30年越しの念願かなった・・
憧れの苗場山登山報告。
2021年 8月 2~4日
やっと来ました、別天地・苗場山、山頂高層湿原。






33年前に購入してあったガイドマップ。





 新潟・長野にまたがる秘境、秋山郷方面には30歳台から釣り、キャンプ、仕事(スチールカメラ撮影の雑用係)などで、過去5、6回訪れた事はあった。その当時から、苗場山に登頂したい思いはあったのだが、なかなかチャンスが巡って来なかった。そんな中、しっかりと地図だけは購入し、いつでも行けるよう、資料だけは集めていたようだった。そして時は流れ・流れて・・・
 
 今回、いよいよ苗場山登山を実行する時がやって来たのであるが、書棚にある地図を見ると発行は「1988年版」とあった。なんと33年前に準備した物・・・。管理人が32歳の頃である。地図は使ったことが無いので、今でも汚れ‥折れも無く、新品同様であるが、使用する所有者だけは、かなりガタがきてしまった。地図には昨年8月(つい一年前ではあるが・・)に廃道となった、大赤沢新道もしっかりと立派な登山道として掲載されていたので、荒廃の激しい、ましてや豪雪地帯紹介の登山道マップ・・・これだけ時間が経過すると内容も当てにならない部分も多いであろう・・・と、今回は最新の国土地理院地図をPCからプリントアウトし持参した。携帯にはGPSも備わっているので安心だ。何事もスピーディーで便利な時代になった!!以前は紀伊国屋書店など大手書店に、国土地理院の地図を都度買いに行ったものだったが・・・。

 管理人が長年憧れていた「苗場山」は、何はともあれ、山頂周辺の広大な高層湿原観察にあった。湿原に咲く花々も多いらしい。尾瀬ヶ原が山頂にあるイメージであったので、どうしてもこの目で見てみたかった。
 出発地点は秋山郷側の小赤沢3合目駐車場をスタートする。現在管理人がやってみたい山行パタンに、オートキャンプ+登山、というスタイルがある。人のいない奥地の駐車場で、オートキャンプを楽しみ(焚き火は無し)、そこをベースに登山や釣りをするのだ。今回はそのパタンを満喫出来そうである。

 8月2日月曜日、昼に東京を出発。天気はしばらくは安定する様で、この日の出発とした。途中買い出しなどしながら、夕方に3合目駐車場に到着した。現地までの道はすこぶる良かった。
 さっそく椅子とコンロを出し、枝豆を茹で、ビールで安全な登山を祈念し、一人乾杯をした。日本酒・雪中梅も道中で仕入れてきた。塩マスの輪切りも仕入れた。これは日本酒に最高のつまみとなり、管理人の大好きな肴の一つだ。深山の雰囲気ただよう中、暗くなってからは、明かりに虫が集まるので、車の中に移動。すると知らぬ間にそのまま寝込んでいた。
 朝は4時に起床し、残り物の生ものを調理し腹ごしらえ、5時半に苗場山を目指し出発した。今回は早朝の高層湿原を歩きたかったので、日帰りコースではあったが、山頂小屋に一泊の予定であった。新潟県にある山小屋も滞在してみたかった。そんなこんなで、焦らずのんびりと歩ける。荷物も着替えなど、最低限の物だけ持った。


これからの登山スタイル、オートキャンプ+登山!!


  
塩マスと枝豆と雪中梅と・・・!!


 8月3日、8時20分。我慢の急登の先にあった楽園、高層湿原に着いた。そこは意外やガスがひどく、強風が吹き荒れており、肌寒く、ウィンドブレーカーを着込む状況だった。時折雲の切れ間に、晴れ間も見え隠れしたが、何とも風がすごかった!!
 こんな素敵な高層湿原に到着するには、難所もある。三合目から六合目くらいまでは、のんびりまったり的であるが、六合目以降、九合目までは、一気に標高差250メートルを駆け上がる。急斜面の連続だった。鎖場も随所に・・・でも難易度はそれほどでも無いからご安心あれ・・・(以下に全鎖場写真リンクしました)。
 水をゲット出来そうな箇所は、五合目手前と、六合目手前に細いながらあった。あとは九合目も過ぎた先の湿原の中にも、小さな流れを発見した。

