日帰り山さんぽシリーズ
低山の聖地・三浦半島最高峰
衣笠駅~衣笠山公園~大楠山~前田バス停
2021年2月25日


 
  2020年のちょうど一年前に始まり日常を変えてしまった、魔のコロナ騒動。それ以来登山の様相も大きく変わってしまった。管理人も密になる山小屋泊はまったくもって行かなくなった。なので遠くの本格的山には足が遠のいてしまった。
 そんな中、密を避けることも出来、自然の中でゆっくりと過ごすことが出来る、「一人キャンプ」とか、「低山ソロハイキング」などがここのところブームになっているようだ。管理人もいち早く低山登山にシフトし、近場の日帰りハイキングを楽しむ今日この頃である。書店に行くと清野 明さん著書の日帰り山さんぽシリーズなど、低山を紹介する本もけっこう並べられている。管理人はこの清野さんの感性に共感し、主にこのシリーズ本から行先をチョイスしている。

 そこで改めて判ったこと・・・東京の杉並区高井戸って、車での高速アクセスもさることながら、公共交通機関での各方面へのアクセス、アプローチもすこぶる良い事に遅ればせながら気が付いた。大月方面は自宅から10数分で吉祥寺に出られ、奥多摩は立川乗り換え青梅線も近い。丹沢、箱根の山は下北沢乗り換えで小田急線で一本。はたまた北の方面の奥武蔵も新宿まですぐなので、西武線へのアクセスはすぐである。
 
 そんな中、最近意外とアクセスの良さに気が付いたのが、三浦半島であった。そしてここは何といっても、低山の聖地なのである。アクセスとしては、渋谷まで出て、湘南新宿ラインで、横須賀線に乗り換えれば行けるし、品川から京急の快速も早い。渋谷から東横線で横浜乗り換えもありである。そこで今回、低山の聖地最高峰、「大楠山・標高242m」にチャレンジした。すでにこの低山聖地にては、三浦富士・砲台山、仙元山・大峰山、さらには先日二子山も上手、下手とも踏破している。今回は三浦半島の親分格、三浦半島最高峰・大楠山を目指すこととした。これでほぼ三浦半島探検は終わりになるだろう。
 今日はそんな低山聖地の登山報告である。



武蔵小杉駅にて湘南新宿ラインから横須賀線に乗り換え。



平日は意外や電車は混んでいた。衣笠駅にて下車。



始めて下車した衣笠駅をスタートする。



まずは駅から15分くらいで公園入口に到着。


 2021年2月25日(木)、朝6時3分発井の頭線に乗車。今回も平日の山探検であり、電車内はほとんどが通勤・通学客で混んでいた。やはりなんとなく服装に違和感があり、周りとうち解けていない風に感じる。
 渋谷にて6時45分発の湘南新宿ライン・平塚行きを待つ事14分、乗車するとあっという間に武蔵小杉に着いた。ここで3分後に横須賀線が同じホームに到着し、今度はしっかり座ることが出来た。今回のスタート地点は横須賀駅よりさらに先の衣笠駅である。この駅での下車はもちろん初めてで、小旅行気分である。自宅の最寄り駅から、ちょうど2時間で衣笠駅に到着した。

 衣笠駅前商店街は意外や大きくて、ビックリだった。駅を背にして右手に商店街を進み、15分くらいすると公園の入り口に難なく到着した。ここは公園とうたっているが、けっこうな山でアップダウンがかなりあった。低山の中に広場やら展望台やらが点在している、結構広大な敷地に整備されていた。もうすでにここ衣笠山公園の山歩き、展望台からの風景で、お腹いっぱいになった管理人である。ここは標高134メートルという標識があった。大楠山はさらに100メートル高いのだ。



アップダウンの多い衣笠山公園内を行く。



衣笠山公園最高地点・展望台。



展望台からの東京湾。桜のシーズンは最高であろう!



