山と海とグルメと展望と・・
大磯・高麗山探索報告。
2021年11月26日
湘南平から見る高麗山と江ノ島方面の眺望。


 高麗山公園(湘南平)以下ネットより・・・ 
 湘南平を含む高麗山公園(こまやまこうえん)は、平塚市と大磯町にまたがる風致公園で、平塚市域の開設面積は約23.94haあり、大別すると、絶景が楽しめる「湘南平ゾーン」、本格的な自然が楽しめる「浅間山ゾーン」があります。また、「かながわの景勝50選」「かながわの公園50選」「かながわの花の名所100選」「夜景100選」「平塚八景」など多くの指定を受けています。

 上記のネット情報にもある通り、神奈川県などの多くの名誉ある指定を受けた山である。標高は168mと超低山なのだが、なかなか眺望の良い、楽しめる山だった。日帰り山散歩シリーズでも、紹介されている山である。いつかは行ってみたいと思いつつも、あまりの低山に?尻込みをしていた。しかし10月27日に歩いた「高尾セブンサミッツ」で、すっかり右膝を痛めてしまい、まだまだ回復しない中、リハビリ兼ねてついに行くチャンスが訪れた。膝をかばいながらの登山ならこの標高がちょうどよかった。とは言うものの、今年の11月7日には滑落死亡事故も発生している。山はなめてかかると、何が起きるか判らないものだ。

 当日は絶好のお天気に恵まれ、東海道線大磯駅(生まれて始めて下車)をスタートし、趣のある東海道の並木道を歩き、高麗神社裏からのスタートだ。標高差は最高地点でも200mを越えないので、膝は痛むが、らくらく稜線に着くことが出来た。途中、先日滑落事故があったところを通過したが、かなり急峻な尾根道で、落ちたらひとたまりも無いだろう・・・という場所であった。狭い尾根道では時として、バランスを崩し、滑落寸前のシーンを見たことがある。仲間にも危ない瞬間があったのを見ている。やはりいつ何時も、安全第一を心がけねば・・・と気を引き締めた。



はじめて下車の大磯駅からスタート。



高麗神社裏から登山道となりました。






尾根に出る前から目の前に海が広がりました。


 高麗山山頂にはあっけなく到着した。全体的にこの尾根は、以前山城があったような作りを、随所に見ることが出来た。堀も見受けられた。城を建てるにはうってつけな平らで広い高台が尾根伝いにあった。

 暫く歩くと、東京タワーの様な、朱色塗りの鉄塔が現れた。ここが眺望抜群の湘南平である。ほとんどが車で来ている方だった。北に大山、西に富士山、南に伊豆半島、そして東に高麗山、江ノ島が見えた。横浜も見える。朱色のタワーは3階部分まで一般開放されていて、景色も抜群であった。

 下山コースは南側に進路を取り、途中からは閑静な高級住宅街の中を歩いた。山暮らしも良いが、こんな海辺の街もいいなぁ・・・と思ってしまうほど、美しい街並みであった。その後は大磯港に立ち寄り、採れたてのシラスを購入した。なかなか東京では見ないタタミイワシも購入。小ぎれいな海を望むレストランで、ビアタイムと洒落込んだ。最高の天気の中、山に海にグルメにと、小旅行を満喫した1日であった。膝の痛みも忘れ・・・。


高麗山山頂。



高麗の由来。



滑落事故はこの先であったようです。








クリックで拡大表示します。



湘南平の公園。



3階くらいまで開放されています。






湘南平から見る大山。



湘南平からの真鶴半島・伊豆半島。



湘南平からの富士山。



閑静な住宅街を抜けてゆきます。



大磯港レストランで軽くビールを!!



歴史ある和菓子店「新杵」



このシラスすごく美味しかった!!




TOPへ