ケーブル利用のアルプスですが・・・。
紅葉最後の木曽駒ヶ岳散策。(前編)
2021年10月 6日
やってきました!!中央アルプス・千畳敷カール。


 普通登山の計画って、コースタイムや難易度、実施日の天候、水場の有無などを調べ、さらに山小屋泊が加わる場合は、その小屋のルールや、料金、お願いなど利用マニュアルを調べ出発する。この辺を押さえておけば、とりあえず登山口に着けば、大体の場合、それらの情報で何とか無事、登山を実施・完了できるものだ。

 しかし、これらの一般情報以外に、ネットで読んでも解りそうで、行って実体験しないと実情が解らない登山場所がある。それは、上高地、尾瀬、富士山、南アルプス広河原など、マイカー乗り入れ規制がかかっている山である。最寄りの指定駐車場に着いてから、どのような手続きを経て、専用交通機関に乗車し、さらには早く、リーズナブルに登山口まで行くのかが、初めてだとなかなかノウハウが解らないものだ。
 
 今回はその最たる山、「木曽駒ヶ岳」を目指すこととなった。ここは地元の京王電鉄駅構内に貼られているポスターなどで、随分以前から美しい千畳敷カール写真を目にしていた。ポスターによると、中央アルプスの懐深くまで、バス、ケーブルカーで行けるらしい。今回はその甘い言葉に魅了され、最後のアルプスの紅葉を楽して拝んでこようと、急遽の山旅となった。

 アプローチ方法をざっと調べると、中央道・駒ヶ根インターで下車し、すぐのところにある、菅の台バスセンターなるところの大駐車場に車を止め、バスでロープウェイ駅「しらび平駅」まで連れて行ってもらえば、あとはロープウェイで、カールまで行けるようだ。駐車場料金は1日800円らしい。
 
 午前2時少し前に、自宅高井戸を出た。高井戸は中央道へのアクセスはすこぶる良い立地。ちょうど5時頃に駒ヶ根インターを降り、5分くらいで目的地の菅の台バスセンターに到着した。さあ、ここからが行ってみないと、ネットのガイドを読んだだけでは、解らない部分が多いステージに突入だ!!事前情報でケーブル駅、しらび平駅行き始発バスは7時15分、という情報は持っての到着だった。駐車時刻は5時10分であった。まあまあのタイミングであった・・・しかぁし・・・



こちらが大駐車場、もうかなりの車が駐車をしていた。


 始発バス7時15分に対し、5時10分には駐車出来た管理人であるが、もうすでにかなりの数の車が止まっている。平日の水曜日でもあるのに・・・管理人は靴を登山靴に履き替えるだけで、すぐに準備はでき、車の外に出た。ロックもし、さあ・・・この後、何をどうしたら良いのだろう・・・?すごい車の数だし、バスチケット購入は??バスは沢山来るの??まったく解らないことだらけのスタートだった。
 
 すると、何やら行列が見えた。5時20分だった。解らないけどその最後尾に並んでみた。そして自分の前にいらしたベテランそうな男性に質問した。「これは何の列ですか??ロープウェイ利用で千畳敷カールまで行きたいのですが、この列に並べば良いですか??」 その方はラッキーにも4回目の利用で、細かく教えて下さった。「ここはバス、及びロープウェイの乗車券をまずは購入する為の列です。あの小屋がチケット販売所で、5時45分から販売開始します。購入したらバス乗り場での列に並べば、あとは順番待ちだけすれば、行くことが出来ます。」とのことだった。
 すると管理人の後ろに並んだ女性から、同じ質問を受けた。「僕も初めてなので、こちらの方に今しがた、同じ質問をして教えていただいたのですが・・・」と前置きし、同じ答えをお伝えした。成田からご主人と車を走らせここまで来たという。登山ではなく普段着で、千畳敷カールだけの散策が目的との事だった。教えて下さった男性は浜松から来ました・・・との事。さらに、その方はやはり慣れておられ、ご一緒の女性の分と、リュックサックをすでにバス停の一番先頭に置いてあるという。だからチケット購入は結構後ろでも、バスは一番に乗れるらしい・・・。やはりこれも来てみないと解らない、奥の手があった。秦野駅のヤビツ峠行きバス停では良く見る光景なので、まあ、ルール違反では無いであろう。ノウハウである。
 よくよく車のナンバープレートを見ると、遠くは徳島、京都、大阪、尾張小牧、富山などなど、中央アルプスは関西圏からもアクセスが良いのか、多県に及んで全国区の山であった。



切符売り場・帰路撮影なので列はなしていない。



朝、バスのチケット販売所窓口に並ぶ列。



こちらはバス乗車待ちの列。



さらに後ろは・・さらに
同じくらい切符売り場にも未だに列が!!



いよいよ次のバスに乗れそうだ!!



駐車場着から2時間の経過だった。



バスは結構な台数が待機していた。


 教えてくださった男性いわく、紅葉時期の土日のこの駐車場は、午前2時には満車になったらしい。ケーブルカーに乗るための待ち時間は、1時間から2時間待ちもあるという。そういう意味では、これだけの人にビックリの管理人であったが、まだ満車にはなっていない本日は、さほどの混雑ではないのであろう。実際にバスも3台目に乗ることが出来た。
 バスであるが、ワンマンカーで後ろ乗り、前出口で、降りる時に購入した往復きっぷの1枚目をミシン目から切り離し、運転手さんに渡す、降車時払いである。よって乗り込む時はなるべく空いていれば、前の席が良い。次なるロープウェイへの乗り換え時、早く降りた順で前の方に並ぶことが出来るからである。管理人も意外と前方に席が取れ、ロープウェイへの移動では、前の方に並ぶことが出来た。さらに判明したこと。バスは臨時でどんどんはけるまで来る様子。そして立ち席は一切なく、全員が着席した時点で、出発する事。よってこの日くらいの人数であれば、意外とさばけるのも早いと感じた。
 しらび平駅までは細い山岳路をウネウネと登っていった。けっこうな距離である。尾瀬戸倉駐車場から鳩街峠までの距離・時間にも似ていたが、道は尾瀬よりも狭かった。しらび平駅到着からのケーブルカー乗車は、ほとんど待たずで乗ることが出来た。さあ、プチアルプス登山の開始である!!解らなかった移動手段も無事クリア!!



後はこれに乗るだけで、アルプスの世界へ!


後編へ GO!!





TOPへ