尾瀬の山開き。
久しぶりの尾瀬散策・写真報告。
2021年6月2日

至仏山と尾瀬ヶ原。


 2021年5月29日、今年も尾瀬に遅い春がやってきた。尾瀬山開きである。
 街はコロナの恐怖もあるし、年金生活になった為に、学生時代のごとく、時間もたっぷりとある今日この頃。そこで天気の予報が良さそうな6月2日、3日で尾瀬を歩いてきた。お決まりの鳩待峠から、山の鼻、牛首分岐、ヨッピ橋、東電小屋、見晴、鳩待峠という、ごく一般的なコースを歩いてきた。今回で5回目の尾瀬である。心に迷いがあったりすると何故か尾瀬に来てしまう。
 
 過去3回は新宿発の深夜高速バスでの日帰りであったが、今回はコロナもあったので車で一人尾瀬戸倉を目指した。ここから乗り合いタクシーで鳩待峠まで行った。平日ではあったが、戸倉の第一駐車場はほぼ満車であった。
 そうそう、いたるところに「熊出没注意」の看板があったが、山の鼻を少し過ぎた木道脇に、熊がいた。こちらを襲うわけでもなく、何だかのんびりと草をついばんでる様子だった。すぐ脇の木に、熊だなのようなこんもりした部分があった。たぶんここを住み家にしているのかも知れない。

 尾瀬ヶ原を満喫した後は、どん詰まりの大清水まで行き、オートキャンプで朝を迎えた。天気はむしろ翌3日のほうが良かった。広い大清水第二駐車場には、車は他に2台。所有者は登山しているのか人は誰もいなかった。
 しばらくすると、同じ色のジムニーが到着した。運転の方はソロで1名だった。椅子を出し、くつろいでいるご様子だったので、この方もオートキャンプらしい。そこで車も同じ趣味であったので、表敬訪問に行った。するとビックリ事件がまたまた勃発!!なんとその方、山岳ガイド「豊野則夫」氏率いる渓流集団「岩遊」のメンバーさんだったのだ。翌朝、2-3時間林道を歩き、片品川源流を目指すとの事。話は言わずと知れ、超盛り上がってしまった。豊野氏は管理人の事は知らないが、小峰氏の沼田にある別荘でのパーティーでご一緒した事があった。翌朝、彼には管理人の名刺をお渡しした。メールをいただけることを楽しみにしている次第である。

 尾瀬歩きはスマホアプリでちょうど三万歩であった。帰路寄った道の駅白沢に併設されていた、温泉「望郷の湯」は至れり尽くせりで、580円という最大級のコスパ温泉に感激した次第である。
 何はともあれ、尾瀬は能書きではなく風景・景色である。へたっぴな写真ですが、ご覧いただければ幸いです。


すべての写真はこちらからどうぞ!



山の鼻の先で熊と遭遇。



黒いもっこりが熊だな??



同じ色のジムニーが到着。表敬訪問後、
大いに盛り上がりました。



大清水にて、こちらは管理人のジムニーシエラです。




TOPへ