日帰り山さんぽシリーズ
お得感満載の箱根・乙女峠-丸岳-桃源台

2021年4月21日


 
  今回の表紙の写真はちょっと指向を変え、管理人が持っている山地図の背表紙でスタート。表紙写真のマップエリア内には、マップ中での最高峰は1000mちょいしかない「奥武蔵・秩父」から、「富士山」にあるように3776m日本最高峰が掲載されているエリアまで様々である。標高平均値が一番高いのは「北岳・甲斐駒」か「槍ヶ岳・穂高岳」であろう。この背表紙を眺めていると、それぞれのエリアの特徴が頭をよぎっていく。将来の為に購入し、まだ入山していないマップもあるが、さすがに登山ガイドマップとして日本地図から切り取られた各エリア。それぞれ個性があり、どれをとっても色々な意味での魅力的な山域である。

 そんな今回、以前から予測はしていたが、やっぱりめちゃくちゃにお得感満載だった山域に行くことが出来た。素敵さ・美しさ発見などなど久しぶりに大満足の山旅だった。お得感・満足感を列挙すると・・・●アクセスがメチャクチャ良い。●交通機関の便も豊富で、リッチ感ある手段が使える。●景色がメチャ良い。富士山に芦ノ湖、大涌谷、取り巻きの外輪山など。●温泉が豊富。●グルメ&美術館など、山以外の楽しみも豊富。●大した急登もなく、サクッと登り、どっぷりと感激し、遊べる山。
 その答えはタイトルにもある、箱根乙女峠を中心に広がる、箱根外輪山だ。たまたま山地図は昭文社の「箱根」が売り切れていて、「箱根」だけは吉備人出版の物になったが、数々ある山エリアマップでは、「箱根」は個人的好みでは、上位に入るエリアとなった。
 今回、ちょうど前週に行った「伊豆ヶ岳」と、今回最高位と称賛した「箱根」の写真集をご覧いただけると幸いである。「奥武蔵」の山々も、標高が1000mちょいが最高峰であり、高さだけ見れば「箱根」と似通っているが、山の組成がそもそも全くもって違うので、景色も全くもって違ってくるのは仕方ないが、先週奥武蔵・伊豆ヶ岳を歩いただけに、その差は歴然としてしまった。



スタートは新宿高速バス乗り場・バスタ新宿。



小田急が運行する高速バス、桃源台行に乗車。


 2021年4月21日(水)。山も春本番となった平日早朝、管理人は新宿の高速バス乗り場にいた。今回の乙女峠からのプチ縦走は、乙女峠というバス停で下車しスタートする。この乙女峠というバス停はなんと新宿から小田急高速バスで、乗車すれば乗り継ぎ無しで、登山口まで行くことが出来る。しかもトイレ付、指定席で、のんびりマッタリと現地まで入ることが出来た。さすがに天下の箱根・・・バスの便も豊富で、管理人は朝6時35分新宿発に乗車した。途中東名横浜・町田で渋滞があり、到着は9時ちょうどであった。2時間半のバス旅である。そして料金は1880円とこちらもお得感バッチリだ!!。ちなみに奥武蔵・正丸駅までは自宅から2時間40分、850円前後の金額となる。(ちなみに帰路の桃源台~箱根湯本~新宿はロマンスカー使用で約3400円だった。という事は帰路も桃源台から新宿行高速バス利用が良さそう・・・平日なら渋滞も無いし。管理人の小学校時代は、ロマンスカーに乗って箱根小涌園に宿泊が家族旅行の究極と思っていたので、今でも箱根に行ったらロマンスカーには是非とも乗りたいという思いに駆られるのである。)



登山口の乙女峠バス停。



のっけから、バス停からの富士山!!


 バス停に到着し、平日とあってか管理人の他はソロの男性が1名下車した。ビックリすることにバス停ですぐ様に富士山が出迎えてくれた。これには驚いた。21日の天気予報は全国的に高気圧に覆われ、晴れマーク一色であった。久しぶりに最高のコンディションだ。

 歩く事40分くらいで尾根にあたる「乙女峠」着。ここからの富士山も息をのむ美しさだった。ここからが桃源台まですばらしい景色の中をプチ縦走できる、感激の尾根歩きである。眼下には先日宿泊した仙石原プリンスホテルが、そして仙石原すすきの原、ゴルフ場、大涌谷、南方面に芦ノ湖、駿河湾まで春霞のなかほんのりと見ることが出来た。東方面に明神ヶ岳、北方面に金時山、そして西方面には富士山が君臨した。どの方角を切り取っても、絵になる風景が広がっていた。
 途中、圧巻の景色だった富士見ヶ丘公園で弁当&ジャパン酒をいただいた。ここからだと、桃源台バス停まで1時間くらいだ。初夏を思わせる日差しの中、まったりと40分くらいをこの広場で過ごした。ルートの全体であるが、バス停標高800mをスタートし1005mの乙女峠へ、約200m登る。さらに151m登り、今回の最高地点の丸岳・1156mへ。そして標高911mの長尾峠まで245m一気に下り、再びダラダラと富士見ヶ丘公園含め登り返す。1063mの後半最高ピークを最後に、桃源台に下る。長尾峠から再度152m登り返すのだが、とても気持ち良いコースに、再度の登りも心が弾んだ。
 
 桃源台14時発の箱根湯本行バスに乗り、駅前のいつもの蕎麦店で軽く一杯。15時43分発はこね26号に乗車17時27分新宿着。行きも帰りも素敵なバス・電車でちょっと旅行気分の味わえた、最高の山旅だった。
 文章より理屈抜きで全ての写真で尾根からの絶景をご覧いただけると幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。



いつものお蕎麦屋さんで!!



ロマンスカー入線。箱根湯本駅にて。


すべての写真を見る。




TOPへ