読むと、渓流釣り場近くには公園と深城荘という宿もあったようだ。写真に写るつり橋も、公園の一部の橋かも知れない。とすると現在の小金沢公園は、昔あった所に再生されたのであろうか?管理人はまったくこれらには立ち寄らなかったので覚えていない。魚釣りに熱中していた時代だったから、周りに目が向かなかったのかも・・・苦笑。



1977年撮影の小金沢渓流釣り場写真。
背景の山々が見える場所を探しました。



ここです!!背景の山の尾根具合、右から落ち込んでくる斜面。すべてで合致。



ちょうどこの真下の湖底あたりを歩いていた写真のようだ。
国道139号線、トンネル手前から撮影。


小金沢渓流釣り場の現在の姿。

 小金沢公園下には土室川合流点より続く林道跡が見える。釣り場入り口は川床との差があまりないかったので、林道は下り坂になり途中で水没している。
 当時受付小屋より上流では釣りはしなかったが、上流20~30mくらい先で景色は岩盤となり、川は消えていた。川はどちらかに急カーブしていると、思っていた。その辺もバッチリと合致した。
 今では剥き出し状態の林道であるが、当時は深い森の中を走る、素敵なダート林道であった。変われば変わるものである。クリックで拡大表示します。
 ただただこのダムプロジェクトのすごさに驚くと共に、人間の土木技術のすごさに圧倒される管理人だった。





 結論:小金沢渓流釣り場・受付小屋位置は上記マップのPマークの所である。
 しかし、2010年版発行のマップに、すでにダムの底になった釣り場名が何で記載されていたのだろう?なかなか場所を示す資料が無かっただけに、おおいに助かったが、まあ単純に編集ミスなのだろう。なら1990年版にあっても良さそうだが・・・。すべての疑問が解けた現在・・・気持ちは爽やか!!明日は高尾山トレかな、と思案中。



家族連れでお弁当持って来るには素敵な公園です。









おまけ 
小金沢トンネル入り口の鍵は現在は番号合わせの鍵ではありません。


すべての写真を見る


おまけ:真木小金沢林道 完抜き


1984年に書かれた資料発見



TOPへ