衣笠山公園最高地点付近の道標。


 この衣笠山公園内もあまり要所に道標があった訳ではなく、ちょっとどちらに進むか悩ましい所があったが、何とか無事大楠山方面への道路には到着出来た。しかしここからが不可思議であった。大楠山までまったく道標が無く、大きなバイパスの様な道に放り出され、何も手掛かりが無いので、GPSを頼りに大楠山方面に進む管理人であった。清野さんのイラストマップにはこのバイパス路が描かれておらず、なんだか狐につままれたようであった。結局後で判ったのだが、昨年横須賀市が運営するごみ焼却施設「エコミル」が本来あった大楠山登山道ルート途中に建設され、バイパス道路含め以前とは様変わりしてしまった様なのである。

 GPS頼りに大楠山方面に舗装路を進み、横浜横須賀道路をくぐり、エコミルトンネルと記載された焼却炉に向かうトンネルを左に見てちょうど右手草やぶに、国土地理院地図に記載の、最短ルートらしき破線の入り口らしきを発見!!道標も無く、けもの道の様な荒れた入り口ではあったものの、入ってみると本来のルートよりかなりショートカット出来、本命の大楠山尾根にたどり着くことが出来た。では本来のルートとはどこに??・・・と帰宅後調べてみると、このエコミルトンネルを潜り抜け、焼却場を回り込んで尾根に取り着くのが正規ルートらしかった。下のマップ(横須賀市観光局作成)を参照されたし。青線が管理人がGPS頼りに最短にとったルート。赤線が衣笠からは本命路だった様である(クリックで拡大表示します)。今回の謎のルート入り口が清野さんが本で書いている「大楠山分岐」であることが、今しがた本を再読し判った。それにしても案内板も何もない一瞬けもの道?的な入り口である。


横須賀市発行のマップと実際に歩いた道。


 
草木で判りにくいが、エコミルトンネル撮影。
正面にあったケモノ道を登った。



道標も何もないが、まあまあの道であった。



20分くらい登ると焼却所からの本命路と合流。



広々とした大楠山山頂。



 展望台があり景色は抜群。高所恐怖症の方には不向き。






古めかしいレストハウスにはビールも売っていた。350円だった。


 本来のハイキング路に出てからは、たやすく山頂に導かれた。山頂は低山とはいえ抜群のロケーションで、東京湾、相模湾、横浜界隈、三崎方面などなど、本当に360度見渡すことが出来た。古めかしいレストハウスもあり、平日とはいえ売店に管理人さんがいて驚いた。この周辺は桜の木も多く、桜シーズンにはさぞ素敵なスポットになるであろう。あと、三浦半島は太平洋戦争の防護の要所であり、写真には取りそびれたが、当時のレーダーの土台らしい遺構が山頂に残っていた。以前行った砲台山しかりである。
 帰路はもくもくと階段状の登山道を下り、前田バス停に到着。うわさの前田川添いの遊歩道は大したことはなく、あまり期待しない方が良い。海と山との自然に恵まれた三浦半島。低山の聖地とは言え、楽しみ方は盛りだくさんの場所である。もちろん駅前で新しく開拓の山麓酒場、「さかな食堂」にて、アジフライでビールの管理人であった。美味かった!!そしてそのビル1階は古くからある鮮魚店。沢山の魚が氷の上に並べられている。大半が近所の漁港で水揚げされた鮮度抜群の魚である。今回は今が旬で、煮つけには最高のキンメダイとイカを購入。自宅での一杯も楽しみである。
 こうして楽しみ満載の三浦半島探検もほぼ完結に近づいた本日の三浦旅であった。

 最後に山頂展望台からのぐるり風景を掲載。最後までご覧いただきありがとうございました。
























さかな食堂でのアジフライと鳥のから揚げ甘酢かけ。



お土産に逗子駅前で今が旬のキンメダイを買いました。




TOPへ