2021年 キノコとの再会。
富士山・御坂山。
2021年9月 28~30日
御坂山尾根からの雲海と初冠雪した富士山。
2021年9月29日撮影。


 8月2日に苗場山に行って以来の、2ヶ月ぶりの山遊びである。本日これを書き出したのは、10月1日(金)早朝。思えばこの2ヶ月って色々な事がありました。反対意見をゴリ押ししての東京オリパラ開催、そしてコロナの猛威!!8月13日、とうとう都内5773人に。すぐに1万人越え??と、拡大を恐れる毎日。それがオリパラが終わると、なぜか一気に減少!!昨日なんて、東京はなんと218人のみの感染であった。200人なんて、もうコロナいないのと同じ・・・。ただの風邪引きの方すら、もっと多いであろう。そして長く長く続いた、緊急事態宣言が、いよいよ本日より解除された。
 この緊急事態期間であるが、親しい山仲間連中が、なぜか中央線沿線の山に通っていた。上野原、大月、の山々である。何故かと尋ねると、山梨県でないと下山後の山麓酒場が営業してない・・・との弁。何ともお酒目当ての山選び!!確かにそんな努力が必要な期間だった。
 管理人もこの2ヶ月で1度だけ高尾山にキノコ視察に行ったが、帰路は真っ直ぐ家に帰宅した。山麓酒場はかなりどこも厳格にルールを守っていた。それとは対称的に、新宿界隈などは昼間から無法地帯であったが・・・。
 コロナの他で久々の山・・という意味では8月、9月初旬までは、沢登りか3000m級の山以外は暑くて、バテバテになってしまう。昨年の低山通いで、懲りた次第だ。
 そういえばつい先日「敬老の日」なる祝日があった。趣旨たるやを調べると、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」事を目的としているそうだ。母も92歳ですこぶる元気で健在である。ささやかなプレゼントを購入し、施設にお届けした。未だにコロナで、面会は出来ない。しかしである。どこかのラジオ放送で、敬老の日に該当する人は65歳以上であるらしい。そうなると管理人も該当者である。けっこうショックを覚えた!!まだまだ山には登れるし、体力には自身がある。でも現実は年齢が物語っていた。そんな訳で、夏期の低山登山は歳も年だし、体に負担がかかるのでやらないことにしていた。
 
 前置きが長くなったが、秋の気配も色濃く感じる今日この頃。数年前、なかなか良質キノコが大漁だった御坂山を訪れてみた。しかし少しだけ時期が遅かった様である。多少の雑キノコは採取できたが、ピークは終わった感があった。もう御坂山塊は冬支度への準備入りの山だった。ちょうど到着した28日夕方、鳴沢村山荘周辺の森にて、雑キノコが爆発していたので、かなり期待を持っていた。これらは決して優良キノコではないが、とにかく美しく?出ていた。旬たけなわと言った感じ!!
 
 そこで、標高1500m周辺が終わっているならば、と1000m付近の富士スバルライン沿いに場所変えした。すると予感的中。ショウゲンジが沢山出ているではないか!!ショウゲンジは、地面から引き抜く時の、採る感触が大変に素敵なキノコなのである。見つけた感、採った感が冴え渡ったキノコで、今年初めての大満足キノコ狩りとなった。アミタケ、アンズタケなどもあったが、あまり採取はしなかった。アンズタケも最近では毒茸区分に入っている。
 台風16号も近づいているようであるが、富士山は連日美しい姿を見せてくれた。秋晴れの空気の澄んだ鳴沢村の森の中で、一人ワインで乾杯し、元気な65歳に感謝する管理人であった。
 以下、写真でご説明。ご覧いただきありがとうございます。 


  
鳴沢村山荘前で無名キノコと毒茸になったスギヒラタケが沢山。


   
御坂山登山と道中あったヒラタケ。


  
イタチナミハタケ(食不適)とヌメリツバタケ(食)。
寝転してあるのはフキサクラシメジ。臭いので食不適。


  
富士山の森で、ショウゲンジ発見!!



ショウゲンジの群生!!



ドクベニタケ?ベニタケ科のキノコは判定が難しい。


エサキモンツキノカメムシ・ハートマークを背負っていました!!



自宅にて・・まあまあ収穫できたショウゲンジ。



御坂山での雑キノコ、いろいろ。



山荘での一人打ち上げ会。




TOPへ