    ●全鎖場の写真です。9箇所ありました。帰路上から下側を撮影●

 この日、朝の内はガスガス、強風であったが、昼過ぎからは真夏の太陽が照りつけ、こんな2000メートルの山頂でも、直射を浴びると、めちゃくちゃ暑かった。「The 夏」というのにピッタリな、苗場山であった。
 小屋ではまったく携帯はつながらなかったが、北側へ1分ほど行った「見晴し台」という、北側がドカンと開けた展望地では、携帯がバッチリとつながった、写真などもストレスなく瞬時に送ることが出来た。  



見晴し台では背後から真夏の太陽が照りつけた。暑い!!


 こんな平日に泊り客っているのかな??と思いつつも、20名くらいは宿泊していた。8名くらいの女性パーティーが約半数を占めた。小屋もコロナの関係から、ソロの管理人は個室的な空間に一人で泊まることが出来た。普段では4-5人は泊まるスペースだ。5月の常念小屋の時といい、コロナ禍での宿泊は、グループ単位で同じ部屋割りにする為、ソロ登山客は空いていると、個室になるケースが多い様だ。
 食事は2班に分かれ、摂った。17時15分からと18時からと別れた。これは混んでいる訳ではなく、密を避ける意味での対策だった。

 翌朝は無風・快晴!!すばらしい高層湿原の中、池塘、植物、花を見ながら、写真を撮影し、まるで天国にでもいる気分で周辺を散策した。過去行った山で、1、2を争う山である事は間違いなかった。強いて対抗馬は、高校時代に登った、夏の白山だ。記憶が薄れてはいるが、ここもお花畑、残雪の美しさ、山頂近くまで水も豊富だった記憶がある。・・・山でベストな気象条件に遭遇することって、なかなかありそうで無いものだ。今回は珍しくもそんなベストな日に歩くことが出来た。それもこんなすばらしい湿原の中を!!・・・山頂台地を後にするのも忍びなかったが、1時間位い散策した後、来た道を小赤沢三合目登山口に向け、下降した。早い方なら下りは山荘から2時間かからないかも知れない。 



急登を登り切ると、高層湿原大地に!!



ここからはのんびりと、湿原を行く。



随所に鏡の様な池塘が点在。美しい!!


山頂脇に建つ山小屋。お世話になります!



山頂標識は小屋から東側1分の所にあった。



小屋の北側裏手すぐにある見晴し台からの景色。
携帯はバッチリ繋がります。(小屋ではダメ)



食事は密を避け、まずは5人で・・・



夕食です。ご飯、汁、お茶コップ等、容器は使い捨てでした!
質素ながら、食事は下界を思わせる野菜中心でGOOD!!


小屋ではほとんど個室状態で寝られました。
普通はこの縦方向に5人位が寝ます。



翌朝、日の出前の小屋前風景・・美しかった!!


 車に到着後、小赤沢堰堤下でイワナ釣りをするも、残念ながらまったく当たりはなかった。その後は真っ赤なお湯で人気のある、楽養館温泉に浸かった。着たきりスズメだった2日間の汗を流し、シャンプーもし、爽快感バッチリであった!!ちなみにこの温泉は、山頂小屋の予約受付窓口も兼ねている様だ。以前、川越隊と、イワナキャンプの時に一度入浴したことがあった。

 この日の新潟地方は酷暑で、低地でのオートキャンプには暑すぎ、クラーを効かせ夕方まで昼寝をし、帰路についた。予想以上の30年越しの大満足の山旅となった。



小赤沢堰堤下で釣りするも・・・ポイント的にもイマイチ・・


  
真っ赤なお湯の楽養館でひと風呂・・気持ちよかった!!


以下が写真集リンクです。苗場山・高層湿原をお楽しみください。
すべての写真を見る


●駐車場水場情報●


 最後に・・・帰路気がついたのですが、駐車場最奥より苗場山に向けた登山道がスタートしていますが、ちょうどこの看板の向かって右手奥の斜面下に、水が湧いているパイプがあります。勢いはそれほどでもありませんが、冷たく、美味しい水でした。オートキャンプの場合、ここか、駐車場入口ちょい先に、道をよぎっている沢で入手可能です。トイレの手洗い場でも水は出ますが、水質は判りません。




TOPへ