大岳山トレーニング
白丸~海沢~大岳山~御岳山。
2021年6月9日

新しい山頂標識になった大岳山山頂。


 大岳山って奥多摩を代表する山ではあるが、意外やアプローチが長く、そしてけっこうきつい山である。大岳山を目指す方は、だいたいがケーブルで御岳山山上駅まで上がり、そこから大岳へ向かう方が多い。勿論これが最短コースだろう。
 先日も鋸尾根を下りではあったが、利用したら長くて長くて、ちょっと嫌気がさした。馬頭刈尾根もこれも長い。そういえば数年前にニュースで「鋸尾根途中で疲労で動けなくなった登山者を、ヘリで救助!!」と報じていた。歩き慣れていないと鋸尾根はその名の通り、鋸なのである。
 大岳山は管理人のトレーニングコースではよく利用させていただいている。僕のルートは必ず海沢の沢ルートから登る。ここは沢特有の源頭の詰めがけっこう急で、トレーニングには打ってつけなのである。水場も最後の最後の支尾根でも入手でき、夏などは水の心配がまったくいらないのも、良いコースである。



海沢コース進入禁止の札。


 最近ではこのコースの入り口に、上記の進入禁止の様な札が掛かっているが、ここを始めて歩いた2009年・11年前と比較しても、なんら不明瞭にはなっていない。ルートの真ん中辺りで、沢を横切る辺りの事を言っているらしい。確かに出水のせいで、登山道が沢を渡る辺りの丸太が流出し、道らしきが判りずらいが、山慣れしていれば対岸にすぐに登山道を発見できるはずだ。中間点のワサビ田に着いたら、それまで左岸に登山道が付いていたが、ワサビ田から先は、沢を渡り右岸にきれいなハッキリとした登山道がある。右岸を探せばすぐに見つかるはずである。全体的にも、崩壊したり、危険になったり、という個所も特に無い。

 白丸駅で下車し、海沢園地まで1時間舗装路を登る。園地にはあずま屋、あまりきれいではないトイレがある。ここからが登山道だ。海沢名物の滝を3つ越え登ってゆく。滝は意識的に見に行くルートを通らないと、見ることは出来ない。
 途中、けっこう岩場があったり、斜面がすっぱり切れ落ちていたりの場所があるので、焦らずにじっくりと歩きたい。しばらくすると前述のワサビ田に出る。沢の対岸に登山道を見出し、ここからはきつい源頭の詰めの様相となる。

 最後の支尾根に取り付く所には、ロープが下がっている。別段ロープを使うほどではないが、ここを登りきるとあと一息といったところか・・・この支尾根の逆側の4m位下に沢が流れており、水はここでも汲むことが出来る。
 後は支尾根を登りきると、御前山と大岳山を結ぶ、主脈登山道に合流する。山頂はあと少しだ。今回驚いたのは、山頂標識が立派な石の標識に変わっていた。昔は木製だった。ヘリで運んだのであろうか・・・
 帰路は御岳山へ向かった。緊急事態宣言発令中であったので、宿坊の蕎麦店、御岳駅前の中華店・東峯園もすべてアルコール提供は無し・・・という事で、まっすぐ家路に着いた。そんな大岳山、簡単ですが、写真紹介です。 


白丸駅すぐにある橋を渡り、アースガーデン脇からの道が近い。


アメリカキャンプ村方面へ。あとは一本道。



木が看板を飲み込む・・・何かで見たことがあるが、ここに発見!!



舗装路歩き終了。あずま屋とトイレ。ここから登山道に。



いざ大岳山に向かってスタート!!



 こんな岩場も何か所かあります。



 道中きちんと道標もあります。



コシアブラの木




ヒロメノトガリアミガサタケ 一応食用。生食は中毒・・だそう。
アミガサタケ科の中でもあまりメジャーでは無い種。



マスタケ。若く柔らかい時は天ぷらで美味しい。



最後の詰めにはロープも付いている。



立派になった山頂標識。



大岳神社に祭られている狛犬は形状から、かなり古い時代のものと思われる。



かなり古く珍しい形状なのだ!!



帰路は楽してケーブルカーで!!
約5時間の山旅でした。



最近始めた「ヤマスタ」。




TOPへ