八重洲無線・最後の真空管搭載マシン
FT-102使用許可申請報告。
2021年11月27日 記
管理人の無線部屋です!!


 今日は山の関連ではなく、もう一つの趣味である、アマチュア無線・・というお外遊び趣味・アウトドアの対局にある、お宅趣味のお話(前置きが長いのですが、申し上げたいことは表題にある、FT-102の免許が下りた、喜び報告です)。
 
 最近コロナで多少は以前より多くの時間自宅こもり、更には先日の山で右膝を痛めてしまい、家にいる時間がさらに長くなった。そこで、15年ぶりにまたまた始めたアマチュア無線報告である。

 中学生の頃から電気少年でもあった、管理人。昭和40年当時から、アマチュア無線って、趣味の王様・・・なんて言われていたが、免許を取得したのは1987年であった。ちょうど山や渓で、メンバーと連絡を取り合うのに無線機が必要となり、免許取得となったのだが、もともと電気少年だった管理人、すぐさまこちらの趣味にも没頭してしてしまった。今では庭にアンテナ用のタワーまで建っている有様である。 
 
 15年前までは無線遊びにもはまり、無線機、アンテナ担いで北海道を除く全国に移動運用なる、無線アウトドア旅に出かける管理人だった。これも基本的に車泊、テント泊で行うので、アウトドアの延長線の遊びではあった。北は秋田・岩手、南は九州エリア、八丈島へも小笠原諸島へ移動された方の中継兼ねて行った事があった。

 そんな最近、総務省関東総合通信局より、大変に嬉しい認可が下りたので、これより先は無線愛好家が表題を検索エンジンで調べられ訪問した方のみご理解いただける内容であります?。登山者の方には意味不明かも・・・と、事前に申し上げておきますね。汗・・・ 



八重洲無線最後の真空管搭載無線機FT-102


 FT-102という無線機は、日本の通信機器メーカーの代表的存在である八重洲無線株式会社が発売した、八重洲無線では最後の真空管搭載マシンである。発売は1982年、当時で189,800円だった様だ。今でも実用に耐えうる、最高傑作のマシンと管理人は思っている。
 こちらの方も書かれているが、本当にすばらしいマシンであり、管理人も20数年前に1台入手し、使用免許も取得した。しかし、マシンの調子も悪くなった頃(多数使用されているリレーが接触不良を起こすトラブルが多い)、無線免許を半年ほど気が付かずに切らしてしまった。それで開局申請からせざるを得なくなったりしたことがあり、このマシンは免許状申請からはその時外れてしまった。そう、最近では技適番号を記入すれば、簡単に免許が下りるので、この制度を利用しての再開局申請であった。そんなある時、ヤフーオークションで、とびきりきれいなFT-102が出品された。外観は傷も少なく、惚れ惚れするほど美しく(製造番号も後期のものであった)、が・・・しかぁし・・・状況は受信も送信も出来ず、はたまた周波数の液晶表示もつかない・・・という重度の故障品であったのだ。しかしあまりの美しさに、なんとかこいつを助けてあげたい。そして復活させ、大空に6146Bで造られた電波を放ってあげたいという衝動にかられてしまった。
 たまたま以前のマシンを1台持っていたので、修理を前提に格安で落札することに成功した。動かなければただの鉄くずである。今でも完動品は4-5万円で取引されている。それだけ人気の高いマシンなのだ。修理・調整に1ヶ月ほど要したが、昔のマシンを部品取りとして、ラッキーにもこの美品は見事に蘇ったのだ。受信、送信、すべてオーケーとなった。

 しかししかし、前置きが超長くなったが、ここからが今回の本題なのである。
 こういった古いマシンはご存知の通り、保証認定が通らない限り、総務省に届け出が出来ない。ということは、基本的には使用することが出来ないのである。管理人はこの蘇った名機をなんとしても使いたく、保証認定にチャレンジした。お空の上で堂々と「使用リグはFT-102で、終段管が真空管6146Bを3本使っている、八重洲無線最後の真空管搭載機です!!」と紹介したかった。しかし保証認定会社のJARDでは、「新スプリアス規格適合機種として保証が出来ない機器リスト」にこのFT-102が掲載されていることは、知っていた。でもあるHPでFT-102で免許が下りた記事を発見!!ならばダメ元で挑戦した管理人だった。


JARDから送られてきた書類。クリックで拡大表示。


庭にはタワーまで建ててしまいました!


 保証認定の会社って、JARDTSSと2社ある。過去の歴史では2社間でいろいろとゴタゴタも有ったようだが、管理人も15年無線から遠ざかっていたので、詳しい経緯は知らず、何となく知名度がある?JARDに保証申請を出してしまった。すると書類を一式送付して10日目くらいに、上記に掲げた「保証できないリスト」とこの機器は保証が出来ないことを記したお手紙が送られてきた。お金はすでに4100円を振り込んでいる。もっと古いマシンのFT-101は認定可能でなぜ102はダメ??と落胆しつつも、ダメとなれば、お金の返金のお願いだ!!返金先の銀行口座名を記したメモを入れ、再度JARDに送った。すると手数料やら、郵便料などを引かれ、3900円ちょっとが後日返金された。やっぱり保証認定は無理なのか・・・認定をいただけた方のHPを再度熟読すると、もう一つの保証会社TSSにて保証をしてもらった事が判明。
 
 JARDでは規格にそぐわない・・・と突っ返され、本当にもう1社では認可されるのか・・・半信半疑ではあったが、TSSはネット経由での申請も可能であったので、代金を振り込み書式に従ってFT-102のスペック等を書き込み登録申請を行った。すると2日後くらいに、すぐに記述内容の間違い箇所の指摘事項などが、メールで送られてきた。何と早いご対応。指摘箇所を直して再提出下さい・・・とあった。と言うことは、保証認可オーケーに何となく近づいた感を感じた。でも最後の砦の総務省の検査もある。指摘箇所を修正し、再度送り返した。その後は特に何もなく、約1週間で無事保証が下りた。なんとまあ・・・!!ビッくらポンだった。

 認可いただけた保証書類を添付し、最後の難関??総務省関東総合通信局にFT-102の使用願い書類を、ネット経由の電波利用申請システムLiteにて提出。おそらくここではじかれるのでは、と待つこと1ヶ月少々。10月9日に申請し、なんとおとがめ?無し、特記事項も無しで、すんなりと11月12日に免許が下りた次第。
 
 これからも名機FT-102をお使いになりたい方・・・TSSで保証が下りますのでチャレンジしてみて下さい。新スプリアス規制も今月末実施予定であったのが、無期限で延期になりましたし・・・。以上、大変に嬉しい認可でありました。今では、茅野市在住の無線の旧友と、毎週7メガでスケジュール運用をしています。7メガなら160Wくらいは出ます(免許状はFT2000で200W免許です)。以上、幻の名機で遊べるようになったご報告でした。

 でも、保証認定制度、総務省の無線局への許認可、新スプリアス法、はたまた電波法とか、何なのでしょうね・・・。でも許可を得られ、素直に嬉しいです。おしまい。



総務省からの申請終了メール。
免許状の記載内容に変更が生じないので、この通知で終了です。




TOPへ